約束のネバーランドの第142話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年7月13日発売の週刊少年ジャンプ33号、最新話!

約束のネバーランド【142話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年ジャンプの33号を無料で購入できますよ。

>>約束のネバーランドのネタバレ一覧はこちら!

\約束のネバーランドの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

約束のネバーランド【142話】のネタバレ

【1000年前に行われた約束】

西南の森にてレウウィス大公出現、ラートリー群本陣壊滅という惨劇を告げる急報にて142話は始まった。

探しに行こうとしたその時、ユリウスが無事なまま現れた。

そしてユリウスは一部の人間を差し出し、和平を結ぶという過去にナシと決まった話を再考するよう持ってくる。

ただ1度きりで奴らとの関わりを永久に絶てる。この先何千何万と兵や民を失うことが無くなる。

「私はもう犠牲はこりごりなのだ」

建設的妥協であり、必要な代価であることを説明しこの案を呑むようにユリウスは諭した。

しかしそれは、差し出された人達は子々孫々未来永劫に苦しみが続く決断なのである。

「皆、家族や仲間を数え切れないほど食われ失っている。

それでも望む未来のため、戦ってきた。」

人類全ての平和と妥協なき勝利を誰よりも臨んできたユリウスを労り、提案を却下して休息を取るように伝えるのであった。

 

【敵襲】

ユリウスは裏切っていたのである。

敵である王と食用人類を作成する取り決めを既に交わしていた。

そして最初の食用人類に、和平の礎として仲間を差し出したのである。

 

次元を超えた高次元の存在】

かつて人間と鬼との世界を分けた気まぐれな神様

その名はカタカナ表記などはは出来ず、また発音すら出来ない。

ユリウスとイヴェルクは世界を2つに分けてもらう代償に、イヴェルクは農園で作る1番いい人肉を。

ユリウスには子々孫々未来永劫この調停を守る門番になることをき換えに、

その者は世界を2つに分けた。

そしてエマもまた、この者に願うのである。

この者とのルールは3つある。

1、この者との約束は上書き出来ない

2、この者との約束は破ることが出来ない

3、ごほうびは絶対に断ってはいけない

それを踏まえエマが望むのは

「食用児全員で人間の世界へ行きたい。それを最後に二世界間の行き来を不可能にして」だった。

そして、ニヤリと笑い叶えてあげることを約束する者。

エマはその代償を、知る由も無いのであった。

これで今回のお話は終わります。

>>約束のネバーランドのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



約束のネバーランドの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

約束のネバーランドの最新刊(単行本)は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

約束のネバーランド【142話】考察・感想

ユリウスの心の葛藤が表情や言葉の端々に見え、見ていると苦しくなりました。

結局、自らも平和な礎となったユリウス。いったいどのような気持ちだったんでしょうか…。
そして約束を交わしたエマ。
代償は何か。とても気になります。

今後の話が見逃せません!