漫画「すぐ死ぬんだから」は、70代後半のオシャレな女性・ハナの「終活」を題材としたストーリーが描かれています。

話題を集めた同名”終活”小説をコミック化したもので、2020年9月時点で単行本が2巻まで、連載版が全20巻、それぞれ発売されています。

しかし残念ながら、「すぐ死ぬんだから」の漫画は、2020年9月現在、U-NEXTやまんが王国といった他の電子書籍サイトでは配信されておらず、「ebookjapan」でしか読むことができません。

\ ebookjapanで半額クーポンをもらう/

2020年10月31日まで1話が無料ですぐに読める!

すぐ死ぬんだからを電子書籍サイトで無料で読む方法を調査

漫画「すぐ死ぬんだから」は、電子書籍サイトのebookjapanでのみ配信されています。しかし残念ながら無料ではなく、課金して読むことになります。ただ、ebookjapanでは初回ログイン限定で半額クーポンが付与されるので、お得な価格で読むことができますよ。

また、NHKBSプレミアムでドラマ化されたりと人気のある作品なので、他の電子書籍サイトで配信開始される可能性が大いにあります!

電子書籍:ebookjapanなら漫画「すぐ死ぬんだから」がお得に読める!

  • 会員登録無料。従量課金制なので安心
  • 初回限定で半額クーポン付与。
  • 連載版:1巻132円(7巻分半額で読める)
  • 単行本:1巻880円(1巻分半額で読める)

>>ebookjapanのサービス詳細

ebookjapanは国内最大級の電子書籍サイトで、月額会員になる必要なく電子コミックをお得に購入することができるサービスです。

漫画「すぐ死ぬんだから」は連載版が20話で完結しています。すぐに最終話まで読むのであれば単行本ではなく連載版がおすすめです!

また、連載版第1話が10月31日まで無料で読めますので、チェックしてみてください。

ebookjapanを新規で利用する方は初回限定の50%OFFクーポンがもらえますので、すぐ死ぬんだからの漫画を購入する場合、半額価格で購入することができます。

漫画「すぐ死ぬんだから」が無料で読める電子書籍サービス

すぐ死ぬんだからは、2020年9月時点で「ebookjapan」以外の電子書籍サイトでは配信されていません。

しかし配信が解禁された場合、以下で紹介します電子書籍サービスの無料お試し期間と無料ポイントを使うことによって、すぐ死ぬんだからを無料&お得な価格で読むことができます。

サービス 何巻無料で読めるか 特徴
U-NEXT 無料で600ポイント付与 動画配信/購入時最大40%ポイント還元
>詳細ページへ
まんが王国 最大50%ポイント還元 会員登録無料/最大50%ポイント還元
>詳細ページへ
eBookJapan 初回限定クーポンあり 初回購入時50%OFF
>詳細ページへ
music.jp 無料で600ポイント付与 無料で600ポイント付与/購入時10%OFF
>詳細ページへ

U-NEXTとmusic.jpで獲得できる600Pを使うことで、どの電子書籍サイトよりもお得に漫画を読むことができます!

電子書籍U-NEXT:漫画「すぐ死ぬんだから」を今すぐ無料で読む!

  • 31日間無料
  • 登録時に600P付与
  • アニメや映画など動画見放題
  • 雑誌読み放題サービス付き

>>U-NEXTのサービス詳細

U-NEXTは、31日間の無料トライアル期間があり、登録するだけで漫画にも使える600円分のポイントがすぐにもらえます。すぐ死ぬんだからが配信開始されたら、このポイントを使うことによってすぐに無料で読むことができます。

登録や解約手続きは1〜2分とあっという間に完了します。また、U-NEXTはキャリア決済に対応していますので、スマホからも楽々と登録ができます。

>>U-NEXTの解約方法はこちら!

電子書籍まんが王国:漫画「すぐ死ぬんだから」を今すぐ半額で読む!

  • 会員登録無料
  • 無料漫画多数
  • お得なポイント還元
  • 最大50%還元
  • 支払い方法多数

>>まんが王国のサービス詳細

まんが王国は会員登録無料・毎日最大50%ポイント還元がある、漫画専用の電子書籍サイトです。

ポイント還元も豊富で、支払い方法も多数あり、atone払いを使えば、現在現金がなくてもそのまま漫画を購入することが可能です!

登録や解約手続きは1〜2分とあっという間に完了します。

>>まんが王国の解約方法はこちら!

上記のサービスがおすすめではありますが、他にもいろんな電子書籍サービスがあります。

もっといろんなサービスから選んでみたいという方は下記の記事で詳しくまとめていますのでご覧になってみてください!

電子書籍「すぐ死ぬんだから」が無料で読める漫画アプリ

すぐ死ぬんだからは漫画アプリで配信している?無料で読み進められる?もまとめて調査してみました!しかし、残念ながら全話無料で配信している漫画アプリはありませんでした。

漫画アプリで読む方法の一つとして電子書籍サイト「ebookjapan」なら初回ログイン時に、もれなく50%OFFのクーポンが全員にプレゼントされるので、漫画「すぐ死ぬんだから」が半額価格で購入できます。

毎月様々なキャンペーンも実施しているので間違いなく利用した方が良い電子書籍サービスです。別途年会費や月額料金もかかりませんので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

ebookjapan公式ページ

漫画「すぐ死ぬんだから」は漫画村やzipで無料で読める?

海賊版の漫画サイトとして社会現象まで巻き起こした漫画村は、2018年に閉鎖されました。

しかし、それ以降も漫画タウン、Rawqq 、Raw-Zipと次から次へと海賊版の漫画サイトは誕生しています。

漫画村の代わりのサイトやzip・rarファイルを探したりするのは、パソコンやスマホにウィルス感染させてしまうリスクなど様々な危険が潜んでいます。

詳しくはこちらのページで解説しているのでご確認ください。

Zipはファイルをダウンロードする形式となっていますが、中身がわからないファイルのダウンロードは大変危険です。

仮にすぐ死ぬんだからの漫画が入っていたとしても、それは違法であり刑事罰の対象となりますので、絶対に利用しないことをおすすめします。

漫画「すぐ死ぬんだから」の作品情報

ベストセラー小説「終わった人」の内館牧子と「ヘルプマン!」のくさか里樹がタッグを組んだ、話題の”終活”小説のコミック化。

物語の主人公は、78歳のハナ。彼女は、夫の岩造と酒店を息子に譲り、隠居生活を送っていた。年齢を重ねることは退化であり、人間は60代以上になったら実年齢に見られないように努力をするべきだ…という信念のもと、若さと美しさをキープしているハナだったが、ある日岩造が倒れ、人生の思わぬ変転を迎えて――。

すぐ死ぬんだから あらすじ

漫画「すぐ死ぬんだから」 第1巻
優しい夫に、子や孫に囲まれ、もっさりとした嫁以外は特に何も不満もなく幸せに暮らし、自分を磨くことに余念がない78歳の忍ハナ。そんな彼女を突然、奈落の底に突き落とす衝撃の出来事が……。

すぐ死ぬんだからの登場人物紹介

忍ハナ
78歳の女性。容姿にかなり気を使い、おしゃれでセンスもいい。78歳にはとても見えないと言われ、それを誇りにしている。
忍岩造
ハナの夫。働き者で温和な印象。「お前と結婚したことが、人生で一番よかったことだよ」とハナにことあるごとに言い、周囲の友人や知人にもハナのことを自慢している。

漫画「すぐ死ぬんだから」の原作小説をお得に読む方法

原作小説「すぐ死ぬんだから」は、「終わった人」などで知られる作家・内館牧子さんのベストセラー小説。物語は年を重ねてもなお美学を貫く78歳の女性を主人公に、女性の終活を描いた一作となっています。

2020年8月から、三田佳子さん主演でNHK BSプレミアムでドラマ化されました。

そんなベストセラー小説を、残念ながら無料で読むことはできません。

U-NEXTなら小説「すぐ死ぬんだから」が1冊1,375円で配信されています。無料でもらえる600ポイントを使えばお得に読むことができます。

漫画「すぐ死ぬんだから」の見どころ

「すぐ死ぬんだから」の1番の見どころは、幸せに暮らしていた78歳の主人公・ハナが突如問題に何度も直面していき、どうやってその危機を乗り越えていくのか…というところです。誰よりもおしゃれに気を使い、実年齢よりも若々しくいることを目標に掲げているハナが、物語が進むにつれ予期しないトラブルに巻き込まれていきます。

優しい家族と共に過ごし、温かで幸せな老後生活を送りたい、というハナの願いも虚しく、80歳間近にして奈落の底に落ちそうになってしまうハナの波乱に満ちた終活の行方をどうぞ読み進めてみてください。

漫画「すぐ死ぬんだから」と一緒によく読まれている作品

まとめ

漫画「すぐ死ぬんだから」を全巻無料で読む方法を調査していきました。

2020年9月現在、「ebookJapan」でしか読むことができません。しかし、人気作品なので他の電子書籍サイトで配信解禁される可能性があります。

その際は、上記で紹介した電子書籍サービスを利用して無料&お得な価格で読み進めていってください。

これらのサービスにそれぞれ登録して無料期間を活用してお得に読んじゃいましょう!

当サイトではすぐ死ぬんだからだけではなく、様々な漫画作品の無料情報や電子書籍のお得な情報をまとめておりますので参考になったらブックマークしていただけると便利に活用できます。