2019年8月19日発売の少年ジャンプ38号で、サムライ8の第14話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年8月19日に発売された少年ジャンプ38号に掲載!

サムライ8最新話!第14話「父の秘密」のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\サムライ8の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

サムライ8第14話「父の秘密」のあらすじとネタバレ

「俺の兄弟!?」という八丸。

「そうだ僕は一角。君の兄だよ」と黒髪の八丸のような男、一角が答えました。

 

博士から何も聞いていないようだね、と一角は言います。

博士は七つ子を作ったんだ、とフルタのことを博士と呼ぶ一角は言いました。

 

「もとい、八つ子か。失礼、君のことは忘れやすくてね」という一角は、博士とは血の繋がりはないと言います。

 

望まれてそうなったんじゃなく、八つ子になってしまったんだ、という一角。

君は偶発的に発生した余り物なんだ、という一角に八丸はわけがわからないという顔をします。

 

僕ら7人のサムライは箱をあけるために必要な7つの鍵として作られるはずだった、けど8人目の君が生まれてしまったことでバランスが崩れ、7つの鍵の能力が薄れてしまったんだ、という一角。

 

八角、君の力を僕ら7兄弟に還元して戻してくれないことには箱があけられないのさ、という一角は八丸の力を欲しているようでした。

 

もちろん力が戻れば君は死ぬけどね、と一角は言います。

でもそれがこの計画の本来あるべき状態だからわかってほしい、そもそもつくられてすぐ君だけ死にかけてたそうだよ、図々しくぼくらの力を奪っておいて…

と、少し棘のある言い方をする一角。

 

実験の結果から見ても僕ら7人は成功作なんだ、君はこの計画の失敗作さ。

 

という言葉を聞いて、まさかお前たちすでにパンドラの箱を!?というダルマ。

アタは、そっちじゃない、マンダラの箱のほうですよ、師匠。と言います。

 

 

2つとも手にするのは我々だ、というアタ。

これらを手にしていた責任者武神、不動明王と同じ神となり宇宙を手にする!

八角を連れ戻し、我らがこの宇宙をあるべき姿に戻す!!

とアタは言うのでした。

 

まずはお前たち金剛夜叉流を含めた他の4流派!

そしてその息のかかった宇宙域を全て消すことから始める!!

というアタに

 

それをハンナが望んでいるというのか!?裏切り者になってまで」というダルマに、「先に裏切ったのは俺じゃない、神だ!」というアタの意思は硬いようでした。

次に会う時があれば、あなたは全てを失う、最後に置き土産がある受け取るといい…というアタは消えたのでした。

 

そうして、虫の息のフルタを家まで運ぼうとする八丸。

自分が使ってた生命維持装置を使えばフルタを助けられる、ということに気づいたのです。

 

しかし、「もういい、俺はもたん…」というフルタ。

そもそも胸の装置を起動した時点で必ず死ぬ、というフルタでした。

 

「奴らの言ってたことは本当だ、それに…一度俺はお前を殺そうとした」というフルタ。

 

しかし、どうしてもできなかったというフルタ。

その結果、八丸を連れて逃げてしまったのだと言います。

父親のふりをしてお前を守と決めた…というフルタ。

 

今までずっと騙してきて悪かった、と謝るフルタに、八丸はまだ親孝行がたらねーだろ!だからそんな…と必死に声をかけます。

 

「本当にお前を縛っていたのは生命維持装置なんかじゃない、俺だった。」

「お前を守られる側の人間だと、成長も夢もやることすべて信じてやれなかった…」

「お前ははじめから強かった…」というフルタ。

 

「お前はもう守る側のサムライだ…」というフルタに「俺の方こそごめん、ずっと長い間俺が父ちゃんを苦しませてたんだな」という八丸。

 

だからだろうな、楽しい生涯だった…」というフルタ。

 

守りたいものがあるのは、それはきっといい人生なんだ…と言ったフルタは、静かに息を引き取るのでした。

サムライ8の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

サムライ8の最新刊(単行本)は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!(2019年7月時点で未発売)

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

サムライ8最新話!第14話「父の秘密」の感想・見どころ

今回はかなり泣ける話でしたが、この作品のポテンシャルを感じました!

さすがナルトの作者ですね、物語の起伏を描くのがとても上手です。

この作品は序盤こそ酷評されていましたが、かなり面白くなっているのでこれから注目されていくのではないでしょうか?

特に今回のフルタの死はよかったので、これからはじまる冒険が楽しみです。

次回も要チェックですね!