漫画|王様ランキング【第139話】のネタバレ・感想!

王様ランキングの第139話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

マンガハックにて最新話が無料配信されています!

おう王様ランキング【第139話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

マンガハックはネットで誰でも無料で閲覧できるものですが、最新4話までしか公開されていませんので、読み忘れたり、単行本の続きはすぐには読めないですね…

\王様ランキングの単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

王様ランキング前回のあらすじ

オウケンとボッスの戦いが始まりました。

攻撃を受けたボッスですが、そんなに効いてもいない様で・・・首を動かすのみ。

その様子を見たオウケンは青ざめてしまいます。

王様ランキング【第139話】のネタバレ

急に腕の筋肉が大きく膨れ上がり、こん棒を思いっきり振り回すボッス。

ギリギリのところでオウケンは避けるのですが、かすっただけで身体の半分が思いっきり吹き飛んでしまうのです。

その光景に驚くカゲやドーマス達。

ボッスも驚いていますが、オウケンは今まで通りメキメキと飛んで行った身体を呼び寄せて、復活していきます。

もうそろそろ・・・というところで、オウケンはもう一度ボッスにこん棒で殴られてしまうのです。

大きなこん棒を振り回すボッスを見ている隊長は、こん棒の姿が見えないほど早く振り回していることがわかり驚きました。

ボッジもその様子を目を見開いてみているのです。

 

何度も何度も殴ったことにより、ぐちゃぐちゃになってしまったオウケン。

もう一度復活しようと、身体を集め始めます。

「ここから復活するか!」

まさかの状況からも復活できることがわかり、みんな驚きますがボッスだけは冷静です。

ボッス「皆の不幸を一身に受けるか、オウケン」

おまえがもう救われることはないのかもしれない・・・そう言いながら復活間近のオウケンを、再度こん棒で殴りました。

 

ぐしゃっとつぶれたオウケンを目の前に、ボッスはこん棒を置きしゃがんで見つめます。

そして何を思ったのか、オウケンの身体の一部を手に取り、ぎゅっぎゅと力を込めて丸め込んだ後にボール状にしました。

そのボール状のオウケンの一部をそのまま転がすのですが、再度復活しようとしている様子がわかり、ボッスは考えます。

復活をしているオウケンをそのままに、ボッスはこん棒を持ち、地面を叩きます。

何をしているのか・・・?皆にはこれからどうなるのか、よくわからない様です。

 

地面を確かめたと思えばそのまま力を入れて穴をあけ、大きな岩を掴み取りだします。

ここでもう完成・・・オウケンが復活しそうなところで、その岩を持ったままボッスは再度殴り潰します。

岩を地面に置いたと思えば、つぶれたオウケンの身体の一部を再度取りだし・・・岩に穴をあけてそのままオウケンの一部を入れ込みます。

オウケン「ゲ・・・ゲゲ・・・げーーー!!!」

一部を閉じ込められてしまい声を上げるオウケンですが、もう動くことはできません。

ホクロ「とっ閉じ込めた」

カゲ「やりやがった!」

ボッジはその様子をじっと見つめているのです。

 

岩に詰め込まれたオウケンの一部は声を上げていますが、そのまま他の岩によってボッスに閉じ込められてしまいました。

スポンサードリンク



王様ランキングの最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

王様ランキングの単行本は下記の3つサービスで読むことが可能です!

BookLive! 先行配信で1巻早く配信中(初回50%オフチケットあり)
FOD 単行本2巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める

王様ランキングを無料で読む方法としては下記の記事で詳しく解説しています!

>>王様ランキングを無料で読む方法!

\31日間無料&600P付き/

FODで「王様ランキング」を無料で読む!

王様ランキング【第139話】考察

この攻撃は、凝縮されたボッスの力があってこそではないでしょうか?

まさかのオウケンも身体を一部を閉じ込められるとは思ってもいなかったでしょう。

岩の中から声が聞こえている当たり、その部分は顔だったのかな?と特定できます。

顔を失くしてしまったオウケンは、前も見えませんし攻撃もできなくなります・・・。

王様ランキング【第139話】感想

ボッスの力・・・この力がないと、この攻撃はできなかったですよね。

やはり強さというものが感じられる回でした。

ボッスはなんと無傷なのですから・・・今までのみんなとは全く違います。

ただボッジはその様子を真剣に見つめています。

父と戦う覚悟ができているようにも感じますね。