「俺だけレベルアップな件」第64話を読みましたのでネタバレを紹介します。

最上の話を聞くことなく、旬はその場を後にした。

母親のお見舞いにいき帰ろうとしたとき、病室の前には犬飼が待っていた。

旬に会いたがっている人がいるとそれはハンター協会会長・後藤清臣だった。

彼の話を聞いていると、「違った力を授けることができる」と。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第64話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

俺だけレベルアップな件のあらすじ

「今この国を支えているのは、政府ではなくモンスターから国民を守るハンターです。そしてその上にあるのがハンター協会。その中でも重要なポストを用意しましょう」

(権力を言ってるのか?)

旬は後藤の話を真剣に聞いている。

「どうしてそこまでして俺を?」

率直な質問をした。

「五大ギルドをご存じですよね?

今は五匹の恐竜がかろうじて、バランスを保っている状態です。水篠ハンターが五つの内のいずれかに加わると、そのバランスは大きく崩れてしまうことでしょう。法と制度、平凡な国の機関ではハンターを管理しきれません。

だから協会が存在するのです。」

後藤の話を聞いた旬は考えている。

(悪い話ではない。後藤会長が背中を押してくれれば、誰でも出世街道を突き進むことができる。国会、政府、協会、マスコミ、後藤会長の力が及ばないところなど、恐らく存在しないだろう。

後藤清臣、貴方はやはりすごい。実力だってレベルを死ぬ気で上げてきた俺とほぼ同等な水準だ。またとないチャンス)

旬の返事を待っている後藤もまた考えていた。

(ハンター協会は五大ギルドと性質が異なる六つ目の勢力。この国にはハンター協会がなくてはならない。

先の短い私に代わる後継者が必要だ)と。

俺だけレベルアップな件【第64話】のネタバレ

-戦う場所-

「すいません」

旬の口からその言葉が出てきた。

後藤は驚いた顔をした。

(結局金か

「俺は戦いたいんです」

「それはモンスターと戦いたいという意味ですか?」

問いかけに旬は肯定する。

(協会が担当するダンジョンは、ギルドが見向きもしないDE級。協会に入ればレベルを上げることができなくなる。立ち止らない限り、俺は成長し続けるから)

旬は後藤の顔を真っ直ぐと見る。

「俺がいるべき場所はダンジョンの中だと思うんです」

そこの言葉を聞いた後藤は目を見開いた。

(何てことだ。あの目に嘘はない。このような感覚はいつぶりだろう?)

後藤は自分の心臓に手を添える。

-ドクッドクッ

(私の心臓はまだこのような音を出すことができたのだな。あと二十歳いや、十歳若ければ、このような若者と肩を並べて!)

「妹が家で一人なのでそろそろ失礼します」

旬は立ち上がった。

「貴重な時間をありがとうございました」

犬飼の前を通り過ぎるとき、旬は彼に声をかけた。

「犬飼課長。あなたの目に狂いはありませんよ。二重ダンジョンのモンスターを倒したのは、俺じゃありませんので」

サングラス越しの彼の目は驚いていた。

(それなら一体誰が

 

-ハンターとは-

 

旬が立ち去ったあと、後藤と犬飼はそこに留まっていた。

「ヒーラーが出現し、治癒魔法の存在をしったとき、この老いぼれた体を再び若返らせることができるのではと、どれほど期待したことか。

老化は上級治癒魔法でも治すことができないと知り、落胆したのを今でも覚えている。大型ギルドはどんどん勢力を拡大していき、国の軍事力に匹敵する力を持つまでになった。協会なくして、彼らを統制することは不可能だ」

「その協会の頂点にいらっしゃるのが会長です」

「あぁ。協会が機能しているということを、周知させるためには私がいなければならないと思ってきた。しかしそれは単なる思い込みだったようだ」

後藤は旬の言葉を思い出す。

「今日の約束はすべて取り消してくれ」

「ですが今日は長官たちとのご予定が

「この感情をあの年寄りたちで無駄にしたくない。一緒に一杯しないか?」

後藤は犬飼を誘う。

「僕は飲めませんがそれでもよろしければご一緒いたします」

「おやそれは意外だ」

窓の外を眺める後藤。

(こんなにも胸が弾む鼓動を感じさせてくれるとは

「あのハンターは酒が好きだろうか?」

そう呟く後藤だった。

 

-モンスターなのか-

-ガンッ バコッ

自分がやられた時のことを夢に見る将人。

彼は病室で目を覚ます。

(夢……じゃなかったのか?)

首が動かせないため、視線だけ横にむける。

「敗者になんの用ですか。話があるなら早く済ませてください。副局長」

彼のベッドの横には副局長が立っていた。

「君に直接聞きたいことがあり待っていた。ジュンイチロー・ミズシノという男本当にモンスターなのか?」

「あれが人間だと思います?」

「あの日近くの防犯カメラが捉えた映像だ」

そう言って将人にタブレットを見せる。

人間を助けtモンスターなんて、これまで一度も聞いた事がない」

その映像には瓦礫に埋もれそうな人間を助けるミズシノの姿が

「彼がモンスターだという考えに変わりないか?」

「ゲートから人が出てきたっつー話は聞いた事あるんですか?」

……

将人の質問に黙ってしまう。

間違いなくモンスターです」

「わかった。治療が終われば管理局に寄ってくれ。作成しなければならない書類がいくつかある」

病室を後にしようとしてる副局長に将人は問いかける。

「あの男はどうなりましたか?」

「君との闘いがおわると消えてしまった。管理局がゆくえを追ってはいるが、君を倒すほどの男が果たして我々の手に

「クソッ!」

(屈辱的敗北だ)

戦いのさなか、ミズシノが言った言葉が浮かぶ。

絶対に日本に足を踏み入れるな。息子のためではなくおまえのために言っておく。

死んでも俺の目から逃げられないと思え

(死んでも逃げられない?俺を脅してるつもりか?あいつがどこへ向かうかはわかりきってる。あいつを倒すには装備が必要だ。

ギルドに連絡しよう。アーティファクトさえ揃えば問題ない)

病室に残された将人からは殺気が漂っていた。

「傷が癒えたらひねり潰してやる」

 

スポンサードリンク



俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第64話】感想

旬さんは協会からの申し出を断りましたね。

ハンターとは何かを考えさせられた後藤会長ですが、協会も必要だと思いますよ。

旬さん自身はレベルアップしていくから、ダンジョンの中が存在価値ありそうなのは事実ですが

では旬さんはどこのギルドに入るのでしょうか?

五大ギルドに入るのか、諸菱さんのギルドに入るのか、気になるところです!!

 

旬さんの父親との闘いに敗れた将人。

人間だとわかっているのに、モンスターと言っていますね

プライドが許さないでしょうね。負けたことに。

ミズシノハンターはどこに行ったのでしょう?

 

次はどんなこと旬さんに訪れるのでしょう!!