「俺だけレベルアップな件」第147話を読みましたのでネタバレを紹介します。

トーマスと旬の戦いがはじまった。

旬の強さにトーマスは強化として風貌を変えた。

その瞬間に、支配者の力を借りた4人はカミッシーを倒したハンターたちではないかと、旬は思ったのだ。

その一人がトーマスだと。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第147話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

俺だけレベルアップな件のあらすじ

「巻き込まれた人たちを運べ!」

「できる限りマスターから離れるんだ!」

スカイベンジャーたちのハンターが巻き込まれ、他のハンターたちが救助する。

 

トーマスは上にいる旬に向っていく。

-シュンッ ガンッ

彼の頭に旬は足をあて、お互いが反対に反射される。

「捕獲」

手を伸ばしたトーマスに、旬はスキル:支配者の権能を使用した。

(今度は俺を引き寄せながら加速しただと?まさか俺に正面からぶつかってくる気か?
いくらでもかかって来ればいい)

「強化」

-ダーンッ

二人の拳がぶつかり合う。

無表情の旬。

-ガガガガガンッ

トーマスが瓦礫の下に埋まった。

「ぐぉぉぉぉっ!!」

叫びながら立ちあがる。

-ザァァァッ

近づいてきた旬に向って拳を振るう。

俺だけレベルアップな件【第147話】のネタバレ

-降参-

-ガガガッ

その拳は鉄に当たるだけで、旬は避けていた。

そして彼はトーマスの頭を掴み、そのまま膝を入れた。

-ゴキッ

-ピキピキッ

彼の仮面にひびが入る。

「なんて魔力だ一体どんなモンスターが戦ってるんだ?危険ですので、心の準備をされてください」

ホワイトたちがその場に到着した。

-ガガガガガガッ

「い今のは!?私の見間違いでなければ

「はいトーマスさんでした。ホワイトさん何をどうすればいいんですか?」

「止めるしかないでしょう!」

「止めるってあの人をですか!?」

彼らはとても慌てている。

「でないとトーマスさんがやられてしまいます!!」

-バキッ ガンッガンッ

彼らの目の前では、トーマスが旬に何度も殴られている。

(なぜ魔法系ハンターに、ここまでの力とスピードが出せるんだ?俺が負ける?そんなはずない。そんなことあってはならない)

殴られる中で、トーマスは腕を振り下ろそうとした。

-パシッ ガンッ

しかしそれは簡単に跳ね除けられた。

(圧倒的な強さだけが俺の取り柄だ!)

仮面が割れ、口が見えるようになった。

「俺はトーマス・アンドレだぞ!
この程度でやられると思うか!?」

上半身を起き上がられせたトーマス。

「だから言ってんだろ」

-ゴキッ

そんな彼の後頭部に肘で攻撃する旬。

「おまえが誰であろうと関係ないと」

 

旬の攻撃に何もできずに、ホワイトやハンターたちは遠巻きに見ている。

-バキバキッ

「水篠ハンター!おやめください!!どうかお願いです!!」

ホワイトの声など聞こえていない旬は、めった刺しにする。

-バキバキッ ゴキッ

頬に入った拳は、トーマスの骨を砕いた。

歯を食いしばっていた彼だが、

「降参。俺の負けだ」

そう口にした。

それを聞き、旬は手を止めた。

 

-抽出-

「天下のトーマス・アンドレをあんな姿に
(トーマスさんに勝てるハンターが、この世に何人いるだろうか?いや、存在するのか?このことが知れ渡れば、世界が騒然とするはずだ)」

ホワイトは言葉を失ったが我に返り、トーマスに近づく。

「ヒーラーは急いでくれ!」

一人のヒーラーが回復させようとする。

「骨という骨が砕けてしまってます。出血も止まりません。僕一人では厳しいので、ヒーラーを集めてください。
国家権力級のトーマスさんだから、この程度で済んだのでしょう。他のハンターだったら、とっくに命を失っていたはずです」

他のハンターたちのところにも、救助班が急ぐ。

「死者はいないようだ

「うぅ

「あぁっ、脚が!」

それでも重傷者はでた。

「この程度で済んだことを喜ぶべきなのか

頭を抱えるホワイトに声がかかる。

「ホワイトさん大変です!!右京ハンターが息をしていません!心肺停止の状態です!
水篠ハンターが消えました!」

 

その場から消えた旬は

ビルの屋上にいた。

「影の交換でベルと入れ替わったんだ。日本は久しぶりだろ?今おまえは東京にいる。
今頃ベルはアメリカで、諸星くんを治してくれてることだろう」

彼の隣には大きな影が。

……王よ

「なんだ?」

「私にも名前をください」

そう跪く兵は将軍級だ。

「欲張って死んだからグリード(greed)。どうだ気に入ったか?右京将人」

「ありがとうございます。王よ

「満足したなら、もうしばらく伏せとけ」

 

翌日、国際ギルドカンファレンス。

会場についた旬にたくさんのカメラが向けられている。

「報道陣の数がハンパないですね」

「お二人の戦いを嗅ぎつけたようです。今日一日カメラから逃れられないことでしょう」

……

隣にいる男は横目に旬を見ている。

「(この人がスカイベンジャーを)右京ハンターの仲間の証言を確保しました。
ハンター管理局が事件の経緯を発表する予定です」

そう言われた旬だが、もう右京のことを考えたくなかった。

彼がアメリカに来た目的は一つ。

その欲しい情報が手に入ればいいのだ。

「説明会の通訳は、このイヤホンでお聞きいただけます」

コロッとイヤホンを渡された旬は、扉を開けて会場に入った。

そこにいる人たちが、彼に視線を向ける。

 

スポンサードリンク



俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第147話】感想

まさかの右京を抽出してました!!

誰かいたかと考えたくらいに驚きました!

トーマスさんが来る前にボコボコにされていましたから、死んでてもおかしくないので仕方ないですね。

いつのまに抽出したのか(笑)

 

トーマスさんに勝ちましたね!

しかも息ひとつ上がっていない様でした。

支配者の力を持っている国家権力級にも勝てる旬さんは、国家権力級を超えていますね。

ベルと入れ替わったのは、いい考えですね。

ややこしくなるのわかってますからね。

でも、彼のシステム的に殺意を持っていたら、緊急クエストが発生していると思うですが、やっぱり今回は発生していないのでしょう。

 

目的のギルドカンファレンスがはじまりますね。

旬さんの欲しい情報は、父親のことでしょう!

トーマスとのことがあって、なんか変わるといいですが難しいでしょうか。

そしてどんな話がでるのでしょう!