「俺だけレベルアップな件」第144話を読みましたのでネタバレを紹介します。

カミッシーの抽出に成功し、彼と話したが旬。

しかしカミッシーは倒されてから年月が経ちすぎていて、すぐにになって元の骨になってしまった。

ハンター管理局の上階に戻った旬の前には、犬飼課長が待っていた。

そしてスカベンジャーに呼ばれて、賢太がどこかに言ったと。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第144話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

俺だけレベルアップな件のあらすじ

雲行きが怪しい中、ビルの上で目を光らせる旬。

「スミス!元気してたか?」

「お客様申し訳ございませんが、お心変わりによる返品はお断り

「昨日はなんでパーティーに来なかったんだよ?」

影の兵を伝って、彼に街の声が流れ込む。

(まさかこの街の外に出たのか?でも諸菱くんもD級の戦闘系ハンターだ。一般人には負けるはずがない。
車が街の中心地から離れていけば、諸菱くんも異変に気づけたはずだ
犯人はスカベンジャーギルドというヒントだけを残して行った)

犬飼課長との会話を思い出し考える。

(スカベンジャーギルドで思いつくのは右京隼人の弟・右京将人。俺たちがアメリカに来るのを待ってたのか?兄さんの死の真相が知りたくて。
あの日、ダンジョンから生きて出てきたのは、俺と諸菱くんのみ)

死に間際の隼人を思い出す。

「テメェ!俺の弟が誰だが知ら

(右京隼人は俺たちが兄さんを殺したのではと疑ってるはずだ。犬飼課長に警告されたことが現実になるとは」

以前に将人が日本に来たとき、その後に犬飼課長は旬に警告しにきていたのだ。

(あのときのことは後悔していない。俺が諸菱くんに影をつけていれば、こんなことにはならなかった。
もし諸菱くんに何かあれば

俺だけレベルアップな件【第144話】のネタバレ

-居場所-

そのころ、トーマスは。

「連絡はまだか?」

「はい」

(命が惜しくないようだ。
いや、ミスター右京もS級ハンター。水篠と力差があることくらいはわかってるはずだ。それなのに、こんな無謀なことをしたということは俺が間に入ることをわかってやったということだ。
俺がハンターたちを甘やかしすぎたか?)

なんとなく頭を抱える彼は、ローラに電話する。

「ローラ、何かわかったか?」

「ハンター管理局に、ミスター右京の直近一カ月の移動記録の開示を要請したところ、三度目的不明の外出があり、行先は普段足を運ばないような場所でした」

彼女は運転しながら、スマホを置いて答える。

「うちの全員そこにいかせろ。俺も今すぐ向う」

「かしこまりました」

「それよりローラハンター管理局の石頭たちを一体どうやって、説得したんだ?」

「早くミスター右京を見つけ出さなければ、水篠さんとマスターが衝突することになると伝えただけです」

 

彼女の話にハンター管理局は全員が慌てていた。

「スカベンジャーのハンター全員が移動をはじめました!」

「百人全員がか?」

「予定していたレイドもたった今キャンセルが入りました。全員でどこかに向っています」

(スカベンジャーギルド全員で動いているということはトーマス・アンドレの指示だ。
ただことじゃない。一体何が起きているんだ?)

 

その頃の右京は。

「こんなことしていいんすか?」

「こんなこと?一つ確認したいことがあるだけだ」

廃工場に右京と他に2人の男が、賢太の前に立っていた。

(マスターのトーマスに水篠には手を出すなと言われたがはじめから水篠に手を出すつもりなんかなかった。俺の問いに答えられる人物はもう一人いるからな)

賢太の顔、服には血がついている。

(あの日ダンジョン内で兄貴に何があったのか、正直に言えば帰してやると言った。
聞きたい答えはひとつ。水篠旬が兄貴を殺した。それさえ聞ければこいつに用はない)

見下していた右京は、膝をつき、賢太を起こす。

-ペシッ

「おい、起きろ。起きろっつってんだろ!!」

-ゴキッ

賢太の腹にパンチをする右京。

「一応タンクっぽいし、がんばってますね。普通の人ならもう死んでますよ」

「さっさと吐かないとおまえが損するだけだぞ?その根性は褒めてやるが、おまえに黙秘権なんてないんだよ」

-ガンッ

今度は彼の頭を柱にうちつける。

「よく聞け。俺はおまえを殺すつもりはない。
あのメガネはかなりやり手のヒーラーだ。おまえが死にかければ、何度だって生き返らせる。言い換えるとおまえの俺の問いに答えるまで、永遠にここで苦痛を味わう羽目になるってわけだ。
この工場はもう五年も稼働していない。おまえがいくら叫んだって、誰も助けに来やしないんだよ。
どうだ?吐く気になったか?」

「あ?」

右京の話に賢太が口を開いた。

……バーカ」

中指をだけ上げ、彼にむかってそう言ったのだ。

-ガンッ

賢太の言動に右京は、思いっきり彼を柱に打ち付けた。

「ミスター右京。力強すぎますって。いくら金を積まれても、殺人には加担したくないっすよ」

あぁ気をつける」

「帰りましょ。もう充分っしょ」

「何がだ?まだここからが本番だ」

開かない目をなんとか開ける賢太の前には、右京が隼人の存在と被ったのだ。

 

-怒り-

 

「んっ?なんだ?」

一人の男が工場入り口に気づく。

「オーク?」

「この辺りで、ダンジョンブレイクがあったのか?おもしろいこともあるもんだ」

そのオークは、旬のオークだと思われる。

そして彼らの方を見てガクガクしている。

「あいつミスター右京を見てビビってますよ」

「俺は今貴様と遊んでる暇はない」

右京がオークに向って拳を振り上げた。

-パァッ

そのときオークが光った。

「交換」

 

その頃、葵と母親は。

「旬は大丈夫かしら」

家でソファーに座ってテレビを見ていた。

葵は母親の膝を枕に寝転がっている。

(王のお母上。この世が滅びない限り、王はご無事でいらっしゃるはずでございます)

彼女たちを守るために残っているベルは、返事をしていた。

「次は現在アメリカで開催されている

「葵、お兄ちゃんが映ったわよ」

「どこ?」

テレビには会場についたときの、旬の映像が流れた。

(王よ!この感覚前にも感じたことがある。王がお怒りだ)

国を離れているベルでも感じ取れるほど、旬は怒っているのだ。

 

一方で騎士団ギルドは。

「最近ダンジョン内で事故が多発してるらしいんで、気を引締めて攻略しましょうね。怪我人を一人も出さんように!」

「「はいっ!」」

マスター板東が周りに声をかけた。

そのとき

「うわっ!」

「なんやねん」

彼の影に謙が驚いた。

「ママスター!影が今マスターの影がプルプルって

「謙おまえなぁレイドの前は酒飲むなってなんべん言わせんねん」

彼の言葉に板東は信じていない。

「いやいやマスター!今日俺シラフです!今ホンマに影が生き物みたいにプルプルしてたんです!!」

「はいはい。おまえ今日は欠席な」

「マスター!ホンマです。信じてください」

 

また一方のトーマスは。

「停めろ!」

車に乗っていて、運転手に指示する。

「はい?」

「車を止めろ!くっ一足遅かったか!」

-ガンッ

彼はドアを蹴破り、そのまま外に出た。

「俺は先に逝くから後から来い!」

「はいっ!」

-カンッ ゴンッ バキッ

彼の移動によって、ドアや他の車に迷惑がかかる。

「明日また損害賠償請求が山ほど届きそうですね

「おとなしく車で移動すればいいものを

 

そして影の交換したオークと旬。

-ズドッ

右京の拳ではなく、旬の拳が彼の腹に入る。

2人は驚いている。

賢太の口元は少し笑っているようだ。

「こほっ」

-ガガガガガッ

右京は吹き飛ばされた。

そしてその場には今までにないオーラをまとった旬が。

 

スポンサードリンク



俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第144話】感想

トーマスより旬さんのが早かったですね!

まさか右京も旬さんがくるとは思わなかったのでしょか?

不思議です。

 

もともと賢太さんを連れて行こうとしていたんですね右京は。

賢太さんも殴られても、口を割らなかったのは、旬さんが来ることをわかっていたのでしょうね。

だからこそ、彼がきたとき笑ったのでしょう。

それに「バーカ」って言った賢太さんかっこよかったです!!

あれだけの怪我しかもS級ハンターである右京の攻撃結構な重傷でしょう

大丈夫でしょうか?

 

トーマスも車から降りて急ぎましたが彼が来るまでに決着ついているのでしょうか。

それとも彼が旬さんを止めるのでしょうか?

彼の怒りは右京を殺さないと収まらない気もしますが心配ですね。