「俺だけレベルアップな件」第141話を読みましたのでネタバレを紹介します。

国家権力級ハンターのクリスが人間のモンスター?に倒された。

DFNのダンジョンを無事終えた旬の帰る飛行機で、アダムが隣に座っていた。

そしてクリスが倒されたこと、彼の父親が容疑者にされようとしていることを伝えられた。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第141話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

俺だけレベルアップな件のあらすじ

「今回アメリカ政府が失ったのは、国家権力級ハンターです。手段を選ばず、犯人探しに努める意向です。
ハンター管理局は水篠ハンターとの、良好な関係を壊したくありません。
ですのでこうして公開捜査が始まる前に、事前にお伝えしにまいりました」

アダムは頭が上がらない状態で話す。

「しょ招待されお見えになった場で、当然お父様の写真が映し出されますと、驚かれるかと思いましたので」

彼の言葉に、旬は考える。

(十年前に行方不明になった父さんがモンスターになって帰ってきただと?)

アダムのSPらしき男が、彼に声をかける。

「大丈夫ですか?」

「あぁ少し力が抜けただけだ」

彼はそう言っているが汗が止まらない。

(上級魔法系ハンターですら、せいぜい物を動かせるだけだ。次元が違う。
ここまでの念力は国家権力級しか持たないと思っていたのだがいや、この人が六人目の国家権力級だ。急いで副局長にこの事実を伝えなければ)

 

国際ギルドカンファレンス。

各国を代表するギルドを招待し、ハンター界の動向や今後の展望について話しあう。重要なイベント。

数日後、米ハンター管理局は招待ギルド名簿を公開した。

日本代表、我進ギルド。彼らの参加は国内外で大きく報道された。

我進ギルドに所属するトップクラスのハンターは、ギルドマスターの水篠旬、一人のみ。

その一人がトップクラスのハンターを何人も従えている。

他のギルドと比べても遜色ないという事実を、米ハンター管理局が公言したも同然だった。

俺だけレベルアップな件【第141話】のネタバレ

-猿-

テレビ局のスタジオでは。

「今回ハンタースではなく、我進ギルドが国際ギルドカンファレンスに招待されました。これについて最上マスターは、どのようにお考えですか?」

「当然のことだと思っています」

「当然ですか?」

「はい。至極当然です」

カメラの前に立ち最上は言い切った。

「我進ギルドには実戦力が一人しかいないのにですか?」

彼の前にはたくさんの記者らしき人たちが。

「その一人は水篠ハンターです。
実践力をギルドメンバーと定義するのなら、我進ギルドには数百のメンバーが存在します。架南島などで彼の威力をこの目で見てきた僕が断言します。
我進ギルドはこの世の、どのギルドと比較しても劣りません」

「ですが毎年日本を代表し、ギルドカンファレンスに参加してきたハンタースギルドとして、何か思うところがあるのではないでしょうか?」

記者の問いかけに、最上は冗談を加える。

「アメリカ行きが亡くなったのは、もちろん残念です。せっかくパスポートも更新したのに。でもそれ以上に誇りに思っています。
足がすくみそうなほどのモンスターが現れても、迷うことなく噛ませられるハンターが現れたのです。僕もうちのメンバーも水篠ハンターがいたから、生きて帰って来る事ができました」

旬への敬意があるように、最上は穏やかな表情をしている。

「僕は水篠ハンターが日本代表に選ばれたことを、心からうれしく思っています」

最上は再度心からの言葉を放った。

 

スタジオを後にする最上。

「代表!今朝出現したA級ゲートうちに参加許可が降りました。測定値はA級の中でも下の方です」

「わかりました。今日も我進ギルドからの参加申請がなかったようですね?」

声をかけた男に問いかける。

「はい。活動してる気配がありません」

旬がDFNから戻って着て今日で四日あのダンジョン破壊の化身はまだゲートに姿を現していない。

東京の大型ギルドは、今だと言わんばかりにゲートを回っている。

(僕は白虎の白川や死神の黒須とは違う。木から落ちたリンゴを見てよろこぶなんて猿のすること)

最上はそう思っていた。

すると横から男が

「我進ギルドが活動を休止してくれるおかげで、売り上げが40%も伸びました!」

嬉しそうに報告した。

「ここにも猿が一匹

呆れる最上だった。

「はい?」

「いえ協会に理由を聞いてみましたか?」

(ランクの再審査を受けるまでは、一日に下級ゲートを三~四ケ所は回っていたし、S急になってからは、他のギルドの区域のゲートにまで手を広げていたのに
一人でDFNに行き、S級のダンジョンブレイクを片付けてきた人が、どうして何もアクションを起こさないんだ?)

彼は不思議に思っていた。

 

-情報提供-

一方でハンター協会では。

「中国から水篠ハンターに関する情報提供依頼がありました」

「情報?個人情報?」

後藤と犬飼が旬の情報のはなしをしていた。

「いえ個人情報ではありません」

「なら?」

「水篠ハンターのレイド記録や関連記事のような、公式情報を求めているようです」

「まあ中国もトップクラスのハンターの個人情報を渡してもらえるなんて、期待していないことだろう。
だがなぜ今さら水篠ハンターに興味を示すのだろうか?ラブコールに応じる気はないという、水篠ハンターの意志はたしかに伝えたはずだが」

何か違和感を感じている様子の後藤。

「情報提供を依頼してきたのは、中国政府ではありません。個人です」

「個人?」

「中国の七つ星級ハンター劉志剛です」

「!」

その名を聞いて後藤は驚いた。

中国は国際規格のランクではなく、自国だけの独自的な等級体系を採用している。

五つ星級が最上位だったがたった一人劉志剛のみが、ランク外の七つ星級ハンターと呼ばれている。

「劉志剛が水篠ハンターに興味を示しているだと?」

「あの数の巨人を倒した水篠ハンターに興味が湧いたのだと思われます。海を渡った一体を倒したのは劉志剛ですので」

「(強者の強者を嗅ぎ分けるのか)お断りしよう。それが難しいようなら、表面的な資料だけ渡すといい」

後藤はそう犬飼に伝えた。

 

-忠告-

その頃のトーマスは。

「明日、水篠ハンターが入国します」

「とうとう明日か」

そんな彼の元に一人の男が。

「お呼びですか?」

「おっ!きたきた。急ぎで伝えたいことがあってな」

「なんでしょう」

「単刀直入に言う。水篠ハンターにちょっかい出すなよ」

入ってきた男にトーマスは近づき、そう告げた。

「ミスター右京。あんたの兄さんと水篠ハンターのことは、俺も話には聞いている。本当のことが知りたい気持ちはわかるが、何もするな」

「ですが

-バァッ

言葉を発しようとした右京の前に、指を一本たてた。

「ミスター右京に発言権をやった覚えはないが?」

彼の雰囲気に右京の顔は強張っている。

(黙って聞いていろ
トップクラスのハンターにあれほどまで、威圧的な態度を取れる人は、この世にそうそういない。さすがトーマス。だけど獲物への執着は右京将人、あの人も負けていないわ)

少し離れ所でみているローラは様子をみていた。

「絶対に水篠に余計なことすんなよ。カンファレンス期間中は、うちのギルドの別荘でゆっくりしてろ。いいな?」

右京の肩に手を添え圧を加える。

「聞いてるか?ミスター右京」

はい。わかりました」

「ならいい。帰れ」

返事を聞いて、そのまま右京を帰らせたトーマス。

「大丈夫でしょうか?」

「いいや、このくらいで、あいつが諦めるわけがない。
ローラ、水篠がアメリカを離れるまで、ミスター右京に監視をつけてくれ」

「彼が応じてくれればいいですが

「まぁ多少は窮屈でも死ぬよりマシだろう」

その場を離れた右京は、歯を食いしばっていて血が出ていた。

そして目が血走っているようだった。

 

スポンサードリンク



俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第141話】感想

まったく旬さんが出てきませんでしたね。

散々名前だけ出てきましたが我進ギルドはどうしたのでしょう?

DFNから戻って四日旬さんになにか変化でもあったのでしょうか?

 

カンファレンスですが、旬さん出るんですよね?

出るイメージがありませんがどうなのでしょう。

 

中国の劉志剛は、なぜ旬さんの情報がしりたいのでしょうか。

後藤会長がいうように、「いまさら」な気もしますがなにかあるのでしょう。

 

トーマスに呼ばれた右京。

監視をつけても、隙を見つけて旬さんの元にきそうですね。

しかも彼をケガさせたのが、旬さんの父親と言われているので、そこも知ったら、彼の殺意はさらに増しそうです。

 

次回はカンファレンスがはじまるのでしょうか。

我進ギルド旬さんは何を考えているでしょう!