「俺だけレベルアップな件」第124話を読みましたのでネタバレを紹介します。

DFNに現れたS級ゲートは各国からS級ハンターを集めていた。

その一人に結界能力者であるユーリ・オルロフも。彼は金を払えば動く男のよう。

旬の元に美濃部ハンターから伝言を伝えにきた雫。

そして彼の持つカルテノン神殿のゲートの場所があと一日でわかろうとしていた。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第124話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

俺だけレベルアップな件のあらすじ

「年間36億ドル。一日一千万ドル。それが払えるのなら、おれがいくらでも力を貸してやる」

お酒を置いて、ユーリは膨大な金額を提示した。

「一日一千万ドル!?」

その額にレイジも驚きの声をあげる。

「年間36億ドル出せば、国を守ることができる。36兆じゃない。トーマスに比べたら破格だろ」

後ろにいるカナたちは静かに話す。

「カナ。ロシア語できるか?あいつ何言ってんだ?」

「できるわけないじゃん。でも良い話じゃないってことは間違いないわね」

彼らの話しているのはロシア語で彼女たちはわからないよう。

「選べ。一日一千万ドルで国を守るか、金が惜しくて国を捨てるか。クハハハハハッ!悩む余裕があるのか?
ひれ伏せてでも俺にすがるべきなんじゃないのか?」

「それほど自信があるということですね」

「その通り。後ろに立ってるひょろっとしたのを、百人雇うより俺一人の方がマシなはずだ。悩む必要ないだろう」

ユーリの言葉にビクッとルノーが反応した。

「今、絶対に俺らのことを悪く言ったよな?」

「言葉はわかんないけどそんな気がする」

彼らの目が血走った。

そのとき

-ピンッ

「これでそこから一歩も動けない。動けるもんなら動いてみろ」

ユーリが彼らを動けないようにしたのだ。

S級の俺らの動きを封じただと!?)

(クッまるで全身を縛られたかのようだわ!)

彼は不敵に笑っている。

S級ゲートを潰し、そいつらの命も責任持ってやるよ。
どうだ?悪くないだろう」

「あなたの力のすごさはよくわかりました。ですが費用を政府が承認してくれるかどうか

レイジの手は震えている。

「(だけど今はこの人を信じるほかない)いえ。わかりました。少し電話してきます」

俺だけレベルアップな件【第124話】のネタバレ

-ゲートの位置-

「ちょっと出かけてくる」

母親に背中を向け、靴をはく旬。

その姿を心配そうに見つめる母親。

「旬。心配しなくていいのよね?」

「うん。約束があって出かけるだけ。いってきます」

そう言って旬は玄関のドアを開けた。

 

彼の持っているカルテノン神殿の鍵のゲートの場所が表示されるまで1分を切っている。

-パアーッ

ゲートの位置が表示された。

その場所は葵の高校だった。

「同じ場所にゲートが二回も発生するとか」

「休校だったらよかったものの、もし生徒がいればまた大変なことになってただろうな」

高校にはすでにゲートが出現していて、ハンター協会の人が立っている。

「あっここは立ち入り禁止です!み水篠ハンター?」

「ゲートが出現してからどれくらい経ちましたか?」

「きょ今日で三日です」

それを聞いて旬は慌てた。

(やられた!ゲートの情報が表示されるだけで、今日ゲートが開くという意味じゃなかったのか。まさかもうそんなに経ってたとは。ゲートはC級程度・等級は低いが

「ハンターたちは?」

「二時間ほど前に潜りました」

旬はゲートに近づいていく。

「いますぐレイドを中止してください」

「はい?ですが測定結果はC級ですので

「攻撃隊が危険です。今やめさせないと全員死にます」

そう言って彼はゲートの中に入っていく。

「全員死ぬってどういうことですか!?」

「俺が攻撃隊を探してきます」

「何があったんですか?説明してくだ

「そんな時間ありません」

旬はそれだけ言って中に入った。

 

-カルテノン神殿-

ゲートの中では攻撃隊がドアの前で立ち往生していた。

「ボスの部屋なのか?なんで開かないんだよー」

「どうします?魔法を使ってもびくともしません」

「ここまで来て引き返すわけにはいかないしなー」

「それは罠です」

急に彼らの背後に現れた旬。

「うっわ。ビビった!!だ誰ですか!?」

「二重ダンジョンの生存者です」

「二重ダンジョンの生存者?」

「あっ水篠ハンターじゃないか?やっぱりだ!!S級の水篠ハンターだ!」

現れたのが旬だとわかったハンターたち。

「ここはこの上なく危険な場所です。ここからは俺が代わるので、みなさんは引き返してください」

そう言ってドアの前にくる旬。

(あかない。魔法がかかってんのか?)

カルテノン神殿の扉には鍵がかかっています。鍵を使用してください

旬は鍵を出す。

(前とは違う。ここで鍵が必要なのか)

すると

-キィーッ

扉が開いたのだ。

「えっ!?」

「どうやってあけたんだ!?何もしても開かなかったのに!」

すると攻撃隊が、旬に突っかかってきた。

「ちょっとこのダンジョンの参加許可を買ったのは勇気ギルドです。水篠ハンターには僕たちを追い返す権利がありません」

「そうですよ!S級だったら何してもいいんですか!?」

……わかりました。進みたければ進んでください」

旬はそう言った。

「いわれなくてもそうします」

一人の攻撃隊が中に入った。

鍵を持たない喪が神殿に進入しました。進入を許可できません

-ブンッ ガッ バキッ

その男に向って石像が攻撃をした。

旬はすぐに彼を後ろに引っ張り攻撃を避けた。

そして

「この中にはあんなのしかいません。それでも先に進みますか?
みなさんは今すぐ外に出て、協会に連絡してください。二重ダンジョンが出現したと」

そう言って旬は部屋の中に入っていった。

-ダンッ

彼が入ってすぐに扉は自動的に閉まった。

以前のときと同じように、青い炎がついた。

「(すべてはここからはじまった)また戻って来る事になるとはな」

(あの時とは違う。今ならわかる)

彼は辺りの像を見渡す。

「この石像たちはモンスターでも生命体でもない。操り人形にすぎなかったのか。この部屋で唯一魔力を放っているのはおまえ」

一定の距離まで近づいた旬は、その場で立ち止る。

おまえと言われる者を睨むように見つめる。

「いつまで黙ってる気だ?何か言えよ」

「やっと来たか」

羽がつき、何かを持っている者が不敵に笑って声を放った。

スポンサードリンク



俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第124話】感想

ついに戻ってきましたね!!

強くなった旬さんだからわかることそれは唯一の魔力の持ち主は一人だったこと。

あのときの一番強い動きをしていた奴とは違う気がしますね。

同じなのでしょうか?

なぜ旬さんは、彼の場所に戻ることになったのでしょう。

そして彼がなぜレベルアップすることできるハンターになったのか。

それがわかるかもしれませんね!!

 

戻された勇気ギルドとハンター協会の人たちはどうゆう反応をしているのか。

それより前に攻撃隊がどこまで闘っていたのか。

前と同じようにここも二重ダンジョンになっていたのか。

ゲートの中は不思議なことばかりですね。