「俺だけレベルアップな件」第116話を読みましたのでネタバレを紹介します。

アメリカ管理局の地下には八年前にはじめてS級ゲートが出てきたときに、倒したモンスター・カミッシーが骨になって管理されていた。

雫は旬によって助けれたとき美濃部ハンターに会ったことを思い出した。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第116話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

俺だけレベルアップな件のあらすじ

「マスター昨日ゲート見つかったじゃないですか、あれ許可出せへんって言われたんです。測定結果がちょっと高かったみたいで」

「S級ゲートなん?」

騎士団ギルド内で板東が問いかける。

「ではないんですけど、A級の最大値が出たそうです」

「ホンマかぁ。うちやと下手すりゃ全員死ぬやつやん」

板東の答えに部下は諦めきれないようだった。

「S級なら諦めつくんですけど、A級ですしかといって誰を連れて行くかってなると微妙なんですよね。
五大ギルドの一つやのに、A級ゲートもクリアできへんのかって言われそうですし

「一般人たちはAはAやと思ってるからな」

「うちが諦めたら、明星の奴らにとられますよ

「うちの縄張りに現れたゲートを町田にやろうっちゅうんか!?」

彼の言葉に板東は顔色を変えた。

「やそうなったら嫌ですねって話ですよ。マスター」

「数字と質を見ても、、うちのA級ハンターは他の大型ギルドの奴らに引きを取らへん。問題はS級が一人もおらんってことや、その差がでかいな

「他のギルドと連合すればいいじゃないですか?」

彼らの会話に後ろから入ってきた人が。

「そんなんうちだけじゃ無理ですって宣言するようなもんやん。絶対に断られるに決まってるわ」

「それならギルドじゃなくて、個人に依頼するのはどうですか?」

彼女はA級ヒーラーの桐嶋。

「A級の中でも上をいくゲートやのに、一人や二人呼んだところでなんの役にも

そこまで言った板東はハッと思い出した。

「頼れそうな人がいるじゃないですか」

「あー水篠ハンターのこと言うてんのか。
他のギルドを頼ったら、なんか言われそうやけど水篠ハンターと手を組めば逆に注目浴びるやろな。しかも危険なレイドを無事クリアできる確率もあがる。
最近水篠ハンター何してんのやろ」

「数日前に道路上に現れたゲートを一つクリアしてからは、何の話も聞こえてきません。いっぺん連絡してみましょうか。マスター」

「や待てよ。こんな大事なこと電話一本で頼めへんやろ。東京行くで」

板東はそう言った。

俺だけレベルアップな件【第116話】のネタバレ

-合流-

旬はギルドの事務所にいた。

「我進ギルドっていうのはどう?」

「わわぁいいですね!ギルド名はそれにしましょう!(ソロプレイじゃなければもうなんでもいい)」

彼が出したギルド名に諸菱は納得した。

他だったら何でもよかったようだが。

「それじゃギルド名は決まったし、あとはもう一人の創立メンバーか」

「向坂ハンターはどうなったんですか?」

「向坂ハンターは却下。求めてるイメージと違う」

(S級で若くて実績もあるし美人なのに向坂ハンターほどの志願者なんて他にいないと思うけど

諸菱はそう思ったが、口にはしなかった。

「えっとそれならどんなイメージの人をお探しですか?」

「ハンターの資格を持っててギルド活動にまったく興味がなく。信頼できる人」

それを聞いて彼は考える。

-コンッコンッ

そのとき、入り口の扉が叩かれた。

「はい(まさかまた向坂ハンターじゃ)」

旬はそう思って出た。

「どうもー!騎士団ギルドのマスター板東修輔と申しますー」

そこにいたのは下手な笑顔をした板東たちだった。

 

部屋に通された彼らは、旬に映像を見せた。

「ゲートの大きさとランクは必ずしも、一致するわけじゃありませんが、アホみたいデカいだけあって、魔力も凄まじいらしいんです」

「S級ですか?」

「ギリギリ測定可能な範囲です。大阪に出現したゲートの中では過去最大ですね」

(大阪か観月さんに案内してもらえそうだ)

旬はそんなことを思っていた。

「ご存じかと思いますが、うちにはS級が一人もおりませんでして、協会がうちには許可を出せへん言うてるんです。
そこでなんですが水篠ハンター、うちが許可を取れるように、うちの攻撃隊に合流していただけませんか?もちろんギャラははずみます」

真っ直ぐと旬をみて板東は言った。

「普通大型ギルドはS級ハンターに10%渡しますが、今回は20%お渡しします」

「半々で」

「はい?」

「俺を個人ではなく、ギルドとして扱っていただけたら協力します。ちょうど我進ギルドって名前で設立しようとしてるとこなんです」

腕を組んで旬は答える。

「それなら46では

「俺は値段交渉がしたいんじゃありません」

彼ははっきりと答えた。

(なんやこいつ若そうやのにやたら強気やな)

「わかりました。その代わりボス級のモンスターは、お任せするってことでいいですか?」

「はい」

旬と板東は立ち上がって握手を交わす。

「ゲートが出現してから、ちょっと時間が経ってしまってて、明日には潜らなあかんのです。うちの車で今から一緒に行きませんか?」

「いえ、今日の夜予定が入ってるので、明日現場でお会いしましょう。遅れずに行くのでご安心ください」

そのとき板東の影が動いたのを部下が見ていた。

「んっ?今なんか影が動いたような

「譲、おまえ酒飲んだんか?」

-ウィーン

(誰だ?)

旬の手に持っていたスマホが鳴った。

「すいません。ちょっと電話に出てきます」

「あっはい」

旬はその場から離れた。

「はい。もしもし」

「旬?」

「母さん?携帯買ったの?」

電話の相手は母親だった。

「うん、一番に旬にかけてみちゃった。
ごめんね。忙しかった?」

「ううん。(母さんか。オレはまた何を期待したんだ)
母さん、せっかくだし今日の夜デートしようよ」

「わかった、楽しみにしてるね!」

 

-美術室-

翌日の大阪港。

ゲートの前にたくさんのハンターが集まっている。

「やっぱ昨日連れてくりゃよかった。遅れるんちゃうやろな?」

板東は時間を見ながら不安そうにする。

「ホンマ頼むってあと五分で潜らなあかんのに

そのころの旬。

(一雨降りそうだ。葵のやつ傘持ってったかな)

空を見上げて心配していた。

(そろそろ行こう

「影の交換」

 

ある高校。

廊下を歩く男子高校生3人。

「これって労働力の搾取じゃね?」

「ホントそれ」

「美術の先生。いつも俺らパシるよな。石膏像何個持ってこいって言ってたっけ?」

「六班に別れるから六個だろ」

彼らは先生に頼みごとをされているようだ。

「ってことは二往復しないといけないじゃん」

「イヤなら気合で二個運べよ」

そして彼らは美術室に足をいれた。

「埃すごっ。掃除してないだろ。ここ」

「うえっ。最近美術室全然使ってないもんな」

「んっ?おい、あれゲートじゃね?」

彼らの前に、隙間から見えるゲートが。

一人が近づいていく。

「ビビんなって。閉じてるゲートなら安全だろ。ハンター以外は中に入れないし、中から何かが出てくる事もない。

ゲートが現れてから一週間経てばヤバいだろうけど」

少し離れたところにいる二人は顔を見合わせる。

「え最近この教室まったく使ってなかったからゲートが現れてから、何日経ったかわかんなくね?」

-バチッ ガッ

ゲートからモンスターの手が出てきた。

「うわぁぁっ」

目の前にいた男子高校生の頭が掴まれた。

「順哉!!」

彼は宙ぶらりんになって、目だけ向きをかえる。

「た助けて!早く!」

-バキッ

「順哉ぁぁ!!」

彼から血が飛び散り、モンスターが顔を出した。

 

スポンサードリンク



俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第116話】感想

なんかヤバそうですね

この高校って葵さんの通っているところですかね

だったら彼女もあぶないですよね。

男子高校・順哉もなんで近づいたんですかね。

他の2人は「いつできたかわからないんじゃ」って言ってたのに

気づいた時点で離れるべきでしたね。

 

旬さんは空間移動で大阪に行ってしまいました。

大きなゲートってことで、時間もかかるかもしれませんよね。

そのなかで東京で高校でゲート開いて、助けられるのでしょうか。

大阪のゲートがどれだけ強いかですね!

 

彼らのギルドに雫さんは入れないようですね

残念です。

母親からの電話で、旬さんは誰からかかってくるのを期待しているのでしょう。

雫さんですかね

 

次回は大阪のゲートか、高校のゲートか。どちらがメインになるのでしょう!