「俺だけレベルアップな件」第107話を読みましたのでネタバレを紹介します。

抽出した王アリは将軍級でしゃべることができた。彼にはベルと名付けた。

女王アリも抽出成功したが、兵士に不向きのため解除した。

そして残っているアリたちを倒すのに、ベルに一人で倒させるように命じた。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

俺だけレベルアップな件【第107話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

俺だけレベルアップな件のあらすじ

旬が王アリを倒してから二日間、本土に上陸したアリとの戦いが繰り広げられた。

その間にアリたちは、中国の領海にも姿をみせていた。

 

中国近海。

「アリどもがまた来たぞ。寝る間もなくもう二日目だ」

「第二次軍団が射程圏に入りました!」

船で指揮をとっている。

「発砲命令を!」

「いいや、待て。英雄が体をほぐされたいそうだ」

そこには一人でアリたちを倒そうと待っている者が。

「来た来た!一匹残さず海に沈めてやる」

男は腰にある長剣を二本引き抜いた。

-ダンッダンッ

引き抜かれた剣から光が伸びる。

「こんな雑魚どもじゃなくて、水篠という男と戦ったアリが生きていればもう少し楽しめたはずなんだが、残念だ」

剣を元の鞘に戻す。

アリたちはぼとぼとと、海に落ちていく。

男はあっという間にアリを倒した。

 

俺だけレベルアップな件【第107話】のネタバレ

-スカベンジャー-

「いかがですか?」

「ミスター右京と水篠の接点は一つ。ミスター右京の兄を水篠が殺した可能性がある。それゆえ復讐したい。そういうことか?」

「どうやらそのようです」

旬とアリの戦いを映像で見ていたスカベンジャーギルド、ギルドマスター トーマス・アンドレ。

「こんな事が起きてしまった以上、水篠に会うのは難しそうだな。会ってみたかったのに残念だ」

「万が一、2人が衝突したらどうされるおつもりですか?」

秘書のような女性・ローラがアンドレに問いかける。

「ローラ、まだ俺を知らないのか?ミスター右京はスカベンジャーの財産だ。そしてスカベンジャーは俺のもの。
俺は俺の財産を狙う者を絶対に許さない。たとえそれがアメリカ政府であってもな」

アンドレは不敵に笑っている。

 

 

架南島レイド三日目の夜。

自衛隊と関西の代表ギルド騎士団が、魔法石の回収と万が一の事態に備えか架南島に上陸した。

「かつてめちゃくそツイてへん男がおった」

「はい?」

板東が急に語り出した。

「その男は頂点を目指してがんばっとった。その男の夢は金メダリストやってん。徹底的に図分を磨き上げ、厳しい減量に、過酷なトレーニングにも耐え抜いた。あとはオリンピックの舞台に立つのみ。あと一歩やった。ドーピングテストも問題なし。前の晩にもいい夢もみた。
コンディションはばっちり、せやのに急に覚醒してもて、魔力測定器が反応し、オリンピックに出られへんかってん!」

涙を出している板東。

「あ、やっぱマスターの話やったんですか?」

「その男は夢を諦めざるをえんかったが、新たな夢に向け走り出した!その夢とは日本一のギルドを作ること!」

「吸い殻捨てんといてください」

「さすがマスター!」

「見てみ。この質のいい魔法石を!これさえあれば俺らが日本一のギルドに!」

「それは横領です!」

魔法石を手にして板東は目が光っていた。

 

-モンスター-

「それにしてもきれいに片付いてますね」

「安心して集まってください。魔力がまったく感じられません」

そのとき隠れているアリがいた。

「おっと一匹隠れとったんか」

-スパッ

板東は一振りでアリを倒した。

「まぁあんま心配せんでええと思います。数匹くらい俺らにだって殺せますし」

あっけらかんとしている板東に、自衛隊はちょっと戸惑っている。

「ママスター!」

「なんやねん」

「えっ!」

「ななんだあんた!?」

彼らの前に一人の男が。

(架南島におるのは、俺らと自衛隊だけのはずやが

板東は男に声をかける。

「何者や!?」

「マスター、あれって人ですか?」

「あっまだ撃たんといてください!あれはモンスターちゃう!」

「ここは立ち入り禁止区域です!指示に従わない場合発砲します!」

一人の男が銃をむける。

……ՁՑՂբբբԱ

男がなにか話した。

(モモンスターの言葉!?)

驚いている板東。

-パチッ ドサッ ガクッ

指パッチンと共に、板東たちギルドと自衛隊は倒れた。

「何をした」

モンスターン言葉を話した男が、後ろにいる男に聞く。

「騒がれると耳が痛い。しばし眠らせておくだけだ。確認できたか?」

「あいつの力に間違いない」

「妙な話だ。あの者が人間を助けるとは理解できない」

「あいつの奇行は今にはじまったことではない。気になるのなら会って聞けばいいだろう。虫が腐り悪臭を放っている。
あの女が見れば騒ぎ立てるぞ」

「狩りは予定通り開始する。変更事項はない」

「わかった」

-パァーッ

後ろにいた男がモンスターの扉を開く。

「一人はここにきているようだが」

「日本に?」

「来たついでにそいつ片付けるのはどうだ?」

「この辺りはあの者に任せよう」

男はそのまま背を向けた。

「関わりたくないということか?」

「そう解釈することもできるだろう。好きなように捉えるがいい」

そう言って男はモンスターの扉に入って消えた。

「臆病者

残った男はそのまま眠っている板東を見ている。

「まああえて面倒なことをする必要はない」

-シャッ スーッ

男は腕を下ろしただけで、扉になっているようでそのまま消えていった。

 

スポンサードリンク



俺だけレベルアップな件の最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

俺だけレベルアップな件はピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

俺だけレベルアップな件【第107話】感想

ベルだけで倒しきれていないのですね。

3日目にしてまだ、本土にまで来ているのですから。

ハンターたちも大変ですね

 

急に現れた男たちのモンスターは何でしょう?

誰かを探しているようでしたが、誰を探しているのでしょうね。

そして騎士団のハンターたちを眠らせたのでしょう。

旬さんの力と関係でもありそうな気がしますね。

 

次に何が起きるのでしょう。

旬さんはどこにいるのでしょう。