ワンピースの第967話のあらすじ・ネタバレをご紹介します!

202014日発売の週刊少年ジャンプ6・7合併号、最新話!

ワンピース【967話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回のワンピース【966話】のネタバレはこちら!

>>ワンピースのネタバレ一覧はこちら!<<
>>ワンピースの単行本を無料で読む方法!<<

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

無料で週刊少年ジャンプを読むことは現状では難しいですが、単行本なら無料で読むことが可能ですよ。

\ワンピースの単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

映画「ワンピース フィルムゴールド」が見放題!
U-NEXTなら映画ワンピースシリーズも配信中で人気のフィルムゴールドは見放題!
31日間の無料期間で何度でも視聴可能です

\ワンピースのアニメ・映画も配信!/

 

ワンピース前回のあらすじ

とある島で、白ひげ海賊団とロジャー海賊団が激突!

光月おでんは初めてロジャーと対戦。

攻撃を交わすことなく拭き飛ばされてしまう。

大海賊同士のぶつかり合いは3日3晩続いた。

戦い合いながらも、最終的には意気投合。

奪い合いの戦いのはずがプレゼント交換状態となる。

白ひげ・ロジャー・おでんは3人で酒を飲み交わす。

ロジャーは最後の島に行くため、ポーネグリフが読める光月おでんをどうしても連れて行きたい。

白ひげは反対したが、おでんはさらなる冒険に旅立つため、1年限定でロジャー海賊団の一員となった。

ロジャー海賊団となってからも、おでんにとっては驚きの連続だった。

初めて上陸した空島。

ポセイドン情報が書かれたポーネグリフとご対面。

おでんは字を彫ることもできるので、ロジャーはポーネグリフにメッセージを刻んでもらった。

『我ここに至り、この本文を最果てに導く』と。

ワンピース【第967話】の考察・予想(本ネタバレはこの後)

ワンピース【第967話】のネタバレ考察・予想

ロジャーが技をくり出すシーンが初めて描かれた966話。

重要な情報が密集していましたね。

 

・空島で文字が刻まれた経緯

・おでんが絶句したロジャーの野望

・黒ひげティーチの驚くべき体質

 

とくに、空島にあるポーネグリフに刻まれた文字は衝撃的でした。

そこで今回は!

966話で明かされた情報を深く掘り下げつつ、これからの展開を考察していきたいと思います!

 

空島で刻まれた文字の真相

966話の最後に登場した黄金の大鐘楼

やはり、ロジャー海賊団は空島に訪れていたようです。

この展開は、ずっとワンピースを愛読してきた読者からすると、たまらない展開だったのではないでしょうか?

 

「黄金の大鐘楼」が初めて登場したのは301

単行本ですと32になります。

麦わらの一味がエネルを倒して、スカイピアに平和が訪れたあとでした。

 

『歴史の本文(ポーネグリフ)』を読めるのは、現在はロビンだけ。

「黄金の大鐘楼」の前にあったポーネグリフを発見したロビンは、さっそく解読。

古代兵器ポセイドンについて刻まれていると気づきます。

ただ、ロビンは考古学者として歴史が知りたいだけなので、古代兵器には興味がありません。301話でも、ポセイドンについて説明されることはありませんでした。

 

検討外れでガッカリするロビン。

でも、ポーネグリフの近くに、新しく刻まれた文字があることに気がつきます。

それこそが、966話で登場したロジャーの言葉。

 

我ここに至り

 この文を最果てへと導く

 海賊 ゴール・D・ロジャー

 

すごくないですか!?

50巻以上も前の伏線が今回収されているんですよ!

 

当時のロビンは驚いていましたね~

ロジャーは読めるだけでなく、文字まで刻めるのだと。

でも、文字を刻んだ犯人は光月おでんでした!

 

それも、時系列からしてラフテルに行く前の話です。

明らかにロジャーがノリで彫らせただけ!

あまりにもロジャーが意味深なことを刻んでいるので、ロビンはラフテルに行けば答えがあると考えました。

要するに、世界政府が隠す“空白の100年”について書かれた『真の歴史の本文(リオ・ポーネグリフ)はラフテルにあると思ったのです。

 

ロジャーは最後の島、ラフテルに行く気満々なので間違ってはいないのですが・・・

やっぱりお茶目すぎる!

 

ロジャーの野望とは?

ロジャーはポーネグリフの在処を感じることはできても、読むことはできません。

なので、ポーネグリフが読めるおでんは必須!

どうにか口説き落として、光月おでんに1年だけ同行してもらうことになりました。

 

ロジャーはすでに、ラフテルの場所を示す4つの赤い石(ロード・ポーネグリフ)の文章を書き写しており、あとは解読するだけの状態。

どのような経緯で行けるのかは明らかにされていませんが、ロジャー海賊団がラフテルに行くのは時間の問題です。

ロード・ポーネグリフの写しを持っていたぐらいですらね。

ロビンが知りたい“失われた100年”に関しても、知っている可能性は大きいでしょう。

 

問題なのは、966話で白ひげとおでんに語った夢。

最後の島に辿り着ければ、間違いなくロジャー海賊団は世界一!

ロジャーには、世界一の海賊団になったらどうしても叶えたい野望があるようです。

 

ところが、肝心なところが966話で語られていない!

白ひげは「ガキでもあるめェし」と大笑い。

おでんは度肝を抜かれて絶句していました。

破天荒なおでんが絶句するレベルですよ!?

ロジャーがとんでもないことを考えているのは間違いありません!

 

予想としては、“失われた100年”の歴史を世界に公開するとか!?

やはり、それだと面白くないですよね・・・

であれば、やっぱりワンピースですか!?

ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)が関係しているのでしょうか?

 

私のような凡人ではなかなか想像しにくいですが、本編の核心に迫る野望なのでしょう。

今後のロジャーの発言に注目してきたいと思います!

 

ティーチの異常体質

ワノ国過去編でもう一つ注目しておきたいのが、黒ひげティーチです。

身なし子としてアテもなかったらしく、白ひげ海賊団の仲間に入れてもらえました。

 

皆さんもご存知の通り、ティーチはのちに世界を震撼させる黒ひげ海賊団へと成長します。

白ひげ海賊団に近づいたのも、珍しい悪魔の実を手に入れるため。

大海賊に仲間入りすれば、自分で探すより効率が良いでしょうからね。

 

ティーチは、自分が欲しい悪魔の実に出会えるまで仲間を装います。

そして、ついに出会った『ヤミヤミの実』

この悪魔の実は、相手の能力を奪うことが可能です。

ティーチは手に入れようとしますが、白ひげ海賊団第2番隊長が先に欲しいと志願。

でも、ティーチもどうしても欲しい!

2番隊長を殺して逃走してしまうのです。

 

逃走したティーチを追いかけたのがエースでした。

頂上戦争にて、エースと白ひげが命を落とすという悲しい事態となります。

白ひげが亡くなったので、白ひげが食べた悪魔の実『グラグラの実』が出現。

黒ひげは『グラグラの実』すら食べてしまうのです。

 

本来は、悪魔の実を2つ食べるのはご法度!

食べた者は体が破裂。

命を落とすと言われています。

ところがどっこい!

ティーチは、悪魔の実を2つ食べても生きていました。

 

実は、ティーチは心臓が2つあると判明!

だから悪魔の実を2つ食べても平気。

能力を2つ手に入れてしまったのです!

 

966話では、白ひげ海賊団とロジャー海賊団が衝突。

33晩戦ったのに、ティーチは一睡もしていないと明らかにされています。

むしろ、バギーとシャンクスの話では、今まで眠ったことがないらしいですね。

 

普通の人とは思えない異常体質。

眠る必要もなければ、現在は能力が2つある状態・・・

恐ろしい!

そりゃあ最恐海賊団にもなりますよ!

 

黒ひげティーチの目的は詳しく明らかにされてはいません。

ラフテルを目指してはいるのでしょうが、ほかの海賊団に比べて非道で容赦がないですからね~

自分にとって邪魔な存在は消しておきたいだけなのでしょう。

 

今の展開ですと、ロジャー海賊団はもちろんのこと、おでん一家にネコマムシとイヌアラシもラフテルに行ったことになります。

ラフテルに行けば“失われた100年”の全貌も分かるはず。

だからシャンクスは、世界政府と対等に渡り合えているのかもしれませんね。

となると、バギーが残念な気がするな~

やっぱり賢さの違いなのかな!?

 

967話では、いよいよロジャー海賊団がラフテルへ辿り着くはず。

おでんは一体なにを見たのか!?

ワノ国へ帰還したおでんを待ち受けるものとは!?

ロジャーのあとはカイドウが登場しそうな予感です!

ワンピース【第967話】の確定ネタバレ

トムさんと再会

空島を冒険したロジャー海賊団。

ガン・フォールの助けによって、下の海へ戻る事ができた。

目指すは「造船の町」である。

 

向かう道中。

ロジャーは驚いた。

 

「あるのか!?

 お前らの国に!あの石が!」

 

なんと、ワノ国とイヌアラシとネコマムシの生まれ故郷に赤い石(ロード・ポーネグリフ)があると言うのだ。

ロジャーの元には、リンリン(ビッグマム)から奪った1枚がある。

それに、もう一つ心当たりがあるらしい。

 

上手くいけば4つの赤い石が揃う。

あとは、赤い石が示す場所へ行けば、ロジャーが目指す最後の島へ行けるはずだ。

 

ロジャー海賊団は、水の都ウォーターセブン「廃船島」に到着。

久しぶりに船大工トムと再会。

ロジャーとトムは笑って挨拶。

シャンクスとバギーはトムにしがみつく。

ロジャーは、トムに列車はできたのか尋ねるが、そんな簡単にできるものではない。

まだまだ設計中のようだ。

 

トムといえば、ロジャーの船を作った男として有名だ。

近くには弟子らしき者もいる。

幼い頃のアイスバーグ。

若かりし頃のココロさん。

そして・・・

 

小さい頃のフランキーだ。

今の体格からは想像できない、とても可愛らしい顔をしている。ただ、当時からパンツ一丁スタイルを貫いていたようだ。

 

おでんは、フランキーが身なし子だと知って仲間にならないかと誘う。

しかし、フランキーは海賊に捨てられたばかり。「海賊ならごめんだ」とプンスカして仕事を続けた。笑うおでん。

 

ロジャー海賊団としての旅は続く。

世界政府主導で作っている橋を見て、あまりの大きさにおでんは驚いていた。

 

シャーリーの予言

次に目指すは魚人島

おでんは、白ひげ海賊団の時に来たことがあるので初めてではない。

 

水の中を進んでいると、ロジャーは誰か話している声が聞こえた。

レイリーからすると静かな深海。

声など聞こえない。

だが、おでんには聞こえたようだ。

 

「何をしにきた、地上の者!」

 

そこへ、駆け付けたのはネプチューン

ロジャーは元気よく挨拶。

すると、ネプチューンは眉間にシワを寄せて言った。

 

「ロジャー!?

 成程わかったぞ!!

 お前らがやるのか!?」

 

言っておくが、ロジャーは悪さしに魚人島へ来たのではない。

しかし、ネプチューンは“ある予言”を心配して門の周囲を警戒していたのだ。

 

予言とは魚人島の門が何者かに壊されるというもの。そこへロジャー海賊団が来たとなれば、怪しむのも当然だろう。

ネプチューンがロジャーに事情を説明していると、背後から大きな音が!

 

海王類に門を噛み砕かれたようだ。おかげで外のシャボンに穴が開いてしまう。

予言は当たった。これでロジャー海賊団が疑われることはないだろう。

 

しかし、いつもは大人しい海王類が暴れるなど珍しい。

暴れる理由を予言少女シャーリー(当時3)に占ってもらった。

シャーリーは水晶玉に手をあてて言う。

 

「かい王るいがあばれるのは

 にんぎょひめが生まれるのを

 待っているからよ」

 

新しい予知だ。

国王に子供が生まれるというのだろうか?

周囲の部下は盛り上がる。

でも、ネプチューンは数か月前に王へ即位したばかり。そもそも結婚をしていない。

 

だが、シャーリーは先代国王の死期すら当てた。

先日の人魚オトヒメ率いる政治デモも見事的中させている。

シャーリーの的中率を、部下は心から信用している。おかげで、最近は国中がシャーリーの予言に振り回されていた。

 

なにより、ロジャー海賊団は、ネプチューンの身の上話を聞きに来たわけではない。

目的はロード・ポーネグリフ

さっそく、おでんに読んでもらう。

 

2つ石が並んでいるが、赤い石の隣にある石は重要な内容ではない。

おでんの解読によると、ジョイボーイからの謝罪文だそうだ。

ネプチューンは、おでんが文字を読めることに感心する。

 

それよりも、ロジャーが気になったのは古代兵器。空島の石に書かれていることが本当ならば、魚人島に海王類を動かす“兵器”があるはず。

 

ロジャーが話す“兵器”に、ネプチューンは驚く。なぜなら、シャーリーも似たような予言をしていたからだ。

この国には数百年に一度、海王類たちと対話できる“魚人”が生まれると言う。

シャーリーの予言が全て本当ならば、ネプチューンの娘がいつか世界を滅ぼす“兵器”となってしまう。

 

でも、これはあくまで予言。

たとえ特殊な能力を持った魚人が生まれたとしても、力の使い方は本人次第。

兵器になるとは限らない。

まさか、古代兵器「ポセイドン」が人魚だったとは・・・おでんは驚いていた。

 

シャーリーの予言では、兵器になると思われる“人魚姫”が生まれるのは10年後。

ロジャーは予言に興味があるのではない。

欲しいのは、「兵器」を名づけた奴らが残した莫大なお宝。

ネプチューンのモジャモジャした娘に興味があるわけではない。

「モジャモジャせんわ!」とネプチューンは怒っていた。

 

帰ってきたワノ国

魚人島に寄ったあとも、冒険して歌って騒いで、ロジャー海賊団の旅は続く。

 

ところが、ワノ国近海についた頃。

トキが突然倒れてしまう。

彼女の本来の目的地はワノ国。

やっと辿り着けることから、緊張の糸が切れてしまったのだろう。

トキは苦しそうにベッドへと横たわる。

心配そうに駆け寄るおでん。

モモの助と日和は泣いている。

 

船医クロッカスの診察では、このまま旅を続けるのは危険。ワノ国へ残るべきだと判断した。

錦えもん達はトキを知らない。

ならば、一緒に旅をしてきたイヌアラシとネコマムシは側にいるべきだ。

トキと一緒にワノ国に残ると決める。

さすがのおでんも、最愛の妻と子供達をワノ国へ残すわけにもいかない。

おでんもワノ国へ降りようとするが、トキは体調が悪いのに関わらず叫んだ。

 

「行って!おでんさん!

 こんな事で止まる様なあなたなら

 私は・・・

 離縁を申し込みます!!」

 

おでんを理解しているからこその発言。

トキはおでんに旅を続けて欲しかったのだ。

しかし、ワノ国自体はそれどころではなかった。

家臣である錦えもん達は一列に並び、おでんを呼び止める。

トキが錦えもん達を説得しようと試みる。すると、トキが言い切る前に、おでんは後ろを振り返らず言った。

 

「おれは・・・

 もうしばらく出かけるぞ!」

 

家臣が全てを語らなくても、ワノ国が豹変していることはおでんも分かっていた。

でも、ここで戻ってしまったら・・・

きっと二度と海へは戻れない。

 

「ろくでなし~!!」と叫ぶ錦えもん。

こうして、ロジャー海賊団はワノ国にあるポーネグリフを写し取り、すぐに出航。

4年ぶりにワノ国へ戻って来たのにも関わらず、おでんにとっては、わずか数時間の帰郷となった。

 

とんだ笑い話

ロジャー海賊団は、ビブルカードを使って動く幻の島「ゾウ」を目指す。

到着後、イヌアラシとネコマムシが書いた手紙をモコモ公国のひつギスカン公爵へと渡す。

 

外の世界を夢見て、幼い頃に旅立ったきり戻ってこなかったイヌアラシとネコマムシ。

2人が元気なことに、ひつギスカン公爵は涙を流して喜んだ。

ミンク族はロジャー海賊団を大歓迎!

ガルチューの洗礼を受ける。

 

無事「ゾウ」に上陸できたロジャー海賊団。ところが、おでんはずっと心が落ち着かずにいた。でも、おでんだけではない。

ロジャーもずっと誰かに見られているような、変な胸騒ぎがしていたのだ。

 

ミンク族の協力によって、やっと辿り着けた最後のポーネグリフ。

ロジャーは大喜び。

おでんは、壁に描かれた光月の家紋に驚く。

ミンク族と光月家が兄弟分というのは、本当だったようだ。

 

おでんがポーネグリフを読んだあと、目的を終えて立ち去ろうとするロジャー達。

そこへ、ミンク族の子供が近づいてきた。

 

「なー頼むよ!!

 おれも連れてってくれ!」

 

ロジャーへ連れて行くように頼んでいた子供こそ、戦士を夢見るペドロだった。

ロジャーはペドロの頭をポンとさわり、人には必ず出番があるからこそ、今は「待機」だと笑顔で応える。

ペドロは興奮して言った。

 

「おれの出番!?

 その時がきたら助けてくれよ!」

 

ロジャーは「必ず助ける」と約束した。

こうして、ロジャー海賊団はいくつかの『リオ・ポーネグリフ』4つの『ロード・ポーネグリフ』が揃う。

あとは、最後の島を目指すのみ。

 

ところが、ロジャーの病は確実に体を蝕んでいく。少しずつ咳き込む頻度が増えていった。

だからこそ、旅をやめるわけにはいかない。ロジャーは、最後の島を目指してすぐに出航する。

 

本当であれば、全員で島を目指したい。

しかし、運がいいのか悪いのか、バギーが突然高熱を出してしまう。

クロッカスの判断で、バギーは最後の島への航海を断念。

看病を買って出たのはシャンクス。

 

「行くんだったら

 おれ達はいつか自分の船で行くよ」

 

笑顔で引き受けるシャンクス。

いつもはケンカばかりの2人。

仲がいいのか悪いのか・・・

おでんはロジャー達と先を急ぐ。

 

そして、ついに!!

ロジャーは前人未到の世界一周を達成。

新聞によって瞬く間に情報は広がり、ロジャーは「海賊王」として名を轟かせた。

 

おでんは当時の記憶を、航海日誌で次のようにつづっている。

 

『世界の全てを知った

 

 空白の100年とは

 Dの一族とは

 古代兵器とは

 ワノ国はかつて世界と接していたのだ

 

 本当にあった莫大な宝を目の前に

 ロジャーはあの時・・・

 

 笑ってた

 

おでんの言う通り、ロジャーは大笑いしていた。その場にいる全員が、腹を抱えて涙が出るほど笑っていた。

ロジャーは、ジョイボーイと一緒に同じ時代に生まれたかったことだろう。

とんでもない宝。

とんだ笑い話だ。

 

だから、ロジャーは800年も誰も辿り着けなかった島をこう名付けた。

 

『ラフテル(Laugh Tale)』と。

 

>>ワンピースのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



ワンピースの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ワンピースの最新刊(単行本)は下記の3つサービスで無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

期間限定で1巻無料などのキャンペーンもあるのでお見逃しなく!

さらに!TVアニメ・映画も見放題で配信中!

なんと見放題としてワンピース作品が51作品も見放題なのです!

最新映画などもポイントで配信しており、無料でもらえる600Pを使えば無料視聴が可能なので、漫画かアニメか選んで使いましょう!

また、週刊少年ジャンプを読みたい方は公式サービスの「ジャンプ+」がおすすめです。こちらは定期購読で980円とお得になっており、毎週月曜午前5時から配信となっております!

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「ワンピース」を今すぐ無料で読む!

ワンピース【第967話】の感想

懐かしい顔ぶればかり。

そのあとの経緯を知っているだけに、ペドロとロジャーの会話はグッと込み上げてくるものがありましたね。

ラフテルは英語で「笑い話」という意味だと言われています。

死ぬ間際になっても、旅をやめずに夢を追い続けたロジャー。

旅の最後が爆笑だなんて。

なんて最高の人生でしょうか。

白ひげとおでんに語ったロジャーの夢は、ちゃんと実現できたのでしょうか。

読者がずっと気になっていた謎の答えは、全てラフテルにあるようです。

続きがとても気になりますが、今回も合併号でしたので次回発売は120日!

次こそはワノ国へ話が戻りそうです!