ワンピースの第949話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年7月22日発売の週刊少年ジャンプ33号、最新話!

ワンピース【949話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

>>ワンピースのネタバレ一覧はこちら!<<
>>ワンピースの単行本を無料で読む方法!<<

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

無料で週刊少年ジャンプを読むことは現状では難しいですが、単行本なら無料で読むことが可能ですよ。

\ワンピースの単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

ワンピース前回のあらすじ

ワノ国「兎丼」で暴れ回っていた侍3人。

明かされた正体は、13年間刑罰に耐え続けた光月家家臣の横綱河松。

そして、赤鞘九人男の”霧の雷ぞう”と”残雪の菊ノ丞”だった。

ルフィとチョッパー、ヒョウ五郎親分も加わり反撃が始まる!

ワンピース【第949話】のネタバレ

暴れまわるルフィたち。

看守は必死に押さえつけようとする。

 

ダイフゴーが”疫災(エキサイト)弾”を撃ちまくるが、ルフィたちには当たらない。

「やめろ!どこを狙ってんだ!」

苛立つルフィ。

避けれなかった他の囚人に疫災弾が当たる。

 

ウイルスを使った攻撃にチョッパーも腹を立てた。

ルフィとチョッパーはすかさず攻撃!

「ヘビースタンプ!!」

看守たちを圧倒!

 

ヒョウ五郎やお菊、河松や雷ぞうも負けてはいない。

次々と攻撃をくり出し、雷ぞうが看守から鍵を奪った。

 

すぐに近くにいたキッドに投げ渡す。

「使え、ルフィ殿の友人!どれか当たるはず!!」

険しい表情で、じっと戦場を見つめるキッド。

近くには、倒れたキラーが笑っていた。

 

囚人ばかり狙うダイフゴー。

疫災弾が囚人にあたると、体にドクロマークが出現。

燃えるような高熱に襲われ、あまりの苦しさにのたうち回った。

 

実は、この疫災弾

クイーンが作った銃弾の中でも傑作の1つ。

奇病『ミイラ』だったのだ!

撃たれた箇所から高熱が広がり、焼けるような高熱と痛みに襲われ血液を吹き出す。

さらに、感染した者がのたうち回る事によって、触れるだけで人へ伝染する。

感染しただけで『人間兵器』となってしまったのだ。

 

「お前達も行け!反逆者になりたいか!?」

感染者のみならず、近くの囚人にも呼び掛けるババヌキ。

囚人たちは指示されるがまま、ルフィたちを円を描くように囲む。

結局、兎丼にいる者は全員敵となってしまった。

 

感染した奇病に苦しみながらも、囚人達はここから出て行くように促す。

囚人と言えど、ここにいる者は元は侍。

死んだと思っていた赤鞘の侍達が生きていたと分かっても、カイドウに勝てるとは思えない。

周囲には、たった一つの平気で奇病に感染して苦しむ囚人達の姿。

地獄絵図のような光景に絶望しかなかった。

ワノ国は20年間何も変わっていない。

囚人となった侍の心は、カイドウによって完全にへし折られていたのだ。

 

話を聞いて、ムカッと腹を立てたルフィ。

なんと感染した囚人の顔を掴んだ。

お菊は止めるが、ルフィは手を離さない。

触った手から病魔に侵されていく。

だが、ルフィの驚くべき行動はこれだけではなかった!

 

「止まれお前ら!!」

手を伸ばし、なんと感染した囚人全員を捕まえた。

驚く周囲。

ルフィの顔は変色し、鼻から血が流れる。

だが、ルフィは全く動じなかった。

「何が絶望的な力だ・・・こんなもん、全然効かねぇ!」

 

ルフィの知っている侍とは、本来は強いもの。

でも、目の前にいる囚人は心が折れて、ただの言いなり。

 

「目ェ覚ませ!お前らただの奴隷だ!!」

そう言うと、ルフィは捕まえた囚人を投げ飛ばす。

ルフィの言葉に、周囲の囚人達は心震えた。

 

激しい戦闘中。

倒壊した壁に隠れて顔を出したのは、お玉と龍の姿になったモモの助。

心配そうに見つめている。

 

ルフィは囚人を投げ飛ばしたあと、自分の思いを語り出す。

それは、お玉との約束だった。

 

お玉を助けてあげた時、お礼としてメシをもらったルフィ。

ワノ国では、ちゃんとした食事はおろか、水すらまともに飲める国ではない。

そんな状況で、お玉は自分の誕生日にもらった飯をルフィにくれた。

 

だからこそ、ある思いが生まれていたのだ。

「ここを!腹いっぱいメシの食える国にしてやるって」

 

20年前、おでんがカイドウに殺された日。

ワノ国の時間は止まった。

でも、このままでは地獄が続くだけ。

 

ルフィは叫ぶ。

 

「おれ達はカイドウに勝ちに来たんだ!!」

 

だからこそ、本来であれば味方の囚人に邪魔されるべきではない。

カイドウにつくのか、自分たちにつくのか・・・

ルフィは囚人に選択を迫った。

 

話を聞いていた囚人たち。

涙をボロボロ流し、膝から崩れ落ちて言った。

「本気か・・・まだチャンスをくれるのか?」

 

心が揺れている事に気付いたババヌキ。

大パニックにさせて状況を逆転しようと、疫災弾200発分のウイルスが飛び散る”疫災散弾(エキサイトショット)”を準備する。

異変に気付いた河松。

何か撃つ気だと周囲に伝えようとするが・・・

 

ルフィはすでにババヌキの目の前へ移動。

ゾウの鼻をきゅっと縛ってしまった。

発射できなかった弾は体内で大爆発!

 

「パギャー!!」

ババヌキ看守長は自滅し、その場に倒れた。

ルフィはカタクリと闘ってから、少し先の未来が見える見聞色をちょっとだけ使えるようになっている。

そのため、ババヌキの行動を見抜いて先に行動していたのだ。

感心する河松。

 

奇病に侵されてフラフラのルフィ。

「あと頼む」

そう言って指さしたのは、後ろにいたダイフゴー。

囚人達は腕をならしながら、じりじりと近づく。

ルフィの言葉で、囚人達は反逆する事を決めたのだ。

 

ヒョウ五郎親分は思わず心躍る。

「見事だ、麦わらの人!とんでもねぇ助太刀を連れて来たな、錦えもん!」

 

決戦、8日前。

ルフィの活躍によって「兎丼」制圧!

 

▽次回のワンピース【第950話】のネタバレはこちら▽

漫画|ワンピース【第950話】のネタバレ・感想!侍の心を1つにまとめたモモの助!

スポンサードリンク



ワンピースの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ワンピースの最新刊(単行本)は下記の3つサービスで無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

期間限定で1巻無料などのキャンペーンもあるのでお見逃しなく!

また、週刊少年ジャンプを読みたい方は公式サービスの「ジャンプ+」がおすすめです。こちらは定期購読で980円とお得になっており、毎週月曜午前5時から配信となっております!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「ワンピース」を今すぐ無料で読む!

ワンピース【第949話】考察

【キッドが仲間へ】

今回の話でも、キッドが少しだけ登場しましたね。

隣には、カイドウの部下となってしまったキラーがいました。本来であればキッドの仲間です。

理由は明らかにされていませんが、囚人として捕まっている間に何かされたのは間違いありません。

おそらく、キラーを元に戻すためにも、キッドはルフィ達の仲間になるのではないでしょうか。

仲間にならなくても、この場だけはキラーを助けるために協力する形になると思います。

【ホーキンスVSロー】

ルフィを侵している奇病は、チョッパーが治してくれるとして・・・

兎丼の制圧に成功したので、次回は違う話が進むはずです。

今気になっているのは、ローに立ちはだかるホーキンスとの戦いです。

仲間を人質にとられた上に、康イエの作戦が白紙に戻ったのも、ローの仲間が裏切ってしゃべったと疑われてしまいました。

そのため、仲間を疑う奴とは一緒にいれないと、ローは一人で立ち向かっている状態です。

ホーキンスといえば、髪の毛一本でもあれば、ワラ人形を使って分身を作る事ができる「ワラワラの実」の能力者です。

分身と言っても、ワラ人形が傷つけば、髪の毛一本とられた相手が傷ついてしまいます。

仲間の命がかかっているため、ローはむやみに攻撃する事ができません。

でも、ローは「オペオペの実」の能力者です。

ワラ人形を上手く分解して、仲間を上手く助ける事ができるのではないでしょうか。

ワンピース【第949話】感想

今回のルフィは、とてもかっこよかったですね!

絶望的な状況でも、奇病に感染しようとも、囚人を見捨てる事はしませんでした。

だからこそ、カイドウにへし折られたプライドを取り戻せたのでしょう。

ルフィは、1度した約束は必ず守る男です。

お玉に腹いっぱいのメシを食わせるためにも、ワノ国を大きく変えていくはずです。

20年間絶望に満ちていたワノ国に現れた大きな希望。

次回もルフィの活躍が楽しみです!