2020年9月3日発売のヤングジャンプ40号で、キングダムの第652話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年9月3日に発売されたヤングジャンプ40号に掲載!

キングダム最新話!第652話のネタバレと感想!

▷前回のキングダム【651話】のネタバレはこちら!

>>キングダムのネタバレ一覧まとめ<<
>>キングダムの単行本を無料で読む方法<<

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\キングダムの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のキングダム【第651話】のあらすじ

単軍だけで什虎軍に挑む蒙武軍。

そこへ、援軍として騰軍が参戦。

録嗚未と合わせても兵数は2万

まだ、秦軍の兵数の方が圧倒的に少ない状態だった。

さらに、追いうちをかけるように、媧燐が送り込んだ項翼までもが参戦。

楚軍の兵が3万増えてしまう。

絶望的な状況に、軍師の蒙毅は焦っていたのだった。

キングダム【第652話】の確定ネタバレ

狙われる録嗚未軍

敵の援軍登場に唖然とする蒙毅。

敵の兵数は3万。

 

邪魔が入って迷惑そうな千斗雲。

満羽は興味なし。

蒙武は敵を警戒。

騰はすぐに全軍停止。

項翼と白麗の動きを見ていた。

 

やはり、項翼軍は楚王都・郢にいる媧燐が送り込んだ援軍。力でねじ伏せてこいと言われて来たようだ。

 ただ、騰軍の兵数は2万程度。

数は少ない。

そして、なにより騰は、楚国の武将・臨武君を討った人物でもある。

 

「蒙武の前に

 てめェの首をすっ飛ばしてやる!」

 

項翼は気合いが入っていた。

まずは、弓大隊を展開。

手前にいる録嗚未を討とうと考えていたのである。

 

ちなみに、項翼軍と白麗軍がいる場所は、千斗雲軍の近く。

戦争を楽しみにしていた千斗雲からすると、援軍は邪魔でしかない。

先に蒙武を殺しに行くか、邪魔しに来た友軍を殺そうか悩んでいるほどだった。

 

そして、千斗雲軍と対峙していたのは録嗚未軍だ。兵数は1万しかいない。

騰は「このままでは録嗚未が死ぬ、すぐに」と無表情で心配していた。

 

秦軍が全滅!?

白麗の指示の元、遠弓隊が整列。

遠くにいる録嗚未軍に対して矢を放つ。

本来であれば、これだけの長距離では矢が届かないはず。

しかし、録嗚未軍に大量の矢が頭上から降り注いでいく。

さらに、矢に気をとられていた隙に、項翼率いる敵騎馬隊が近づいていた。

 

どう考えても勝てる数ではない。

録嗚未は「全軍反転」を指示。

一度戦場から離脱することを決めた。

 

楚軍側に援軍が来た以上、秦軍が勝てる見込みはないと言っていい。

録嗚未の判断は正しいといえる。

軍師の蒙毅もすぐに、全軍退却の指示をだした。

このまま戦えば全滅してしまう。

まずは蒙武を前線から外に出さなくてはいけない。

蒙武軍本陣は退却の鐘を鳴らす。

 

鐘の音を聞いて、騰は敵右翼の攻撃を中止。敵中央軍に攻め込んでいる蒙武の脱出を助けようと走り出す。

しかし、簡単にはいかない。

動き出したのは楚右翼。

玄右軍だった。

そもそも騰の相手は玄右。

騰を自由にさせる気はない。

 

蒙武も敵に囲まれすぎたのだろう。

鐘が鳴っているにも関わらず、蒙武軍が退却する気配がない。

 

蒙毅は焦っていた。

騰軍の動きも封じられた。

蒙武軍も退却できない。

このままでは秦軍全体がもたない。

一刻もせずに全滅してしまうのでは?

 

対して、楚軍軍師・寿胡王は余裕だ。

お茶を注ぎながらぼやいていた。

什虎軍は一割ほどしか力を出していない。

でも、勝ってしまうような状態。

なぜ、各国が什虎に手出しできないのか、秦軍にも教えたかったようだか、それすらできないといえる。

寿胡王は物足りなかったようだ。

 

魏軍からの返事

寿胡王が完全勝利を確信していた頃、再び大きな音が聞こえて来た。

楚軍と秦軍、どちらも音に警戒して攻撃の手を止めた。

 

近づいて来たのは大量の兵士。

なびく旗は「魏」には文字。

そう、魏軍がやってきたのだ。

先頭を率いるのは呉鳳明。

かなりの大軍だ。

 

蒙毅は開いた口が塞がらない。

騰は「来たか、やはり」とつぶやく。

驚いていたのは楚軍も同じ。

慌てて右へ反転。

退却し始める。

 

やっと面白くなってきたのだろう。

寿胡王は気持ち悪い笑顔をしながら、興奮していた。

千斗雲も同じく、頬を赤くしながら秦と魏の同時攻めに興奮している。

 

蒙武軍本陣は、魏軍登場にガッツポーズ。

形勢逆転も狙えると息巻いていた。

しかし、蒙毅からすると、本当に援軍として来てくれたのか分からない。

正式な言葉も受けていない。

本当の友軍なのか、急いで使者を送り確認する必要があった。

 

ところが、すでに魏軍のほうから使者が来ていたのである。

現れたのは、呉鳳明の側近。

将軍・荀詠(じゅんえい)だ。

呉鳳明の言葉を伝えに来たらしい。

 

まずは、荀詠が挨拶。

蒙毅も動揺しながら慌てて挨拶。

そして、荀詠は「フッ」と笑うと、呉鳳明からの言葉を伝えた。

 

秦軍・魏軍で共闘し

 楚軍を討ち倒す

 単純な挟撃でそちらに合わせてやる故

 自由に戦え、とのことだ」

 

秦軍からすれば、願ってもない言葉。

蒙毅は信じられなかった。

だからこそ、荀詠が去る前に、再度同盟を受け入れたのか尋ねる。

すると、三年だけだぞと荀詠が微笑んだのである。

衝撃を受ける蒙毅。

 

呉鳳明からすると、非常に不本意な同盟だが、やはり魏からしても「什虎城」は魅力的だったのだろう。

秦軍と共闘し、楚軍をすりつぶすことを決めたのだった。

 

>>キングダムのネタバレ一覧!

スポンサードリンク



キングダムの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

キングダムの最新刊(単行本)や最新話が連載されているヤングジャンプは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orヤングジャンプ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orヤングジャンプ1冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

キングダムのアニメも見放題で配信中でした!

さらに、実写版キングダムも2019年10月23日より配信が決定しています。こちらは770円でレンタルとなりますのでご注意ください。

DVDレンタルよりも早い先行配信となります!

U-NEXTでは継続時に月額2189円がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料でキングダムを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

映画キングダムもU-NEXTで配信

U-NEXTでは実写映画のキングダムも配信しており、こちらは550円で視聴可能となっております。

無料でもらえる600Pを電子書籍に使わなければ、実写映画「キングダム」も無料視聴することが可能です!

漫画やアニメの実写化は基本的には評判があまり良くないことが多いのですが、今回のキングダムの映画はかなり評判も高かったですね。

キングダムを見たことがない人でも楽しめる内容になっていたそうです!

キングダム【第652話】の感想

まさか呉鳳明が直々に登場されるとは、驚きましたね~

まだ、駆けつけた魏軍の兵数は明らかにされていません。ただし、これは秦軍としては願ってもない大チャンス!

3年同盟を組むということは、対魏線にいた秦軍を、対趙戦に流すことができるということです。

でも、まずは什虎軍のどうにかしなきゃいけませんからね。

父である蒙武をずっと心配しているなんて、蒙毅も健気な息子じゃありませんか。

これで、蒙武軍全滅は回避。

そういえば、録嗚未も助かりましたね。

次回は呉鳳明に注目したいと思います!