鬼滅の刃の第167話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年7月22日発売の週刊少年ジャンプ34号、最新話!

鬼滅の刃【167話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊少年ジャンプの33号を無料で購入できますよ。

\鬼滅の刃の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

鬼滅の刃【167話】のネタバレ

【ついに刀を抜いた上弦の壱】

月の呼吸 伍の型 月魄災渦(げっぱくさいか)

振りなしで斬撃を繰り出す黒死牟(巌勝)

風の呼吸 参の型 晴嵐風樹(せいらんふうじゅ)

そして玄弥も即座に技を繰り出していく

「やりおる…肉体的にも技の…全盛と見た」

玄弥を称える黒死牟。しかし、黒死牟もとてつもない強さだった。

(鳥肌が止まらねぇ、こいつの技

一振りの斬撃も周りに不規則で細かな刃が付いてる

それは常に長さ大きさが変化する定型じゃない

時透がやられる筈だ

避けたつもりの攻撃の形が変則的で歪

長い経験で培われた感覚が無けりゃ無理だ さらにこの速さ!!

しかもコイツ呼吸を使ってやがる

生力 身体力が異常に高い、鬼が呼吸を使い、さらに速度・攻撃力を高めているとは)

「おもしれえ…!おもしれえぜ!!殺し甲斐のある鬼だ!!」

 

風の呼吸 弐の型 爪々・科戸風(そうそう・しなとかぜ)

玄弥は黒死牟の強さに闘争心をくすぐられ、新たに技を繰り出す

そして両者はとてつもないスピードで刃を飛び交わせるのである

黒死牟は自分の技についてくる玄弥を見て、懐かしい高揚感に駆られていた

 

無一郎(時透)や実弥が見守る中、玄弥は瞬きもできず、

ほんの少し切先の振りをしくじっただけで即死すると感じていた。

 

「古くは…戦国の…世だった…

私は…このように…

そうだ…風の柱とも…剣技を…高めあった」

懐かしむように黒死牟が呟いたのも束の間、

 

月の呼吸 陸の型 常世狐月 無間(とこよこげつ むけん)

ついに、黒死牟の技が玄弥を切り裂いてしまう

実弥は柱と格子の壁で何も見えず兄がどうなっているのかを心配していた・・・

 

【稀血

ぼたぼたと多量の血を流す玄弥

「ふむ…随分耐えたが…ここまで…動けば…臓物が…まろび出ずる」と黒死牟が言ったその瞬間、

ドクンっと黒死牟の脈拍が上がりだした

 

フフッフフフッと玄弥笑いだし

「猫に木天蓼、鬼には稀血」その言葉を放った瞬間、黒死牟に切りかかった!

千鳥足になる黒死牟

 

「オイオイどうしたア?千鳥足になってるぜえ 上弦にも効くみたいだなアこの血は!!

俺の血の匂いで鬼は酩酊する、稀血の中でも更に希少な血だぜ、存分に味わえ!!」

 

これで167話は終わります。

鬼滅の刃の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

鬼滅の刃の最新刊(単行本)は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

鬼滅の刃【167話】考察・感想

今回の話は特に!絵を交えて見ていただきたいです!

いつも絵も交えて見ていただきたいですが…(>_<)

167話はなんといっても迫力のある戦闘シーンが本当に見どころです!

作中で玄弥が瞬きも出来ないと言っていましたが…読者も瞬き出来ないほどの大迫力な戦いです。

アクションシーンが好きな方にはたまらないと思います!

最後のシーンで玄弥の稀血が効果を発揮しますが、玄弥はこの時点で傷だらけですので…

今後その傷がどう作用するのか心配でもありますね…

次回も目が離せない展開です!