「帰還者の魔法は特別です」第75話を読みましたのでネタバレを紹介します。

アウターたちの次の目的は西方王国大会議

しかもアーティファクトを持って攻めてくる。

ピエロはフリレチア王国に行くようなことを口にしていた。

デジールたちはその王国に到着した。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

帰還者の魔法は特別です【第75話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

帰還者の魔法は特別ですのあらすじ

(こんちには。プラムです。
この暑い日に僕はいえ僕たちは戦闘ビーチバレーをしています)

-パンッ トンッ

デジールとプラム対ロマンティカとアゼストで戦っている。

「私が行く!」

「頼む!」

「プラム暑いけど大丈夫か!?」

「はいっ!」

お互い息が合っているようだ。

(何が楽しいのかわかりませんが、盛り上がっています。僕はただデジールさんと同じチームなのがうれしいです。
どうしてビーチバレーなのかと言いますと昨日

帰還者の魔法は特別です【第75話】のネタバレ

-ビーチバレー勝敗-

「デジール!!イエローオーシャン大会まであと六日もあるのよ!?一日くらい休ませてよ!!
夏休み前も毎日特訓だったし!影の世界だって大変だったのに。もう無理!」

食事中にロマンティカが抗議した。

「そうですよ。デジールさん!次にまたいつフリレチア王国に来れるかわかりません」

彼女の抗議に同意したプラム。

「そうよっ。黄金色の海がどれほどきれいか!」

「うーんアゼストはどう思う?」

デジタルは隣で食事するアゼストに問いかける。

「たまには休息も必要なのではないだろうか」

「そうかなぁ

考えるデジール。

「そうだとも」

「わかった。それなら一日だけだぞ」

「わーい。やったー!」

「い一日だけですけどね!」

デジールの言葉にロマンティカとプラムは手を叩いて喜んだ。

「一日休んだら大会までずっと特訓だ」

そんなことがあったのだ。

 

 

「はぁっ!!」

-バシッ

「ふっ!」

ロマンティカの球をプラムがうける。

「デジールさん!お願いします!」

「任せろ!均等調整。筋力強化」

魔法によってデジールの足がメリメリっと音を鳴らす。

「それっ!」

-バシッ

今度はアゼストが球を受けた。

「ロマンティカ!!」

「わかってる!デジールが魔法を使うのなら私だって特訓の成果をみせてあげる!
ガスト!!ウィンド!!」

-バフッ

「すごいです!でも僕も特訓がんばりました!このくらい

球の下でかまえていたプラム。

「えっ!?へ変化球!?」

直前に球が方向を変えたのだ。

「はぁっ!!」

-トンッ

「デジールさん!」

「風魔法は軌道を変えることができる!それを忘れるなプラム!」

「ははいっ!」

「特訓が足りないようだ。簡単に返されてしまった」

アゼストがロマンティカを煽った。

「うっさいわね!」

「いくぞ!ロマンティカ!」

「はいはい!」

アゼストが軽く打って、ロマンティカがアッタカーに。

「プラム来るぞ!」

「はいっ!」

プラムは後方に移動する。

「フッ!」

「えっ!?ロマンティカおまえ!!」

笑った彼女にデジールは慌てる。

「次はもっと強烈なのをお見舞いしちゃうんだから!」

それランク3魔法じゃないか!!ズルいぞ!!」

「これを習得させたあんたが悪いんでしょ!!アバロサの暴風!!」

-バシュッ

「キェーッ!」

プラムが飛ばされながら球を返した。

「プラム大丈夫か!?」

「大丈夫です!」

「今のも返せるの!?でも魔法は他にもあるもんねー!次はどうしよっかなー!」

楽しそうに移動するロマンティカ。

-バチッ シュッ

「えっ!?逆算するとかナシでしょ!!」

「そっちが先にセコいことしてきたんだろ」

クックッと不敵に笑うデジール。

「セセコっ!」

プラムが後ろで言った。

「負けてたまるか」

「わー!夕飯はご馳走になります!」

「何食べよっか。プラムー」

勝った気になっていたデジールとプラム。

「フッ!」

-バシッ

ボールが彼らの後方に落ちた。

「へっ?」

「えっ?」

……

おまえたちと同様に、残念ながら私も頑張ったのだ。特訓」

得意げにアゼストが笑った。

「アハハッ!私たちの勝ちー!!デジールっプラムっ夕飯はよろしくねー!」

負けてしまったデジールとプラムだった。

 

-イスタカル-

エル家の別荘。

「ふぅ絶景だ」

デジールは外にでて、海を眺めている。

「どう?いい眺めでしょ?」

「うん。聞いてた通りのいいところだな。ロマンティカ」

「よかった」

ロマンティカが彼のとこにやってきた。

「ため息しか出てこないよ。まるで黄金を溶かして流し込んだかのように。太陽の光に反応するマナが含まれてるんだって?」

「あんたってホントなんでも知ってんのね。そうだデジール。ここよりもきれいなとこがあるんだけど、連れてってあげよっか?物知りなあんたでも知らなそうな話を教えてあげる」

「わかった」

彼らは場所を移動する。

「古代ここにはすっごく栄えた都市があったみたいなの。でも火山が噴火してその年は滅びてしまった。
どれほど大規模な噴火だったのか、都市全体が火の海になって火山灰に覆われたらしいよ。
この辺りの廃墟は、そのときの残骸」

階段を登っていく2人。

「あつこちにマグマに飲み込まれた痕跡がある。だけどね学者たちはその説を否定してるの。この一帯は山は多いけど火山がないんだって」

「それなら噴火はただの神話?」

「そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。到着っ!」

階段を登り切ったところで、ロマンティカがクルッと振り返った。

「!うわぁ

「どう?きれいでしょ?」

デジールに笑いかけるロマンティカ。

黄金の海が目の前に見えた。

「火山がないのにどうして噴火が起きたんだろ?その答えは永遠に謎のままなんだろうな。その代わりいろんな伝説が残ってる」

そのとき

よりによって私の故郷だなんて。フリレチア王国が背景か

デジールが以前の彼女の言葉を思い出した。

今の)

彼の心臓がドクッドクッと音をたてる。

「解明できない謎を説明するために、伝説が生まれるんだろうねー。なかでも一番有名なのは大悪魔がこの地を引っ掻いて多くの都市を滅亡させた

……

また思い出しているデジール。

「この辺りに別荘があったの。毎日夕方になると、黄金に輝く海がすごくきれいなところだった

そんな彼女の言葉を。

デジールの異変に気付いていないロマンティカ。

「この海にはその伝説からつけられたまた別の名前もあるのよ」

ドクッドクッまだ心臓が音をなっている。

「ここで死にたくない」

あのとき、ロマンティカがなくなった場所は

「なんだっけ。子供の頃から何度も聞いてきた名前なのに、ど忘れしちゃった。
古代ルーン語の名前で

イスタカル」

「えっ?」

「災いの海。イスタカル海」

デジールが手で顔を覆いながら答えた。

 

スポンサードリンク



帰還者の魔法は特別ですの最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

帰還者の魔法は特別ですはピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

帰還者の魔法は特別です【第75話】感想

前半は特訓がなく楽しい感じでしたね。

ビーチバレーしながら特訓の成果を見せるとこがまたいいですね!

どういうチームわけかは分かりませんが、ロマンティカさんとアゼストさんは仲良くなった感じでしたね。

でもなぜビーチバレーだったのでしょう?

他にやることはなかったのでしょうかね。

 

フリレチア王国の名物、黄金の海。綺麗です。

デジールさんは大事なことを忘れてしまっていたのでしょうか。

以前の世界でロマンティカさんが亡くなった場所それが今いる別荘なのでしょうね。

思い出したことでなにか変わるのでしょうか!!

フリレチア王国の伝説。

ここに謎がある感じですね。火山がないのに噴火があったとなどなにかありそうですよね。

 

デジールさんが思い出したのはどんなことなのでしょう!?

一人で抱え込まないで欲しいですね