「帰還者の魔法は特別です」第51話を読みましたのでネタバレを紹介します。

空き缶を円にすることができたロマンティカ。

次の訓練はデジールも手伝ってランク3になること。

痛がりつつも、彼の言葉を信じて耐えたロマンティカ。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

帰還者の魔法は特別です【第51話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

帰還者の魔法は特別ですのあらすじ

野外対決場ではー。

-カンッカンッカンッ

剣のぶつかり合う音が響いていた。

プラムの訓練がはじまって7日目。

これまで彼が勝った回数は0回。

-ムキッムキムキ

ケイラフの腕に筋肉が入る。

それでもプラムは彼の攻撃を避ける。

(すごい力!)

しかしがくがくと震えている。

(あの攻撃をこのまま木刀で受け続けたらこの先、剣を持つことができなくなりそうだ。それなら正面は避けて

スッと足を下げ、動こうとしたとき。

「何を考え込んでんだ?」

プラムの目の前にケイラフが現れたのだ。

「命がかかった戦いでは、一瞬の油断が命取りになる」

(うっ!かわさなきゃううん。このまま攻撃を避けるんだ!)

後ろによけようとしたプラムだが、クルクルっとよけた。

そして彼の背後に回った。

「はぁっ!!はぁぁぁっ!!」

-シュシュシュシュッ

剣で何度も突く。

「突くのがうまくなったな。反撃する隙がない」

そんな彼を見て、ケイラフの口元は笑っていた。

(確実に成長している。うむとなれば

「とりゃっ!」

-カンッ

……!?攻撃が浅くなった?)

「そろそろ流れを変えてやろうじゃん?」

帰還者の魔法は特別です【第51話】のネタバレ

-勝敗-

ケイラフの目つきが変わった。

-カカカカカカカンッカンッ

彼はプラムに向ってどんどんと攻撃をしかける。

それを見ていたデジールも驚いていた。

剣を変則的に使ってる!!あんな多様な技を身につけているなんて!これは今のプラムには厳しそうだ)

-タッタッ

プラムは後方に距離を取ろうとする。

「まただ!魔剣士相手に距離を取っちゃダメだと言ったはずだ!グラウンド・ホール」

-シュイーン ザザザザッ

彼の足元の地面が、脚に絡まるように動いた。

「そりゃっ!」

「うっ足が!」

足がつかまったプラムにケイラフは向っていく。

「この勝負も俺がもらった!」

……

俯いていたプラムが顔をあげた。

-ダンッ クルクルッ

プラムは上に飛んだのだ。

「何っ!?」

-カンッ ピーッ

ケイラフの肩章が外れた。

「えっ捕まったフリしてたのか!?」

「試してみたらうまくいきました」

へへっと笑って答えたプラム。

(試してみたらって見えないほどの速度だったぞ。同時にあんな攻撃をしかけてくるとはもし真剣だったなら

プラムの攻撃にケイラフはゾクッとした。

「プラム!!」

「デジールさん!」

「勝てたな!」

「はいっ!!ケイラフさんに勝てました!」

「すごいじゃないかプラム!!」

勝手喜んでいるプラムの頭をヨシヨシとなでるデジール。

「それじゃ訓練はこれで終わりか?」

「あっ!ケイラフさん!」

「おうよ。技術顧問」

「どうもお世話になりました!」

デジールは彼に頭を下げた。

「いいってこっちこそいい練習になった。でもまだまだだな」

「ハハッ、ケイラフさんの腕前でまだまだって

謙遜なケイラフに戸惑うデジールだった。

「お疲れさん少年!それと挑発のために君をバカにしたような発言をして、すまなかった。許してくれないか?」

今度はケイラフがプラムに頭を下げたのだ。

「ははい!?えっ!」

そんな彼にビクッと困惑するプラム。

「ももちろんです!戦いで相手を挑発するのは、当然のことじゃないですか!頭を上げてください。ありがとうございました。ケイラフさん」

プラムはニコッと笑って許した。

ありがとう……アタター首が少年がちっこすぎて、頭を下げるのも一苦労だ」

頭を上げたケイラフはそう言った。

「ちっこすぎ!?ひどいです!!」

その発言にプラムはイラッとした。

「ところで少年、最後に一つ聞こう

「なんですかっ!?」

カッカしているプラムに

「ホントに男なんだよな?」と。

「おじさんっ!!」

 

-三日前-

翌日のヘブリオン学園では

-ウウウウウー

校内放送が流れた。

「7月17日午前6時20分。影が観測されました。影の世界、推定発生日は三日後です。ただ今よりヘブリオン学園は戦争態勢に入ります。
一年用のクローズラインを支給します。各パーティーのリーダーは支給所に来てください」

各、生徒たちが動き出す。

ザワザワとしている中、鼻歌を歌って移動しているデジール。

「フーンフフンーフンー

そんな彼の背中には大きな荷物が。

「なんだあれ!?」

通り過ぎた生徒が不思議そうに見ていた。

スポンサードリンク



帰還者の魔法は特別ですの最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

帰還者の魔法は特別ですはピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

帰還者の魔法は特別です【第51話】感想

7日目まで0勝だったプラムさんですが、1勝できましたね!

それもすごい速さだったとか!!

捕まったフリをして、相手を油断させることも、一瞬で考えついてすごいです。

ケイラフさんも驚いていたくらいですから!

 

デジールさんもケイラフさんが剣を自由自在に使ったところで、プラムさんに勝ち目がないように思っていた感じでしたね。

でも彼は勝ったので、驚いたのではないでしょうか!!

 

ケイラフさんは最後までプラムさんを少年か怪しんでいましたね。

でもそれもわざとなのでしょうか!?

彼なりのコミュニケーションにも感じますね!

 

影の世界があらわれるまで三日ですね。

デジールさんはなにを持っていたのでしょう!?

そして彼はなにを考えているのでしょう!?