「帰還者の魔法は特別です」第116話を読みましたのでネタバレを紹介します。

会場から離れた男・ベンキック教授が、今回の犯人だった。

逃げようとする彼をデジールは、追いかけた。

そして彼と11で話をしていたが、彼のアーティファクトによって、彼h遠隔でやられてしまった。

そのアーティファクトからは、カラスの仮面がデジールに話しかけた。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

帰還者の魔法は特別です【第116話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

帰還者の魔法は特別ですのあらすじ

-ザァアァァァ

大粒の雨が降る中、お葬式が行われている。

ヘブリオン学園ルーン語学教授ベンキック・フェリアモスの葬儀。

たくさんの人が泣いているが、デジールは真っ直ぐと見つめていた。

生涯を学問に捧げた彼は、アウターの精神操作魔法により、犯行を起こした被害者そうなっていた。

「親も家族もいないそうだ」

「なんて哀れな人なんだ

「教授

「くっ

各々の想いを口にする。

そのなかでデジールは

(名誉ある者たちのための国立基地に安置される。十四人の学生を殺した殺人鬼。一人のウソによりはじまったこの悲劇に、反吐だ出そうだ。
精神支配アーティファクトがベンキックを殺した。それゆえアウターに関する情報を得られなかったけど反対にそのおかげで嘘をつけた)

ベンキックの死の理由を、彼が嘘をついて変えたのだ。

(ベンキックは平民のためという理由で貴族を害したが、それが明るみに出ると貴族はアウターではなく、平民を恨むことだろう。
そうなれば、貴族と平民の間に再びそれこそが奴らの二つ目の目的)

彼がそうしたのは、アウターの目的を果たさせないため。

(でも事件の真相を見ていたのは俺だけだ。ベンキックの思想を知るもの俺だけ。おまえらの二つ目の目的が叶うことはない。ベンキックが死んだおかげで

デジールはただひたすらに考えている。

「おまえも同じじゃないか」

そう言われた言葉を思い出すデジール。

そうだ。目的を果たすためなら、手段を選ばない。おまえらと同じだ。
俺もわかってる。わかってるけど数千回、数万回チャンスが与えられても、俺は同じ選択をする)

彼の足元から白骨した人間がすがる。

(偽善者と呼ばれてもいい。目的を忘れてはいけない。
歩み寄る大きな災いから、みんなを守るために後ろめたさや、罪の意識くらい俺一人でいくらでも抱えてやるよ)

デジールは空を見上げた。

帰還者の魔法は特別です【第116話】のネタバレ

-失敗-

「リントソリンからリハイムにいる部隊に合流しろ。リハイムで大規模商団が動くから、かなりの資金を得られるはずだ。
ヘブリオン側の兵力が南に集まっている。大々的な検問が予想されるから、すべての作戦を中止し身を隠すように」

報告を受けている男はうむと納得している。

「ソデュンの谷で新たらに赴任した指揮官はやり手だ。今わかっている情報は罠である可能性が高いため、逆に-」

「おい、指揮官。西方王国会が私に、ディバイド出身のアバロン部隊の指揮権とさらなる兵力を要求してきた」

男はチラッと報告していた男・指揮官を見た。

目的は?」

「その口のきき方。西方王国会の軍事大国ディバイドの国王である私への、経緯が足りないのではないか?」

「悪ふざけはほどほどにしろ、ピエロ」

「はいはい。目的なんてもちろん、私たちアウターを倒すためですよ」

男は変装したピエロだった。

そして彼らはアウター同士で会議をしていたのだ。

「今更?うちがすでにディバイドと手を組んだって知れば、どんな反応をするかしら?」

「私たちが手に入れたのは、西方王国会の一角に過ぎない。西方王国会で最も大きな兵力を送って来るところはどこだ?」

カラス仮面がピエロに問いかける。

「それはアウターを恨んでるフリレチア王国に決まってんだろ!?」

-パチンっ

彼は指を鳴らして、変装と解いた。

ディバイドはフリレチアの苦いの兵力を支援する」

「えっ?そんなことをすれば、他のアウター組織も壊滅するんじゃ

「誓いを忘れたのか?目的のためなら互いを利用してかまわない」

カラス仮面は地図を見ながら話す。

「ディバイドは大規模の兵力を派遣し、アウター駆除をはじめる。
連合して最も多くの兵力を提供したというだけでも、西方王国会で権力を握ることができるだろう」

ピエロはカラスの仮面の言葉を聞いてニヤッと笑った。

「(目的のためなら敵も味方も関係ないってことかおもしろい!)わかった。それで進めよう指揮官」

彼の声にカラスの仮面は頷いた。

(ヘブリオン学園で毎年開かれるパーティ対抗戦。それを利用した計画の準備に長い歳月がかかった。チャンスは一度きりであったし、失敗するはずがなかった。
それなのに結果は無残にも敗北)

カラスの仮面の前の地図には、ヘブリオン学園に焦点が当てられている。

(今のヘブリオンなら、簡単に進んだであろう二つ目の目的。平民と貴族間の対立を深めることにも失敗あの小僧)

デジールの顔を思い浮かべた。

(ベンキックがアウターだということを隠しやがった。偽善者していることが、アウターと変わりないではないか。
おまえも目的のためなら手段を選ばないようだな。
デジール・アルマン。おまえは私が必ずこの手で消してやる)

彼はそう心に決めた。

 

-忠告-

その頃のデジールは。

「本論から言う。デジール。私は君を試そうとしていた。すまない。驚かないのか?」

エルセンブラン教授に呼ばれていた。

「なんとなくわかってました」

(帝国出身、元黄金の鷹騎士団の団長だということを、手がかりに記憶を辿ってみたところ、開闢の騎士の名で知られていたのを思い出した。影の迷宮発生後、あの地獄の中でも多くの人材を養成し、攻略に貢献した人物。
そんな人物がアウターなはずがない)

以前の記憶にも、彼の存在は残るほどの人だった。

「気づかれていたのかハハッ。とにかくすまなかった。私たちは君がどのような人物なのか知る必要があったんだ」

「何かわかりましたか?(私たちか)」

デジールは彼の言葉に引っかかりを覚えた。

「あぁ。少なくとも君がアウターを敵視していることがわかった。それを最も恐れていたからね」

穏やかな顔で話すエルセンブラン教授。

「そうでしたか」

「だが今後は何をするにも気をつけた方がいい。君に注目している人物は一人や二人ではない」

真っ直ぐとデジールを見て伝える。

忠告ありがとうございます。ですが自分はすべきことをするまでです。誰に何を言われてもそれは変わりません」

どうだろうか。君に注目しているのが、誰か知ればその考えは変わるかもしれない」

何故かエルセンブラン教授は手を広げて笑う。

「知りたくありませんね。知ったってこの思いは変わりません。人の顔色を伺うのは嫌なんです」

全く表情を壊さないデジール。

「うむわかった。今後の活躍を楽しみにしている」

「はい。では失礼します」

「授業で会おう」

デジールが部屋を後にして、彼はプルプルと震えていた。

「クックフッ!プハハハハッ!!
よくもあそこまではっきり言い切れるものだ」

大きく笑っていたかと思うと、彼は立ち上がり筆を手にした。

「なら、どこまでそれを貫けるかみてやろうじゃないか」

彼は手紙を書いていた。

そこには偉大なるヘブリオンの太陽。皇帝陛下にご報告いたしますと。

 

スポンサードリンク



帰還者の魔法は特別ですの最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

帰還者の魔法は特別ですはピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

帰還者の魔法は特別です【第116話】感想

アウターたちの目的を、失敗させることができたのですね。

でもそれだけでは彼らは止まらないでしょう。

さらにピエロも国王に変装しているので、そこもまた何かしているのでしょう。

彼らは今度は何を仕掛けてくるでしょう!!

 

デジールさんの言葉に教授たちは納得したのは不思議ですね。

彼らは平民をバカにしているのに、何故でしょう。

でもベンキック教授の死を被害者にして、正解は正解ですね。

知らなくていいことは、知らないほうが幸せな人いますから。

デジールさんが偽善者

どんな手段でも使うからでしょうがなんとなく嫌ですね。

がんばっている人に向ける言葉だと。

 

皇帝陛下とは一体?

なぜデジールさんに注目しているのでしょう。