「帰還者の魔法は特別です」第112話を読みましたのでネタバレを紹介します。

隠れクエスト発生し、彼らはマザーワームを倒さなくてはいけない。

しかしマザーワームにやられて者の死体が消えずに残っていた。

学園側では影の世界の異常として慌てている。

デジールパーティにブルームーンパーティは一体どうなるのでしょう。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

帰還者の魔法は特別です【第112話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

帰還者の魔法は特別ですのあらすじ

マザーワームのところに、アゼストたちもやってきた。

「三人とも無事だったのか!怪我はないか!?タキランとフリーチェルは…」

「デジール!!なんなのよあれ!?マザーワームってあんなデッカいの!?」

近づこうとしたデジールにロマンティカは声をあげた。

「大きさなどどうでもいい」

「…アゼスト?」

アゼストはマザーワームの方に近づく。

「私は今、非常に腹が立っている。
ブルームーンがいかに愚かか分かっているつもりでいたが…誤解だったようだ。こんなにも卑怯で幼稚な方法を使い、頂点に立てたとして、おまえたちはそれで満足なのか?」

アゼストはブルームーンパーティに怒っているようだ。

「人間どもよ。ここがどこだと思っている…。おまえたちの体から、私の子どもたちの血のニオイがプンプンする…!!
ギャァァァァッー!!」

マザーワームが声をあげ、攻撃をして来ようとした。

「黙れ。キザードの吐息」

-ダーンッ

彼女の魔法でキザードが現れ、マザーワームとぶつかり合う。

「アゼスト…また強くなったな」

アルジェリアはそう言った。

(アゼスト…相当ご立腹のようだ)

そんな彼女の攻撃を見て、デジールは気づいた。

帰還者の魔法は特別です【第112話】のネタバレ

-試験じゃない-

「ありがとうアゼスト。おかげで時間を稼げる」

「怒りを発散させただけだ」

デジールはアゼストたちと合流した。

「どうするつもり?ヤバ強そうだけど…今のうちに逃げちゃダメ?」

「隠しクエストが発動した以上、あれを倒さずには上の階に進めない。それに…逃げられない理由は他にもある。
マザーワームはグレートワームの母親。マザーワームはがここいると、グレートワームたちもこっちに来てしまう。さっきの群れとは比較にならないほどの数が来ることだろう。
タキラン、フリーチェル!通路の様子は?」

通路を見ている彼女たちに聞くデジール。

「えっと…!まだ距離はありそうですが…デジールさんの言う通り気配がします」

「すさまじい振動だ」

彼女たちの見る通路は、姿は見えないのにダダダダダッと音を立てている。

「まだくんの!?しかもさっきのより数が多いとか!!虫はもう嫌!!」

ロマンティカは手をブンブンと振り、顔はすごい形相になっている。

「となるときた道を戻るわけにもいかないので、ここを突破するしかありませんね!」

「…もう一つ伝えておかなければならない大きな問題がある」

デジールは暗い顔をした。

「大きな問題…?」

「クソッ…!!」

彼らの後ろでブルームーンパーティが、倒れたメンバーの周り集まっている。

「ホントに…死んでる…」

「カシュー…!」

さっきマザーワームにやられたカシューは、元の世界に戻ることなく、その場で死んでいた。

「これはもう試験じゃない」

デジールはそう言い切った。

 

 

そろそろアゼストのキザードがやられそうになっている。

「「えっ…?あれと戦うのか…?」」

「これ以上犠牲者を出すわけにはいきません。ブルームーンも俺に従ってください」

ブルームーンと一緒に戦おうとするデジール。

「…デジール。おまえはたしかに優れた魔法使いだが、この絶望的な状況で頼れるほどのだとは思えない。それに…うちにリーダーがいる限り、僕たちが従うのは…アルジェリア様だけだ」

アルジェリアはカシューの近くに膝をついてた。

「…デジール一つ聞く。
俺がおまえと一騎打ちをしようとして…グレートワームをおびき寄せたせいで…カシューを死なせたのか?」

「さぁ…彼が死んだのは誰かがシステムを操作したからだ。
だけど、グレートワームをおびき寄せたりしてなかったら、マザーワームが出現することもなかったし、全員ここで無駄な体力を使うこともなかったな。ひょっとすると全員が無事に、影の世界をクリアできていたかもしれない」

デジールはこの状況で自分の意見を伝えた。

「…そうか。すまない。カシュー。俺が悪かった」

アルジェリアは彼の目を閉じた。

「ケルト…」

「なんだって従います」

「ありがとな。フゥッ!!」

―バリバリッ

服を破ったアルジェリア。

「リ…リーダー!?ど…どうしたんですか?」

「この腕はもう使えない!邪魔になるから固定しておく!」

彼は破った服を折れた右腕に巻き付けた。

「わかったデジール!おまえにブルームーンの指揮権を渡す!俺たち五人を好きなだけ使ってくれ!」

気を持ち直したアルジェリアだった。

「クッ…よくもやったな…」

キザードがやられてしまった。

「……!!」

 

-3つのパーティ-

「二手に別れましょう。まず主要戦力の四人には、マザーワームと戦ってもらいます」

その四人はデジール、アゼスト、アルジェリア、ケルト。

「剣士二人は前方で魔法使い二人は後方で。あとのメンバーは入り口に固まってグレートワームの侵入を阻止してください」

デジールの作戦はとても簡単だった。

「待ってデジール!二手にわかれるには数が少なすぎる!」

「自分もロマンティカと同じ意見だ。四人でマザーワームと戦うのも、残りの人数で入り口をふさぐのも無茶だ。
いっそ全員でマザーワームを倒してから、グレートワームと戦った方が…」

「いいや、マザーワームの防御力を考慮すると、ダメージを与えられるのはこの四人だけだ。
それに…数なら大丈夫だ」

「?」

最後のデジールの言葉にロマンティカは不思議そうにした。

「俺の予想ではもうすぐ来る:

「「何が?」」

ロマンティカとアルジェリアは問いかけた。

「…頼れる応援が」

そう言った彼は、パーティの順位を見ていた。

 

-バキバキッ

戦いがはじまった。

「…デジール!?応援はまだ!?数が多すぎる!!」

ロマンティカが振り返る。

「ケルトさんもご存じの通り…」

「はい?」

「彼女なら華麗に、そして豪快に登場してくれるはずです」

-ゴオオオオオオッ

入り口から炎が飛び出だしてきた。

「な…なんだ!?」

「どけどけっ気持ち悪いのよー!」

「…この声は!」

その声にケルトはビクッとした。

「ハハッ。やっぱり」

デジールはわかっていたように笑った。

「ケルト!!大丈夫!?」

「ラドリア!?」

レッドドラゴンパーティリーダーのラドリア・ドリチェがドラゴンに乗って姿を見せた。

 

その状況を画面で見ている教授たち。

「ブルームーンにレッドドラゴン、デジールパーティ…学園トップの三つのパーティが揃った。これなら希望があるのでは?」

「ですが…平民が指揮するなんて!」

「今すぐ影の世界内と連絡を取る方法を調べてくれ!アルジェリアが指揮するように言うんだ!」

彼らはデジールが指揮しているのが気に入らないようだ。

その様子をソファに腰かけ見ている男が一人。

その男は

「…はい。こちらは順調です。すべては…真の平等のため」と。

スポンサードリンク



帰還者の魔法は特別ですの最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

帰還者の魔法は特別ですはピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

帰還者の魔法は特別です【第112話】感想

システムを動かしたのが、”真の平等のため”と男が言ってますが、誰でしょう。

それに一人でやったわけではないようですね。

その平等のためなら、犠牲者が出てもいいのでしょうか。

そこは気になりますね。

平等…とは一体何でしょうね。

 

そして教授たちは、そんな状況でもデジールさんが指揮することが気に入らないんですね。

連絡をとってアルジェリアさんに指揮させようとして…。

それで犠牲者が出たらどうするんですかね。

 

影の世界で死んだら、完全に死んでしまう…これ以上犠牲者がでないことを願います。

3つのパーティが揃ったら勝てそうですね!!

主要四人がマザーワームと戦うようですが、そこには作戦あるのでしょうか?

デジールさんは以前も戦ったことあるなら、弱点なども知っているでしょうから、犠牲者一人も出さずに勝ってほしいですね。