「帰還者の魔法は特別です」第103話を読みましたのでネタバレを紹介します。

他のブルームーンとは違って、ケルトはドネータたちの物言いをデジールに謝った。

2人の対決がはじまり、ケルトは水を操る魔法を使っている。

デジールはそれに対応して攻撃をしているが、竜語で失った左目の視野が悪く左からの攻撃に対応できなかった。

ピッコマにて最新話が無料配信されています!

帰還者の魔法は特別です【第103話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

ピッコマでは1日1話しか読めないので、過去の話を振り返る時に不便なので、ご活用いただければと思います。

\好きな漫画の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

帰還者の魔法は特別ですのあらすじ

ケルトの魔法にみんなが空を眺める。

-ガガガッ ダダダダダッ

「チッ!」

(ランク5広域魔法、気象コントロールを縮小して、ランク4で展開したのか。雨粒一つ一つが、ランク1レベルの破壊力を持つ魔法!)

彼らのいる場所に雨が降る。

「この雨を浴びていると、君のクローズラインはいずれ機能しなくなる。次は何をするつもりかな?僕をもっと楽しませてくれよ」

「予想よりすごいですね。驚きました」

デジールはクローズラインを雨避けにするように、頭から被った。

えっ?」

「それならお望み通り楽しませて差し上げます。ドンッ」

声と共に手を叩いたデジール。

すると

-ダーンッ

大きな爆発が起きたのだ。

「くっ!耳が!!」

「なんだ急に!?何が起きたんだ!?」

その場にいた生徒たちは大きな音に耳を塞いだ。

待て、なんであいつ!」

ドネータは立っているデジールを見つける。

「ケケルトさんは!?」

「ごほっ!」

ケルトは壇上から吹き飛んでいた。

「ななにをしたんだ?一体何が

彼はヨロッとしながら立ち上がる。

「ハハッ。ちょっと前に展開した魔法。あれは液体酸素を出す魔法だったので、水と一緒に凍ってた液体酸素を気化させて爆発させたんです」

デジールは足元の氷をガッガッとする。

「このくらいの量があれば、人を一人場外に吹き飛ばすのなんて簡単ですよ」

なるほど。僕の負けだ。君の特技の逆算すら、見ることができなかったよ。
僕では勝ち目がないということだね」

フッと笑ってケルトは言った。

「ハハッ。そこまででは(実力が知りたくて、手加減したのはバレてないよな?)」

「負けを認める」

帰還者の魔法は特別です【第103話】のネタバレ

-仲間-

数日後のデジールパーティ。

「ドネータの顔見た!?ケルトに勝ってから、私たちに何も言ってこないのがおっかしくて!」

ロマンティカがドネータを笑っていた。

「ケルトさんは先輩です

「ドネータの奴ざまぁみろだわ!」

「そんなにうれしいか?」

「当たり前じゃん!あいつの鼻をへし折れたんだもん!

これでもう誰もうちのパーティやあんたに喧嘩売ってこないはずよ!」

「まぁラクにはなるかもな」

そんな話をしている部屋の外に、一人の生徒が足をとめていた。

「ここだ

-コンッコンッ

「あっまただ!はーい!」

ロマンティカとアゼストが扉を開ける。

「ああの!ははじめまして!フリーチェル・ケイです!」

女子生徒が両手を握って立っていた。

 

(フリーチェル・ケイ。ベータクラスのパーティアラクネーから来たのか?情報収集はできるだろうけど、アルファのパーティの言いなりでしかない下請けパーティ。
そんな目的のパーティは存在すべきじゃない)

デジールは彼女の情報をパッドで確認している。

「うちのパーティについて話は聞いてますか?」

はい。訓練がかなり厳しく、貴族から憎まれているパーティだと聞きました」

「その通りです。どうしてそれを知っていながら、ここに来たんですか?」

彼女はゴソゴソとパットを見せる。

こういうのお見せしていいかどうかわかりませんがこれ以上我慢できないんです」

……!これは

そこには破れたり、壊されたりした教科書や椅子などの写真が出ていた。

「うわっなにこれ!?」

ロマンティカはすごい顔でそれを見る。

「いじめに遭ってるんですか?」

「今のパーティでは誰も助けてくれません。教授もです。アルファを敵に回すことになるからです」

「助けてほしいってことなら加入する必要はありません。俺たちが力になり

「いえ!!それじゃ意味がないんです!」

デジールの言葉を遮り、彼女は声を大きくした。

「あえっと自分で打ち勝ちたいんです。自分でやり返すまでスッキリしない気がして。ここはパーティのメンバーを育ててくれるってベンキック教授に聞きました。
強くなりたいです!」

彼女は強い眼差しでデジールを見た。

では一緒にがんばりましょう」

「わぁようこそ!」

フリーチェルが新しくデジールパーティのメンバーになった。

「あのやっぱり訓練って厳しいんですか?」

「うん。死にたくなるほど」

「ヒィッ!」

 

(いいぞ。ケルトに勝ってからうちのパーティに入りたがる人が増えた。貴族の言いなりだったベータクラスのみんなが動きはじめたんだ)

彼女がパーティに入る前にも、他にも志願者がいたようだ。

(ベータクラスの今の教育環境は絶望的来年の新入生もアルファとベータに分けられるはずだ。十二年前に起きた共和党革命から続く、貴族と平民の憎しみ合いそれに終止符を打たないと。
みんなが成長できる環境を整え、貴族と平民が手を取り合える未来を創る。忍び寄る影の迷宮をクリアするめたに)

 

-続き-

「はぁっ!!」

-ブンッ

アゼストが自主練をしていた。

(私はなんの力にもなれなかった)

彼女はデジールに頼まれたときのことを思い出す。

「頼む。アゼスト、プラムとロマンティカが船から降りないように止めてくれ」

剣を振り回す。

(あいつは自らを犠牲にした。だがわたしはそうすることができなかった。私はただ、あの場で、あいつの背中を見つめるしか、できなかった。
この上なく無力な存在。何が!何が天才だ!!)

-ブンッ パリンッ

剣についてた氷が割れた。

「相変わらず朝早いねー。アゼスト。私も最近この時間になれば目が覚めちゃう!デジール症候群だわ、これ!」

髪を結びながら、ロマンティカが霧の中歩いてきた。

「てか、すごい霧」

そう言って指を鳴らしただけで、彼女の周りの霧だけ晴れた。

「何か用か?」

「あえっとウィンド・ブレット」

「!?」

-ガガガンッ

「急に何をする」

ギロッと睨み付けるアゼスト。

「何って訓練に決まってんでしょ!
イエローオーシャン大会でできなかった勝負今日決着つけようじゃん」

 

スポンサードリンク



帰還者の魔法は特別ですの最新話を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

帰還者の魔法は特別ですはピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。

また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める

おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで好きな漫画を無料で読む!

帰還者の魔法は特別です【第103話】感想

ケルトさんとの戦いは手加減してたのですね!

逆算も使わずに勝てたのはケルトさんがそこまでの実力者じゃなかったのでしょうか?

彼に勝ったことで、ドネータなどから嫌味を言われなくなってよかったです。

それにパーティに加入する人、ベータクラスの人が増えているようですね!!

ベータクラスの人には希望の光なのでしょう!!

少しずつですが、ベータとアルファの壁がなくなるといいです。

デジールさんの訓練についてこれるのかそこが心配な感じしますね。

 

アゼストさんとロマンティカさんのイエローオーシャン大会の続き

急にはじまりますね。

どうなるのでしょう?

どちらも強くなっているし、タイプも違うのでどうなるかわかりませんね。