呪術廻戦の第67話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年7月13日発売の週刊少年ジャンプ32号、最新話!

呪術廻戦【67話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

無料で週刊少年ジャンプを読むことは現状では難しいですが、単行本なら無料で読むことが可能ですよ。

呪術廻戦の単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

 

呪術廻戦 前回のあらすじ

少女の護衛と抹消という意味不明な任務を受けた、五条と夏油。

ホテルに向かうと早速、呪詛師集団「Q」に襲われている少女。

夏油と五条。それぞれ一対一のバトルに発展するが…

呪術廻戦【67話】のネタバレ

呪詛師集団「Q」との激しいバトルが予想されるかと思いましたが…

「ごめんて!マジごめん!!この件から手を引く!!呪詛師もやめる!!」

 夏油と戦っていたはずのQの戦闘員コークンはすでにやられていて、夏油の操る呪術で拘束されていました。

 

命乞いをしてもまるで知らんぷりの夏油。

「学生風情がナメやがって…!!」

コークンはQの最高戦力というバイエルの名前を出して脅しをかけます。

しかし…「ねえ、バイエルってこの人?」と夏油が携帯の画面をコークンに見せます。

そこには五条にボコボコにされた後のバイエルの無残な姿が…

「……この人ですね」そう認めざるを得なかった。

 

 伏黒の作戦とは…

「仕事はどうした?」

 伏黒と呼ばれていた男に星漿体の少女暗殺を依頼した仲介役が話しかけます。

 どうやらここは競艇場のようです。

「うっぜぇなぁ。人を無職みたいに言いやがって」

「相手は五条家の坊だぞ。ノコノコ出て行ったところでなんもできねーさ。まずはバカ共を使って削る

 

どうやら伏黒は“削り”のために依頼で得た手付金を全て使いきってしまったようです。

 「心配しなくても全額返ってくるさ。このレースみてぇにな」

ものすごくカッコつけていましたが、見事にレースを外していました。

 「オメェは楽して稼ぐの向いてねぇよ。頼むぜ、”術師殺し”」

 

仲介役の男は帰ろうとしましたが、思い出したように聞きました。

 「恵は元気か?」 

伏黒は顔色変えずに無表情に答えます。

 「……誰だっけ」

 

 

 天内理子 登場!!

夏油と合流した五条。

五条が星漿体の少女・天内理子をお姫様抱っこしていました。

気を失っているので医者に寄せようか話し合っているとちょうど目が覚めました。

 

覚めるや否やいきなり五条にビンタ!!

「下衆め!わらわを殺したくば、まずは貴様から死んでみせよ!」

 夏油が自分たちは襲った連中とは違うと懸命に話しますが…

「嘘じゃ!嘘つきの顔じゃ!!前髪も変じゃ!!」

 前髪を馬鹿にされ怒った夏油と五条は、それぞれ理子の両手、両足を持ち、ギリギリとひっぱり始めます。

 さすがの理子も悶絶しています。

 

「おっ、おやめ下さい!」

 星漿体世話係の黒井美里が仲介に入りなんとか引きちぎられずにすんだ理子。

「思ったよりアグレッシブなガキんちょだな。」

「同化でおセンチになってんだろうから、どう気を遣うか考えてたのに」

 想像してたよりもアグレッシブなことに驚いている五条の言葉に対し、理子は「いかにも下賤な者の考えじゃ」と一言。

 

「いいか天元様は妾で妾は天全様なのだ!!」

「貴様のように同化と死を混同している輩がおるが、それは大きな間違いじゃ」

 天元様と星漿体の同化について熱く語る理子でしたが…

 五条と夏油は理子の話を無視して、携帯を見ています。

 「あのしゃべり方だと友達もいないじゃろ」

 「快く送り出せるのじゃ」

 馬鹿にされた理子は「学校じゃ普通にしゃべってるもん!!」と反撃します。

 

 「…学校!!」

 慌てたように学校のことを思い出した理子は、そのまま簾直女学院中等部に向かうと言います。

 「さっさと高専戻った方が安全でしょ!!」

 夜蛾に電話で報告しますが天元様の命令を優先せよとのこと。

 伏黒の放った刺客現る

「同化後、彼女は天元様として高専最下層で結界の基となる。友人、家族、大切な人たちとはもう会えなくなるんだ。好きにさせよう。それが私たちの任務だ」

 夏油はしかたないといった感じで五条をなだめた。

 世話係の黒井が、理子には家族がいないのでせめてご友人と少しでも合わせてほしいと頭を下げます。

 「それじゃあアナタがご家族だ」と夏油が笑いながら返しました。

 黒井は少し照れ臭そうに「…はい」と、答えました。

 

「傑、監視に出してる呪霊は?」

 五条に聞かれ、配置した呪霊を確認する夏油。

「悟、急いで理子ちゃんのところへ。2体祓われた」

 

「おいしいよなぁ。術師でもない、居場所も割れてる。厨房殺して3000万。おいしいなぁ」

 謎の二人の呪詛師が迫ってきているようだ。

 どうやらネットに掲載された天内理子の暗殺依頼を見てきた様子。

 

もちろんその天内理子の暗殺依頼をしたのは伏黒…

伏黒父は舌なめずりしながら、不気味な笑みを浮かべていた…

 

次号へ続く!

呪術廻戦の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

呪術廻戦の最新刊(単行本)は下記の3つサービスで無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

期間限定で1巻無料などのキャンペーンもあるのでお見逃しなく!

また、週刊少年ジャンプを読みたい方は公式サービスの「ジャンプ+」がおすすめです。こちらは定期購読で980円とお得になっており、毎週月曜午前5時から配信となっております!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「呪術廻戦」を今すぐ無料で読む!

呪術廻戦【67話】考察・感想

以上、呪術廻戦【67話】のネタバレを紹介しました!

「Q」が思った以上に弱くてびっくりですね。

案外、今回はその戦いで長引くかと思っていましたがすでに終わっていました。

ついに標的の天内理子登場ですが、さっそくピンチですね。

だいたい守らなきゃいけない人物がわがままで、それに振り回されるっていうパターンですね。

しかし、次号の敵は強そうですよね。

いくらこの二人でも苦戦するんではないでしょうか。

次号を楽しみにしましょう!!