2019年7月13日発売の少年ジャンプ33号で、火ノ丸相撲の第249話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2019年7月13日に発売された少年ジャンプ33号に掲載!

火ノ丸相撲最新話!第249話「鬼丸国綱と刃皇、感謝」のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\火ノ丸相撲の最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

火ノ丸相撲第249話「鬼丸国綱と刃皇、感謝」のあらすじとネタバレ

ついに鬼丸と刃皇の最後の対決が始まりましたね。

この戦いで勝った方が優勝となりますが、

鬼丸と刃皇はここまで互角の戦いを見せています。

 

観客も瞬きも呼吸も忘れて、この戦いを焼き付けようとしています。

アメリカの大統領までもがしっかりとみている姿は、なんだかグッときますね。

 

そして、

刃皇の雲龍型と、鬼丸の不知火型がいよいよぶつかります

 

その刹那の煌めきは一瞬です。

この時、鬼丸の手は回しには届かなかったようですね。

しかし、それでも止まらないのが鬼丸。

 

ぐるっと半回転して投げようとしますが、

刃皇はさすが「焦るなよ」とそれを払ってしまいます。

 

もっと楽しもうぜ、と鬼丸の方もさらに攻撃を続けるのでした。

怒涛の攻撃、これが鬼丸の最大の持ち味ですよね。

 

その怒涛の攻めに割り込む刃皇の勝負勘。

二人は一切退かず戦っています。

 

まだじゃ、まだワシは生きている!

と、何度刃皇に攻撃をされても鬼丸は戦い続けます。

 

その精神はまさに不屈。

次第に刃皇は、鬼丸の攻撃に後手に回り始めてしまうのでした。

 

小さい体に抗い続けた結果、鬼丸はこの大きな相撲を手に入れました。

小さいからこそたどり着けた相撲が刃皇を圧倒しています。

 

「大小どちらもある君は私よりも相撲を堪能しているというのか!?」

 

そう思った刃皇は、上から鬼丸を押さえつけようとします。

「ずるいぞ!貴様!!」

と言う刃皇は、やはり相撲が大好きなようです。

 

しかし押さえつけられても鬼丸は諦めません。

その刹那の中の刹那、針の穴ほどのほころびが刃皇にはありました。

 

膝が一瞬ガクッとなったのです。

今までの国宝力士との連戦、そしてここにきても止まない鬼丸の怒涛が、刃皇の精神をすり減らしていたのです。

 

鬼丸の勝利への嗅覚がそれを逃がしませんでした。

鬼丸の勝負勘が冴えます。

 

その時、刃皇が感じているのは、楽しいという感情でした。

 

一瞬の爆発力は、国宝の中でも鬼丸が一番ありました。

 

そうして、鬼丸は新たな相である、

潮火ノ丸の相を発現させるのでした。

 

火ノ丸相撲の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

火ノ丸相撲の最新刊(単行本)は3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

また、少年ジャンプについてはジャンプ+のみで電子版が配信されるので、無料では読めませんが定期購読するとお得に読めますよ!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

火ノ丸相撲最新話!第249話「鬼丸国綱と刃皇、感謝」の感想・見どころ

今回はついに実現した鬼丸対刃皇の最後の戦いが描かれていましたね!

間違いなく今まででも屈指の熱い回です。

もう次回で終わってしまうのかと思うと、感慨深いですね。

しかも最後の相が潮火ノ丸の相というのがまた、熱いです。

自分を否定した時もありましたが、最後は自分を信じてやってきた結果の相ですからね。

それで刃皇に勝つというのもまた熱いです。まだ勝てるかわかりませんが。

次回も楽しみです!