ドクターストーンの第165話を読みましたのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年9月14日発売の週刊少年ジャンプ41号、最新話!

ドクターストーン【165話】のあらすじ・ネタバレ・感想!

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\Dr.STONEの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

スタンリーVS龍水&千空の空中戦。

やはり、元軍人というだけあってスタンリーの操縦はプロ並み。

アマチュアの龍水では歯が立たない。

ところが、スタンリーの操縦を見て刺激を受け、原始的な戦闘機であるにも関わらず龍水は急回転。

「コブラ軌道」をくり出し、スタンリーが乗る戦闘機の背後を取ることができた。

無理な軌道でも墜落しなかったのは、超高品質のエンジンオイル「ウゴマのひまし油」を燃料として使っていたから。

背後をとればあとは攻撃するのみ。

龍水は銃を構えたのである。

Dr.STONE【第165話】の確定ネタバレ

21世紀が生み出した科学武器

スタンリーの背後を取った龍水&千空。

チャンスは一度だけ

龍水は、スタンリーの戦闘機を堕とすべく、銃を構えた。

 

だが、スタンリーも黙ってはいない。

ハンドルを激しく左右に動かし始めた。

これは「ジンキング」といって、スタンリーは機体をあえて激しく揺らすことで、発砲から逃れようとしていたのだ。

機体が激しく動いては、弾も当たらない。

 

ペルセウス船から応援する科学王国メンバー。これで龍水が撃ち落とせなかったら、ペルセウス船が撃たれてしまう。

 

みんなが上空に注目している間、松風だけは地上に注目していた。

なぜなら、敵はスタンリーひとりだけではないからだ。注意が上空に向いている間に、他の者が攻撃してくるかもしれない。

だから「警戒すべきは下だ」と、松風は周囲を見渡していたのである。

 

しかし、ストーンワールド化した後に生まれた松風は知らなかった。

21世紀人類の科学世界を・・・

 

ペルセウス船にゆっくりと近づく潜水艦

乗っているのはゼノ。

他にも武器を背負った強者が数人いる。

 

少年科学王国が大ピンチ!?

潜水艦はペルセウス船の真下へ移動。

船を突き上げるように水上へ。

ペルセウス船は激しく揺れ、突然の事態に科学王国メンバーは大パニックだ。

南は、水上から少し見えている潜水艦を見て驚愕していた。

 

潜水艦は一見、構造が難しそうに見えるが、深海に潜らないのであれば、既存のボートに蓋をするシンプルな構造で作ることが可能だ。メカニック担当のブロディが作ったものとは「潜水艦」だったのだろう。

 

潜水艦は、水上へ浮上したのと同時に、ペルセウス船の先端に激突。

激しい爆発音と共に煙があがる。

煙に紛れるようにロープが船にくくりつけられ、ゼノ側の仲間が船内に侵入してきたのだ。

大男が大きな槍のような武器を売り回し、科学王国メンバーを脅す。

 

「全員手を頭の後ろに組

 床に伏せろ!ガキ共

 動く者は即座に射殺する!」

 

それでも、盾を持って戦おうとするメンバーだったが敵は一人ではない。

彼らは、スタンリーが従えていた元軍人たちであり、攻撃方法はプロ並み。

10秒で船内は制圧されてしまった。

 

ルールに縛られるな!

一方で、上空で戦う龍水と千空。

スタンリーにジンキングをされてしまっては、撃ったとしても当たるはずがない。

龍水が持っている武器は拳銃一つだが、ハッタリでマシンガンを見せている。

スタンリーはマシンガンで攻撃してくると思っているはずだ。

 

千空からすれば、これはチャンス。

スタンリーはお得意の「スピード」を、攻撃を避けるために「揺れ」に交換した。

ということは、今この瞬間だけ、スタンリーはトロくなっているはずだ。

千空の指摘にハッとする龍水。

 

笑いながら、機体を上空へ。

せっかく背後からロックオンできていたにも関わらず、スタンリーの真上へと移動したのである。

 

スタンリーは敵の意図が理解できない。

旧世界のルールではありえないだろう。

しかし、これは科学のバトル。

龍水は言った。

 

「この新世界では

 ルールすら創らねばならん」

 

マシンガンなどが開発される前のドッグファイトは、原始的に工具を投げ合っていたものだ。

ならば、今回は少しだけ科学的にバトルしてやろうではないか。

 

千空が取り出したのは何個ものビン。

思い出して欲しい。

初めてスタンリーが攻撃してきた時、どうやって戦闘機を撃墜したかを。

なにも武器がないにも関わらず、キリサメの投擲によって墜落させることができた。

投げたビンに入っていたのは「アセチレンガス」だ。

人体には無害だが、エンストを起こすことができる。

千空は、真下にいるスタンリーの機体へとビンを何本も投げ始めた。

 

そして、ペルセウス船でも動きがあった。暗闇のなか、船内を移動する大男たち。

 

すると、現れたのはモズと松風。

彼らはストーンワールド後に生まれた人間で、島育ちであるため「マシンガン」の脅威を知らない。

最強の近戦武器だろうと、島戦士は怯えることはなかった。

モズは言った。

 

俺ら島戦士タッグは堕ちないかな

 知らないんでね

 

血だらけで倒れる大男。

なんとモズと松風が一瞬で敵を倒してしまったのである。

 

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



Dr.STONEの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

Dr.STONEの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

Dr.STONE第165話の感想

モズと松風は頼もしいですね!

確かに、モズは宝島では最強の戦士でしたからね。知らない武器を持っていようと、関係なかったのでしょう。

ただの女好きなだけでなく、こういう時のモズは本当に頼もしい!

仲間になって良かったと思いました。

確かに龍水が言う通り、大人になると知識が増えて、既存のルールに縛られがちかもしれません。

柔軟な思考を持っているからこそ、すぐに発想を転換して、マイナスの場面であってもプラスにすることができる。

ストーンワールドのルールは自分達で作ろうとするなんて、カッコイイ考え方じゃありませんか。

 

新たな世界を創り出そうとしている少年たちVS旧世界では最強だった大人達。

次回は新旧対決に注目ですよ!