ドクターストーンの第164話を読みましたのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年9月7日発売の週刊少年ジャンプ40号、最新話!

ドクターストーン【164話】のあらすじ・ネタバレ・感想!

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\Dr.STONEの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

千空が彼氏になってくれることを条件に、仲間となったルーナ。

同時に、お嬢を慕うカルロスも仲間へ。

ゼノ城の地図を忠実に書いてくれた。

これで、地下通路が変なところで出ることもないだろう。

しかし、喜びも束の間、ゼノ城では秘密兵器が完成。戦闘機に乗ったスタンリーがペルセウス船を狙う。

しかし、少年科学王国も黙ってはいない。

敵からいただいた戦闘機を修理。

龍水が操縦し、後ろには千空が乗って空へと飛び立ったのである。

Dr.STONE【第164話】の確定ネタバレ

スタンリーVS龍水&千空

ペルセウス船は空母に改造済み。

射出機(カタパルト)をカセキ爺さんが引くと、龍水と千空が乗った戦闘機が発射!

空へと舞い上がる。

 

驚いていたのはスタンリーだ。

まさか、少年科学王国も戦闘機があるとは思わない。

慌てて旋回。

敵の戦闘機と距離を取る。

 

ペルセウス船では、科学王国メンバーが龍水たちの戦いを見守っている。

飛行機対決に沸いているが、龍水たちが負けたら命はないだろう。

なにより、千空は病み上がり。

さすがのルーナも心配していた。

 

戦闘機の後部座席に乗っている千空が取り出したのはマシンガン!

しかし、これはハッタリ。

スタンリーが乗る戦闘機は本物。

こちらに機銃がないと分かれば、すぐに乱射されて終わりになってしまう。

こちらにも武器があるとアピールするためだった。

龍水が持っている武器といえば、陽からパクった拳銃一つだけ。

武器だけなら、龍水たちの方が圧倒的に不利だったのである。

 

ただ、スタンリーはマシンガンが使い物になると思っている。

スタンリーは元軍人。

正々堂々潰してやろうと息巻いていた。

 

戦闘機のテクニック勝負

本日は快晴。

太陽の光が照りつくなか、はるか上空を戦闘機が舞っている。

 

すると、龍水が操縦する戦闘機と、スタンリーが操縦する戦闘機が追いかけっこするように、グルグル回り始めた。

戦闘機で勝利するためには、まず敵を正確にロックオンせねばならない。

つまり、敵の背後を取った者が勝ち。

 

2機の戦いを解説するのは科学王国メンバーのひとり、漫画家のおじさん。

彼はミリタリー漫画描きだったため、戦闘機に詳しいようだ。

 

龍水の華麗な操縦によって戦闘機は回れているが、その分Gがとんでもない。

ジェットコースター以上の圧が千空たちを襲う。さらに、戦闘機の一部まで外れてしまった。突貫工事で修理しただけに、龍水が操縦する戦闘機はもろい。

急いで修理をする千空。

破損する可能性があるからこそ、千空は病み上がりでも乗ったのだ。

 

そうこうしている間にも、スタンリーが確実に背後から近づいてくる。

さすが元軍人だというだけあって、スタンリーの操縦は見事だ。

対して、龍水は日常の買い物ぐらいでしか自家用機など操縦しない。(龍水は「七海財閥」の御曹司で金持ちだったため、自家用機があった)

スピード勝負では負けてしまう。

だからこそ、スタンリーの速さを利用して勝とうと考えていた。

 

龍水はブレイクターン。

左へ急旋回した。

 

上空では、車のように急ブレーキをかけることはできない。

つまり、急旋回したことにより、スタンリーは猛スピードで前へ。

一気に形勢逆転。

龍水が操縦する戦闘機が、背後を取り返してロックオンも可能になった。

 

ところが、簡単にはいかない!

龍水が背後を追いかけようとすると、前を飛んでいたはずのスタンリーがいない。

消えたのか!?

いや、違う。

スタンリーはさらに上空へ。

太陽に向かって飛んでいる。

スタンリーがやろうとしていることはハイスピード・ヨーヨーという攻撃テクニックだ。

 

まず上空へ急上昇。そのあと急減速。

追いかけて来た敵の内側へ回り込み、急降下&急加速で背後を取る。

原始的な飛行機にも関わらず、スタンリーは現代と同じようなテクニックを見せつけて来たわけだ。

焦る千空に対して、龍水は目を輝かせて言った。

 

「・・・欲しい

 貴様のようなその腕が

 技が・・・!!」

 

ピンチは成長できるチャンス!?

スタンリーに背後をとられた龍水。

距離も撃墜される射程範囲内。

完全にロックオンされている。

スタンリーは相手が少年だろうと容赦はしない。確実に命を奪う気だ。

ところが、龍水は諦めていない!

 

命がけの空中戦。

ピンチだからこそ挑戦することができる。

龍水はスタンリーに感謝していた。

スタンリーはハッとする。

 

「・・・バカな」

 

龍水が操縦する戦闘機が急回転!

いきなり縦向き方向へ立ち上がる。

これはコブラ軌道というテクニック。

原始的な飛行機で繰り出す技ではない。

こんなことをすれば、失墜して墜落してしまうだろう。姿勢を戻すにはパワーが足りないと思われたが・・・

 

態勢を戻した!?

驚愕するスタンリー。

同じ戦闘機を使っているはずなのに、なぜ耐えられたのか理解できなかった。

スタンリーが考えている通り、石油燃料だったら墜落していただろう。

 

しかし、少年科学王国の戦闘機の燃料はトウゴマのひまし油

超高品質のエンジンオイルだった。

日本は、アメリカと違って石油がなかなか出ない。だからこそ、コツコツ手作業で作ったエンジンオイルを使っていたのだ。

燃料の質の差といえるだろう。

 

「コブラ軌道」を成功させた龍水。

再びスタンリーの背後へ。

おそらく、これが最後の反撃。

龍水は身につけていたゴーグルを取り、拳銃を構えた。

 

ゲームで鍛えた龍水の右腕。

千空の科学。

2人のタッグ技によって大逆転。

スタンリーの戦闘機をロックオンしたのである。

 

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



Dr.STONEの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

Dr.STONEの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

Dr.STONE第164話の感想

今回は龍水がカッコ良すぎじゃありませんか!?

ゴーグルを取るシーンは、ファッション誌の表紙かと思うほどの華やかさ!

Boichi先生は急に本気出して描く時がありますからね。これはズルいよ~

ひとまず、科学王国きっての最強タッグによって形勢逆転。

スタンリーの背後に回れました。

ただし、ゼノ側には戦闘機以外の秘密兵器があるみたいですからね。

ゼノの次なる作戦も気になるところです。

まずは、軍人のスタンリーに勝たなければいけません。

龍水の一発は戦闘機に届くのでしょうか!?