ドクターストーンの第161話を読みましたのであらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年8月11日発売の週刊少年ジャンプ36・37合併号、最新話!

ドクターストーン【161話】のあらすじ・ネタバレ・感想!

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\Dr.STONEの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

スタンリーに撃たれてしまった千空。

なんとか生きてはいたものの、絶対安静しなければいけない状態。

ルーナが医学生だったこともあり、大樹が涙を流して「救ってくれ」と頼む。

一方で、敵アジト付近に待機していたクロムとコハク。

科学王国「最強チーム」の司たちと合流。

ところが、無線を通じて「千空が撃たれた」と連絡が入る。

敵アジトに近づくためには、科学が欠かせない。そこで、代わりに千空が頼んだ相手は、クロムだったのである。

Dr.STONE【第161話】の確定ネタバレ

必要なものは時間!

敵アジト付近。

平地に建てられた敵本陣に近づくためには、地下トンネルをクラフトするしかない。

科学の力が必要不可欠だった。

しかし、千空は撃たれてしまい、絶対安静しなければならない。

そこで、白羽の矢が立ったのはクロム!

千空は、クロムに次の戦略を託したのである。

 

クロムは、現代組ではなく、ストーンワールドになってから生まれた人間。

千空たちと出会う前は、科学を知らずに「妖術使い」と名乗っていたほどだ。

しかし、今はもう違う。

「妖術使い」ではない。

「科学使い」のクロムだ!

千空の代わりに、自分がロードマップから全部創ってみせる!!

クロムは決意していた。

 

頼もしいクロムの様子に笑顔を浮かべるコハク・スイカ・氷月・羽京の4人。

司は時間が必要だねとつぶやく。

地中に穴を掘らなければならない。

少なくとも2週間は必要だと考えていたのである。

 

ペルセウス船内。

千空の代わりに、龍水が科学王国メンバーに対して状況を説明していた。

 

スタンリーは、確実に科学のリーダー千空を撃ち抜いたと思っている。

すなわち、ゼノは「科学の脅威は摘んだ」と思っていることだろう。

つまり、科学の力を失った仲間に、降伏を促してくるに違いない

 

もちろん、降伏する気はない。

だが、降伏しなければ、今度は高速海賊船を使って強行してくるだろう。

はたして、それが一か月後なのか?

ゼノ達が力尽くでいつやってくるかは、さすがに分からない。

 

ならば、強功策は危険だと教えてやればいい。そうすれば、時間をかけて敵を追い詰めるのが賢明だという判断になるはず。

すなわち、時間稼ぎができることになる。

 

龍水の説明のあとに、横たわる千空にフランソワがささやいて説明。

すると、千空は石化装置をゼノにスペシャルプレゼントすると言い出したのだ。

驚くメンバー。

 

石化装置は現在、羽京が持っている。

それをそのまま敵にあげると言うのだ。

 

ゲンのおかげでハッタリ成功?

無線で連絡を受けた羽京。

矢に石化装置をくくりつけ、敵アジトのドアに向けて矢を放つ。

 

船内では銀狼が騒いでいた。

石化装置は必須武器のはず。

電池切れしているとはいえ、敵に切り札を渡すようなものだ。

しかし、むしろそれが狙いだった。

 

ゼノであれば、石化装置を見てすぐに21世紀レベルを超えた科学物体であることに気づくはず。

しかし、だからといって、石化装置をあげただけで威圧になるのだろうか?

それは問題ない。

なぜなら、ウソ解説者付きだから。

敵陣には、メンタリストのゲンが捕まっている。ゲンであれば、状況を察して話を合わせてくれるだろうと考えていた。

 

石化装置はすぐにゼノの元へ。

ゲンは装置を見るなり、オーバーリアクションで驚いてみせた。

 

「ええええっ

 それってもしかして

 石化装置―!!?」

 

明らかに知っているような素振り。

対して、ゼノはまだ、これが何の装置なのか分かっていない。

ゼノの反応を見て、何かを察して思いついたようにゲンは説明し始める。

 

まずは、投げ込まれたのは石化装置というもの。南の島でいっぱい拾ったため、たくさん持っているとアピールする。

そして、古いオーパーツであるがゆえに、今回は不発弾だったため、自分達が石化せずに済んだと説明したのだ。

 

さすがゲン。

装置が投げ込まれただけで「ハッタリ目的」だと気づいていたようだ。

だが、敵からすれば、ゲンから聞いた科学リーダー情報が間違っていただけに、もうあまり信用はしていない。

ゲンの信ぴょう性はさておき、ゼノも装置が旧世界の科学を超える代物ということは分かっている。

 

ゼノ達が会話していると、いつのまにか帰って来ていたスタンリー。

タバコに火を付けながら「起動法・発動時間・効果範囲」をゲンに尋ねる。

だが、ゲンは首脳陣しか使い方をしらないと伝えたうえで、スタンリーを脅す。

 

「焦って船を攻めれば

 全員石化されちゃうかもね♪」

 

何も言わないスタンリー。

いくらゼノあっても、未知の科学の真偽を確かめることはできない。

 

メカニック担当のブロディ

ゲンが十分ハッタリをかましたところで、どこかへゼノが向かって歩き出す。

すると、後ろにいた筋肉質の女性はゲンの両耳を手で押さえた。

力が強すぎて、ゲンの顔が少し歪む。

さらに女性は、ひどい音痴の歌声を響かせながら、ゼノやスタンリーと共に移動し始めたのである。

彼女の歌声がひどすぎて、ゲンは周りの会話が聞こえなくなってしまった。

 

薄暗い地下牢。

なにやら大きなモノを開発中のようだ。

メカニック担当するのは、スキンヘッドが特徴のブロディ

これさえ完成すれば、敵に石化光線というものがあろうが、スタンリーの腕によって敵の船を制圧することが可能になる。

 

では、例のアレはいつ完成するのか?

ブロディは二週間で仕上げてやると返事をした。

ゲンにこの会話は聞こえてない。

でも、状況からして、敵が秘密の科学アイテムを作っていることはわかる。

なにより、時間稼ぎに成功したことは間違いないはずだ。

ゲンはニヤリと笑う。

 

もちろん、時間ができた分、互いに敵の科学も前に進んでしまうだろう。

これは、タイムリミットあり

科学VS科学のクラフト決戦なのだ!

 

クロムの初作品

敵アジト付近。

クロムはさっそく準備開始。

ロープを取り出し、スイカに引っ張ってもらう。

これは「三角測量」といって、現地まで行かなくとも線の長さや角度で、距離が計算できる方法だ。

 

クロムは頭がパンクしそうになりながらも、必死に紙に数式を書き込む。

ストーンワールドでは、文字すら存在しなかったため、クロムは一から文字や算術を学んだ。努力の賜物といっていいだろう。

こうして、クロムによって初作品「オリジナルロードマップ」が完成した。

 

ロードマップは、ほとんど絵で表現。

そこに「ひらがな」や「カタカナ」で文字が書き込まれている。

初めてにしては上出来だろう。

 

クロムにとって、思いついたご自慢のアイテムは『どぼくさいくつ・りんてんしき・ループナイフ』だ。

漢字にすると土木採掘輪転式ループナイフとなる。

自動で回せば、トンネルを掘りまくれる。

これは21世紀もなかっただろうと、クロムはドヤ顔で説明。

ところが、現代組の司と羽京が、クロムのロードマップを見て言った。

 

ドリルだ・・・!!」

 

「あったよ!」と、ガッカリするクロムであった。

 

>>Dr.STONEのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



Dr.STONEの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

Dr.STONEの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

Dr.STONE第161話の感想

確かに、クロムが思いついた「ドリル」は21世紀にもありますが、教えてもらってないのに思いつくクロムすごくない!?

ただ、地下にトンネル掘るわけですから、それなりの人員と時間が必要になります。

なにより、音や揺れも発生するでしょうからね~

上手く敵陣に近づけるのか、とても心配なところではあります。

そして、ゼノ側にも優秀なメカニック担当がおり、何か大きな科学アイテムを開発中のようですね。

ドリルなんて2週間で作れるのか!?

と思いますが、展開が早いドクターストーンのことですから、1話で完成しちゃいそうな気もします。

だって、ペルセウス船の製作期間1年を1話で終わらせた漫画ですよ!?

2週間経過」とかで、サクッと話が進んじゃいそう・・・

はたして、クロム初作品となる科学アイテムはうまいくのか!?

頑張れクロム!