2019年11月20日発売の週刊少年マガジン51号で、DAYS-デイズ-の第321話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

201911月20日に発売された週刊少年マガジン51号に掲載!

DAYS-デイズ-最新話!第321話「過小評価の男」のネタバレと感想!

>>DAYSのネタバレ一覧はこちら!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\DAYSの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

DAYS-デイズ-の前回までのあらすじ

万年一回戦止まりだった桜高。

そんな桜高を変えた成神と犬童の2人。

2人をきっかけに仲間も集まってきました。

 

そんな桜高は逆転勝ちが異常に多いチーム。

1点リードされていますが、ペースは桜高にあります。

前半残り10分を切りますが、桜高の勢いは止まらなくて・・・!?

DAYS-デイズ-第321話「過小評価の男」のあらすじとネタバレ

成神の狙い

桜高の攻撃が続くなか、中心人物の成神がまともに動けていないことを指摘する石動。

これは臼井のマークが効いていると話します。

あれだけマークされると簡単にはゲームに参加できない

と続ける石動。

しかし、浦の考えは違いました。

 

ピッチでは成神にボールが渡ります。

石動が言っていた通り、臼井のマークで前が向けずワンタッチで戻す成神。

しかし、今度はリターンからサイドに展開。

そして、アーリーでペナルティエリアへ運びチャンスを作ります。

ここはギリギリのところで新渡戸がクリア。

 

クリアのボールを拾ったのは桜高で、聖蹟のピンチは続きます。

成神はワンタッチで今度は右サイドへ。

センタリングがあがりますが、ここも何とかクリアします。

 

成神自身が起点になって攻めていることに脅威を感じる聖蹟。

DFラインの統率ができておらず、ラインの上げ下げが上手くできていないと浦が言います。

その原因は臼井。

試合に参加できていないのは成神ではなく、マークしていた臼井だったのです。

ジリ貧

成神の狙いはゴールから離れた位置に臼井を誘い出すこと。

成神を離してラインに戻れば成神がフリーになるという、考えられた作戦でした。

リーダー不在のなか、聖蹟がどう乗り切るか試される状況です。

 

ここで観客が気付きます。

最期に成績がセンターラインを越えたのは10分前だということに。

このままではいずれやられてしまう。

 

そんななか、DFラインのズレを犬童は見逃しません。

猫谷へのスルーパス。

通れば決定的。

しかし、鈴木が見事に阻止します。

なめすぎだ

柳のような男。

加藤は鈴木をそのように評します。

聖蹟で過小評価されている男・鈴木。

臼井は鈴木のことを頼もしいと感じていました。

 

ここで突然飛び出したのは速瀬。

ボールはキーパーから速瀬に渡りカウンターを狙います。

しかし、桜高の対応が早く止められてしまう速瀬。

佐藤がフォローに入りますが、鳥飼に当てられて体勢を崩されます。

 

それでもボールをキープする佐藤。

驚異の粘りに鳥飼も驚きます。

 

鈴木「どいつもこいつもなめずぎだ

鈴木も認める佐藤の才能が今、開花しようとしているのでした。

 

>>DAYSのネタバレ一覧はこちら!

スポンサードリンク



DAYS-デイズ-の最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

DAYSの最新刊(単行本)や最新話が連載されている週刊少年マガジンは4つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or週刊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻or週刊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻or週刊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめは使いやすさという面と動画配信サービスで約9万本も見放題作品があるU-NEXTです。

U-NEXTでは継続時に月額2189円がかかりますが、毎月1200Pが付与されます。

先ほどもお伝えしたように見放題作品も豊富なので、アニメやドラマ・映画などもご覧になる人にはかなりおすすめのサービスです。

すでに無料期間を適用されたことがある方であれば、FOD・ひかりTVブック・music.jpのサービスをご利用になってみてください!

紹介した4つサービスならどれでも無料でDAYSを読むことができますよ。

\31日間無料&600P付き/

DAYS-デイズ-最新話!第321話「過小評価の男」の感想・見どころ

1点リードしながらもジリ貧の聖蹟。

成神は動きを封じられていたかに思われましたが、実は臼井のほうが封じられていました。

成神はやっぱり恐ろしい選手ですね。

 

臼井がいないなか、どう乗り切るのか?

という状況でしたが、鈴木と佐藤の活躍で流れが変わりました。

柳のような男・鈴木。

穏やかな人かと思いきや、

どいつもこいつもなめすぎだ

発言にしびれました。

 

そして、そんな鈴木が認める佐藤。

次回は聖蹟の反撃で間違いなさそうですが、桜高もただではやられないはず。

先の読めない展開が熱いです!