2019年7月17日発売の週刊少年マガジン33号で、DAYSの第304話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

20197月17日に発売された週刊少年マガジン33号に掲載!

DAYS最新話!第304話「もう一組の師弟」のネタバレと感想!

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\DAYSの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

DAYS第304話「もう一組の師弟」のあらすじとネタバレ

前回から、つくしたちちびっ子コンビが見事なコンビネーションでボールを運んでいます。

速攻をかける聖蹟ですが、すでに鳥飼が戻っているようでした。

 

鳥飼はさすが元FWだけあって、戻りのスピードが尋常じゃないですね。

もう追いついてしまっています。

 

攻めあぐねているつくしは、灰原にもう一度戻します。

 

ですが、すでに桜高はほとんどのメンバーが守備に戻っていました。

こんなに戻りが早いんじゃ、攻めることもできませんね。

 

パスコースが全くないように思える守備陣の動き。

でも、灰原は見逃しませんでした。

 

股の間を通すパスを走りこんできた大柴に出す灰原。

 

そこには如月がついてきています。

 

大柴はトラップをしますが、

そのトラップがあまりにうますぎましたね。

 

トラップの音が聞こえない、まるで接着剤がついているかのようなトラップに観客は驚きます。

 

塚本とは段違いの大柴のセンス、と言われてしまっていますからよっぽどすごいんですよね。

 

如月と対峙する大柴は、いつぞやと同じと思うなよ、と言います。

 

凄まじい攻防ですが、大柴は吹っ飛ばされてしまいます。

しかし、その判定はノーファウル。

 

大柴の巨体でも、如月はあっさりと止めてしまうのでした。

そんな如月は、観客の注目を集めています。

 

いいですね、彼。

と言うのはスカウト風の男。

 

プロからも注目されるような選手ということですね。

 

そうして、再び桜高の攻撃に入ります。

すでに戻っていた灰原は守備をしますが、

早いパスに追いつきません。

 

しかし、そこを臼井と新戸部の師弟コンビが防ぐのでした。

 

そう、コンビネーションがうまいのは、つくしと灰原だけではなかったのです。

DAYSの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

DAYSの最新刊(単行本)や最新話が連載されている別冊少年マガジンは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻or別冊少年マガジン2冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻or別冊少年マガジン5冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本2巻or別冊少年マガジン3冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

DAYS最新話!第304話「もう一組の師弟」の感想・見どころ

今回の見所は臼井と新戸部の師弟コンビですね!

前回から引き続き、つくしと灰原の活躍も良いのですが、この臼井と新戸部のペアもたくさんの苦楽を共にしていますから、グッときますね。

それにしても如月は相当活躍していますが、桜高の中で一番ヤバイのは彼なんでしょうね。

まだまだ強敵として君臨していそうで、

果たして勝つ術はあるのか、いまからドキドキです。

次回も楽しみですね!