2020年9月7日発売の少年ジャンプ40号で、ブラッククローバー(ブラクロ)の第263話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年9月7日に発売された少年ジャンプ40号に掲載!

ブラッククローバー(ブラクロ)第263話のネタバレと感想!

▷前回のブラッククローバー【第262話】のネタバレはこちら!

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ブラッククローバーの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

ヤミとヴァンジャスが拉致されたことにより、始まった団長会議。

それぞれが意見交換しますが、状況が分からないだけに話は進みません。

苛立って立ち上がるジャック。

呼び止めるノゼルに、フエゴレオンまで怒りだし場がピリついてしまいます。

そこへ姿を現したのはナハト

右腕にはアスタを抱えていました。

ブラッククローバー【第263話】の確定ネタバレ

ジャックは知っている?

団長会議に姿を現したナハト。

どの団長もナハトを見るのは初めて。

侵入者が現れたと魔法をくり出そうとしますが・・・

止めたのは4体の悪魔。

すべてナハトの悪魔のようです。

相手が「悪魔憑き」だと警戒するフエゴレオン。

 

すると、黙って話を聞いていたユリウスが「彼は黒の暴牛の副団長」だと説明。

スペード王国で侵入捜査をしていた事実を告げます。

ただし、ナハトが悪魔憑きなのはユリウスも初めて知ったようです。

 

驚く団長たち。

ナハトをじっと見つめていたジャックは、何かを思い出して言いました。

 

「テメーは・・・確か!?

 だがテメ―の魔法は・・・」

 

ナハトは静かに「そいつはもういない」と返事したのです。

団長たちに正体を理解してもらえたところで、ナハトは悪魔を下げて、本題を話し始めました。

 

クリフォト降臨に要する時間

団長会議の冒頭でも説明されていた通り、スペード王国で『冥府の門』が開かれることになっています。

ナハトが侵入した限りでは、クリフォト降臨の儀の準備がスペード王城で進んでいると思われました。

そして、拉致されたヤミとヴァンジャンスは儀式の核として生贄に捧げられます。

 

生贄にされたからといって、2人はすぐに命を奪われるわけではありません。

7日間かけてクリフォトが降臨。

7つの階層があって、7つの門が少しずつ開かれていく仕組みになっています。

木の根のように、「クリフォトの樹」の根が形成されていくと考えるとよいでしょう。

 

クリフォトには、整合する悪魔が10体点在していました。階層が深ければ深いほど、悪魔も強くなっていきます。

上層部は「漆黒の三極性(ダークトライアド)」と同等レベル。

下層部はそれ以上の強さでした。

そして、最後の悪魔ルチフェロが出てきてしまえば、この世界は終わり。

降臨の触媒となったヤミとヴァンジャンスは役目を終えて死ぬことになるのです。

つまり、門が開き終わるまでは2人は生きていることになります。

 

 ノゼルは驚いていました。

スペード王国の情報をたった一人で、さらに中枢部から収集してきたのです。

ナハトが只者ではないことは明らかでしょう。

 

ナハトが考えた作戦

話を聞いていたリルは、ダークトライアドの行動が理解できませんでした。

悪魔を呼び出してしまえば、人が滅亡してしまうことは明らか。

行動が理解できなかったのです。

 

すると、ナハトは「理解できる理由なんてない」と答えます。

これまでにも多くの敵が現れましたが、誰もが共通しているといえるでしょう。

自分の欲のために人を平気で傷つけ、自分さえよければいいクズ共。

罪の意識すらありません。

ダークトライアドはその究極形

目的など理解したくもなければ、知ったところで許されることでもありません。

ナハトは微笑んで言ったのです。

 

理不尽な悪

 オレはそいつらが一番嫌いだ

 神が赦しても悪魔が赦しても

 オレが赦さない

 

ナハトが絶対に悪を許さない姿勢は理解できましたが、だからといってナハト自身はダークトライアドを倒せません。

それは、ナハト自身も十分分かっています。だからこそ、自分に出来ることする。

そう考えて連れて来たのがアスタでした。

 「反魔法」にはそれだけの可能性があります。アスタを最強にすることで、ダークトライアドに勝とうと考えていました。

 

ナハトが考えた作戦はいたってシンプル。

冥府の門が開くのは3日後

それまでにヤミとヴァンジャンスを救出。

まずは「クリフォトの樹」を消滅させなければいけません。

そのために、アスタを中心に悪魔に勝てる可能性がある精鋭を集めて、スペード王国を強襲すること。

 

今度はこちらが攻める番だ

 

クローバー王国が一致団結して、スペード王国を攻め込もうと考えていたのです。

 

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



ブラッククローバーの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ブラッククローバーの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ブラッククローバー第263話の感想

ナハトがスペード王国に侵入してくれたおかげで、大体の流れが分かりましたね。

クリフォトの根には7つのダンジョンがあって、各層に悪魔がいること。

そして、ラスボスはルチフェロ。

クリフォトの樹が完成してしまえば、ヤミとヴァンジャンスは命を落とし、世界までもが破滅を迎えてしまいます。

ナハトは何体もの悪魔を操れるのに、ダークトライアドには勝てないと言い切ってしまうところが気になりましたね。

それも、ジャックはナハトとヤミの過去を知っているみたいです。

ナハトの情報が全て明らかにされたわけではありませんが、悪を憎む気持ちは同じなので頼もしい仲間であることは間違いありません。

ナハトのおかげで、アスタがさらに強くなれそうです!

さて、次の展開が気になるところですが、せっかくなので人気投票の結果を確認しておきましょう!

 

10位 マグナ・スウィング 607票

9位 レオポルド・ヴァーミリオン 731票

8位 ラック・ボルティア 853票

7位 ゴーシュ・アドレイ 963票

6位 セクレ・スワロテイル 1083票

5位 ノエル・シルヴァ 1337票

4位 ユノ 1860票

3位 シャーロット・ローズレイ 2356票

2位 ヤミ・スケヒロ 3503票

1位 アスタ 4296票

 

人気投票でも強いアスタ!

まだアスタに憑りついている悪魔もよく分かっていませんからね。

さらなる成長が楽しみです!