2020年8月11日発売の少年ジャンプ36・37合併号で、ブラッククローバー(ブラクロ)の第260話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年8月11日に発売された少年ジャンプ36・37合併号に掲載!

ブラッククローバー(ブラクロ)第260話のネタバレと感想!

▷前回のブラッククローバー【第259話】のネタバレはこちら!

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ブラッククローバーの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

悪魔と交渉して、50秒だけ力を借りることができたアスタ。

ヤミ団長と共に再びダンテに挑みます。

限界を超えて戦う師弟でしたが、アスタの「宿魔」はダンテに飲み込まれ、「滅魔」で攻撃するもダンテは再生開始。

あと、もう一発欲しいところ。

武器がなくなったアスタを見かねて、団長は自分の刀をアスタに渡したのです。

残り時間1秒で、アスタは刀を使ってダンテを攻撃!

見事、倒すことに成功しました。

ブラッククローバー【第260話】の確定ネタバレ

めでたしめでたし?

意識が飛んでいるダンテ。

口を開けたまま、地面に倒れています。

胸には大きな傷。

アスタの攻撃が効いたようですね。

 

そして、アスタが悪魔と契約した50秒も終了。右腕に痛みが走ります。

アスタは力を使い果たしたかのように、その場に倒れそうになりますが・・・

ヤミ団長が支えてくれました。

 

「よくやったな

 アスタ、コノヤロー」

 

ヤミ団長の問いかけに、ホッとしたようにアスタは「うす」と返事をしました。

 

2人の元へ駆け寄るバネッサとフィンラル。激闘に感動して涙を流していました。

グレイも安堵していると、隣に横たわっていたゴーシュが目を覚まします。

どうやら、グレイのおかげで命は助かったようです。

 

ゴーシュが意識を取り戻したことに、泣きながら喜ぶグレイ。

思わず勢いで抱きついてしまいます。

グレイは顔を真っ赤にして、謝りながら慌ててゴーシュから離れました。

 

フィンラルはアスタに肩を貸して移動。

ところが、ヤミ団長だけは再びダンテへと近づきます。

やはり、死にかけているとはいえ、悪魔を宿した敵です。

拘束は必要だと考えたようです。

ヤミはダンテのこと「ガチヤバストーカー野郎」と言ったうえで、魔法で拘束しようと魔導書を広げました。

 

ダンテは「漆黒の三極性(ダークトライアド)」の中でもトップの悪魔憑き

これで拘束できれば、話も丸くおさまることでしょう。

ところが!

 

ヤミ団長の隣に突如現れた人物。

立っていたのはダークトライアドの一人、ゼノンだったのです!

 

現れたダークトライアド

「黒の暴牛」団員が、アスタを連れてアジトに戻ろうとすると・・・

急に背後から感じる悪寒。

フィンラルが恐る恐る後ろを振り返ると、ゼノンの「骨魔法」に捕らわれたヤミ団長の姿がありました。

 

「ヤミさーん!!」

 

叫ぶフィンラル。

ゼノンから伸びた骨により、両腕と両足が貫かれてしまったため、ヤミ団長も動くことができません。

なにより、ダンテとの激闘を終えたあと。

体力も残っていなかったのでしょう。

 

ゼノンはすでに悪魔の力を解放した状態。

後ろには、捕らわれて気を失ったままの「金色の夜明け」ヴァンジャンス団長の姿があったのです。

フィンラルは、ヴァンジャンス団長の姿を見てダンテの話を思い出していました。

 

現世と冥府を繋ぐクリフォトの樹を生みには2つの冥域が必要。

ヤミ団長の闇魔法

ヴァンジャンス団長の世界樹魔法

この2つが揃っているということは、冥府を繋ぐ鍵が揃ったということです。

 

ゼノンは横たわっていたダンテを持ち上げ、無表情のまま文句を言います。

 

「あれだけ言っておいて

 負けていたら世話ないですね・・・」

 

ゼノンは「骨魔法」でダンテを確保。

そして、アスタの右腕を見て不敵に微笑んだのです。

ゆっくりと伸びる一つの骨。

次の瞬間!!

 

ギュァアアア!!

 

骨はアスタへ一直線!

やはり、狙いはアスタ。

この場で息の根を止めようというのでしょうか!?

 

ヤミ団長を救え!

アスタを抱えていたフィンラル。

すぐさま「空間魔法」を発動。

アスタをどうにか守ります。

しかし、次に攻撃を受けたら、守りきれるかどうか分かりません。

すると、ゼノンは言いました。

 

「そいつも摘んでおきたいが

 時間だ」

 

魔法で開き始める扉。

このままでは、ヤミ団長が連れ去られてしまいます!

 

背後にいたゴーシュは「行かせるか」と「鏡魔法」を使って攻撃!

しかし、簡単に跳ね返されてしまいます。

 

すると、次はヘンリーがボロボロのアジトに乗ったまま突撃!

しかし、簡単に破壊されてしまいます。

 

アスタは焦っていました。

心の中で、再び悪魔に問いかけます。

自分の体などどうでもいい。

ただ、もう一度だけ力を貸して欲しい。

アスタは強く訴えますが、悪魔は「ダメだ」と拒否します。

なぜなら、アスタの体はもうすでに動かない状態。体が動かない以上、取引はできなかったのです。

 

オマエが弱いからだ・・・!

 

悪魔から突きつけられた現実。

アスタは動揺を隠せませんでした。

 

そうこうしている間に、ヤミ団長は確実に連れて行かれてしまいます。

バネッサは、団長を助けようと「ルージュ」を呼び出しました。

少しでも団長に触れることができれば、連れ戻すことができるはず。

ところが、ゼノンによって一発で跳ね返されてしまったのです。

 

焦る「黒の暴牛」団員たち。

みんなが必死に抵抗してヤミ団長を取り戻そうとしますが、全く歯が立ちません!

全てを察したのでしょう。

ヤミ団長は微笑み、何かを団員たちに伝えたのです。

目を見開き、唖然とする団員たち。

叫ぶアスタ。

 

こうして、ヤミ団長は、ゼノンによって連れ去られてしまったのです。

 

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



ブラッククローバーの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ブラッククローバーの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ブラッククローバー第260話の感想

一番強いのはゼノンだったのか!

「ダークトライアド」の中で、ダンテが偉そうにしていたので、トップはダンテかと思っていましたが、実はゼノンが一番強かったみたいですね。

どうしましょうか、ヤミ団長誘拐されちゃいましたけど!?

なにより、最後に何て言ったのか、とても気になるところです。

2人が揃ってしまったということは、「クリフォトの樹」が生み出せてしまいます。

そしたら、悪魔が大量に現世に来ちゃうってことですから。

これは大ピンチですよ!!

シャーロットォ~!アンタが大好きなヤミ団長が大変なことになってるよ!!

ただ、以前の話で、スペード王国にも「黒の暴牛」団員の誰かが侵入しているシーンが描かれていました。

2人の団長を救うキッカケになるといいですけどね~

次回の展開がとても気になります!