2020年6月8日発売の少年ジャンプ27号で、ブラッククローバー(ブラクロ)の第253話が公開されましたね!

こちらで紹介するのは、下記の記事です!

2020年6月8日に発売された少年ジャンプ27号に掲載!

ブラッククローバー(ブラクロ)第253話のネタバレと感想!

▷前回のブラッククローバー【第252話】のネタバレはこちら!

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

こちらの記事では文章のみでネタバレや感想を書いています!

\ブラッククローバーの最新話が無料!/

31日間の無料期間と600Pがもらえる!

前回のあらすじ

血液魔法と呪符魔法。

2つの魔法が操れるヴァ二カ。

ミモザは漆黒の使徒を一人で対応。

ロロペチカとノエルは、合体魔法でヴァ二カに挑みます。

ロロペチカの術式によって、ヴァ二カの血液魔法の威力を半減。

その隙を狙って、人魚姿になったノエルがヴァ二カの体を槍で貫いたのです。

ブラッククローバー【第253話】の確定ネタバレ

悪魔の力を解放するヴァ二カ

ヴァ二カの力を半減させるため、ロロペチカとノエルが協力して挑んだ水中戦。

ヴァ二カの体を槍で貫きます。

形勢逆転かと思いきや、ヴァ二カは微笑んでいました。

 

ロロペチカと合わせられる相手。

これなら、もっと楽しくなるはず・・・

ヴァ二カの不敵な笑みに、ゾクっとしたノエル。

ついに悪魔の力を解放します。

 

悪魔の力50%

 

ヴァ二カの背中に現れた黒い羽。

さらには、右手が血によって巨大化。

鋭い爪でノエルに攻撃!

慌ててノエルは避けたのです。

 

血が固まりにくいロロペチカの魔法の中でさえ、この威力。

やはり通常の攻撃では、ヴァ二カを倒すことは難しそうです。

 

狂ったように笑い始めるヴァ二カ。

51%

52%

少しずつ悪魔の力を解放。

1%上がる度に、桁外れの魔力でノエルを攻撃し続けます。

 

ノエルは避けるだけで精一杯。

ヴァ二カは自分の欲求を満たすことしか考えていないようです。

彼女に憑いている悪魔はメギキュラ

ノエルの母親、アシエ・シルヴァの命を奪った悪魔でもあります。

 

ノエルの母も同じように、ヴァ二カの狂気によって殺されたのでしょうか。

怒りが込み上げるノエル。

しかし、ヴァ二カは過去に興味なし。

戦うことを楽しみたいようです。

 

ロロペチカの本音

ヴァ二カとノエルが戦っていた頃、ミモザもまた漆黒の使徒と戦っていました。

カエルのようなダークディサイプル。

長い舌でミモザを拘束したまま。

対して、ミモザは植物魔法で漆黒の使徒を追い詰めますが、ヴァ二カを倒さない限り何度でも生き返ってしまいます。

 

今までにない強敵。

でも、スペード王国に負けないように、ミモザとノエルは必死に修行してきました。

世界や母親のためだけでありません。

ロロペチカのためでもあったのです。

 

それは、ロロペチカ・ノエル・ミモザの3人が一緒に修行していた時の話。

ノエルとミモザは、ロロペチカの凄さを褒めていました。

確かに、ロロペチカが受け継いだ魔力も魔導書(グリモワール)も、歴代の女王が積み重ねたものです。

しかし、誰でも受け継げるわけではありません。ロロペチカの魔力があってこそ。

 

ただ、それ以上にロロペチカは昔から不安だったのです。

ドジで頼りない私に女王なんて務まるの?

以前、メギキュラを宿したヴァ二カと戦った際も本当は怖かった。

さらに、呪いまで受けてしまった。

これでは女王失格。

己を責めていたのです。

 

それでも、ついつい二人の前では本音を漏らしてしまうロロペチカ。

もちろん、こんな事を言うのは女王としてさらに失格かもしれません。

でも、ロロペチカは声を絞り出すように、涙を流しながらつぶやいたのです。

 

「私・・・

 死ぬのが・・・怖い・・・

 死にたくないです・・・!」

 

切り札登場

女王としての立場。

国民を守らなければいけない責任。

 

でも、本当は死にたくない!

ロロペチカは不安と恐怖で押し潰されそうになっていました。

そんな会話を、柱の後ろで静かに聞いているガジャ。

 

黙って話を聞いていたノエルとミモザ。

2人の気持ちは同じ。

ロロペチカを抱き締めて言ったのです。

 

「別に泣いたっていいじゃない

 友達の前でくらい!

 

あまりの嬉しさに、泣きながら崩れてコケてしまうロロペチカ。

女王としてではありません。

とても優しい友人のために!

この戦いは絶対に勝たなければいけないのです!!

 

興奮が頂点に達したヴァ二カ。

ついに悪魔の力70%を解放。

今できる全力をぶつけてきました。

 

心配して叫ぶロロペチカ。

でも、ノエルはずっと「全力」を待っていたのです!

 

それは、戦う前の作戦会議。対ヴァ二カについて話し合っていた時でした。

 

出血量によって魔力を消費。

ヴァ二カの性格なら、追い込まれたら必ず悪魔の力を放出するはずでした。

目的は、ヴァ二カに今使える悪魔の力を全て出させること。

出させたあとで、切り札を出そうと考えていたのです。

 

もうお分かりでしょう。

今や「黒の暴牛」の立派な団員。

冥域のネロでした。

 

「ご自慢の悪魔の力

 封緘させてもらうわ」

 

ノエルの叫びと魔法によって、水の中に飛び込んできたネロ。

すぐさま術式を展開!

 

「魔言術式 封緘魔法

 囹永(ひとやながえ)」

 

ヴァ二カを閉じ込めることに成功!

やはり、想いは一つ。

世界もロロペチカも、こんな敵に奪わせるわけにはいかなかったのです!

 

>>ブラッククローバー最新話までのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



ブラッククローバーの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

ブラッククローバーの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスペリオールは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める
ひかりTVブック 単行本2巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでアニメなども見放題で楽しめるので是非お試しください。

\31日間無料&600P付き/

ブラッククローバー第253話の感想

ネロの封緘魔法「囹永」って、まだ使うことできたのか!!

これなら、ヴァ二カの悪魔の力も封印できるかもしれません。

さすが、歴代の知識を持ち合わせたロロペチカ。修行するだけでなく、実際に戦ったことがある相手だからこそ、ちゃんと作戦を考えていたわけですね。

それに、ガジャとロロペチカの関係も気になるな~

精霊守の中では桁違いの強さを誇るガジャ。

強くなった理由は女王のためなのかな?

 

ロロペチカ・ノエル・ネロによって作戦成功!このままヴァ二カを倒すことができるのでしょうか!?

次の展開が気になりますが・・・

残念ながら次回は休載!

2週間後を楽しみにしたいと思います!