アオアシの第202話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

アオアシ【202話】のネタバレ・感想・考察をまとめました!

このページでは文字だけの考察・ネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

絵も含めて漫画を今すぐ無料で読むにはU-NEXTの31日間無料&600P付与のサービスで週刊ビッグコミックスピリッツ52号を無料で購入できますよ。

\アオアシの最新話も無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

アオアシ【201話】あらすじ

【栗林の作戦】

せっかくいい所までいったのにGKまで戻した栗林

しかし栗林以外誰もおりては行かない、最後のパワープレイかと思われましたが……

パワープレイならCBに蹴らせればいい話です。

船橋では、とりあえず二原をさがらせトリポネが栗林の元へ向かいます!!

しかしそんなとりぽねをもろともせず栗林は後ろに誰もいないはずなのにそこで仕掛け抜いていきました!

だがトリポネも負けていない、栗林に追いついていきます!

栗林はセンターラインを越え、

エスペリオンは栗林のドリブルを契機に小早川一人センターラインに残して全員前に走る!

栗林

(アウトサイドレーンの桐木

ハーフレーンの遊真)

そんな栗林を船橋は人数で押さえ込みに向かいますが……

それすらも交わしていく栗林!

しかし栗林も抜くのはここで限界のよう、あくまで目的は個人技で行きたいのではなく……

10人で5レーンに臨むこと

青井

(この2人は……突き抜けている)

【突き抜けた3人】

高杉は切り返して打ちにいこうとしますが、背後の船橋の圧に前を向くことができません

しかしそこで……

阿久津がボールを蹴っていきます!!

しかし船橋にガードされる!!

だが阿久津はめげない!!

血が飛び散るほどのヘッドショットで

ゴールに決めました!!!

青井はあまりの絶望感に声を枯らし泣き崩れることしか出来ませんでした……

試合終了

2-2

高杉前半20

トリポネ後半13

トリポネ後半28

阿久津後半44

スポンサードリンク



アオアシの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

アオアシの最新刊(単行本)や最新話が連載されているビッグコミックスピリッツは3つの電子書籍で無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻orビッグコミックスピリッツ1冊が今すぐ無料で読める
FOD 単行本2巻orビッグコミックスピリッツ4冊が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻orビッグコミックスピリッツ2冊が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「アオアシ」を今すぐ無料で読む!

アオアシ202話考察

さてここまでの結果からして状況は改善されましたが、まだここからどうなっていくかは未知数です・・・

2-2
高杉前半20分
トリポネ後半13分
トリポネ後半28分
阿久津後半44分

阿久津が血が飛び散るほどのヘッドショットで
ゴールに決めましたが・・・

青井はこの状況に心身ともにやられてしまっている状況

ここからどう進んでいくのか・・・

今ある候補としては、

1青井があまりのショックから倒れてしまう

2青井がサッカーを辞めると言い出してしまう

3そんな青井を仲間が慰める

4トリポネが慰めにくる

5そんな青井を仲間が叱責する

6恋愛展開

でしょうか……

様々な考察が出来ますね。

感想

1青井があまりのショックから倒れてしまう

2青井がサッカーを辞めると言い出してしまう

3そんな青井を仲間が慰める

4トリポネが慰めにくる

5そんな青井を仲間が叱責する

6恋愛展開

と色々と考察しましたが、

青井があまりのショックから倒れてしまうことは十分にありえると思います。

入院してしまう可能性も捨てきれません。

そんな青井を見て仲間はきっと沢山のことを思うでしょう。

心配、怒り、今後青井をどうするかを……

青井を慰める者もいれば叱責する者もいるかと思います

ですが結局は皆、青井を前に進ませるための言葉なのでしょう。

厳しく冷たい言葉で突き放すかもしれません。

しかし青井も、ここで終わらないと私は信じたいです……

その過程で青井がもう二度とサッカーをしたくない、またはボールが怖いという可能性もあります。

けれどそれも乗り越えてこそ、この困難を超えた先にこそ青井のさらに強くなる道は待っていると思います。

今回の件を糧にして進み次の試合では結果を出して欲しいと切に願います。

恋愛展開に関しても青井を慰め叱責するうちにありえるかと思いますが、、

しかし割とシリアスな展開ですし、自分の存在意義すら曖昧になっている青井には

そんな余裕はないかもしれませんね・・・

さてみなさんはどう思いますか?

是非イラストと共に考察をして頂きたいと思います!