アクタージュの第87話を読みましたので、あらすじ・ネタバレをご紹介します!

2019年10月28日発売の週刊少年ジャンプ48号、最新話!

アクタージュ【87話】を読んだのであらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

▷前回のアクタージュ【第86話】のネタバレはこちら!

>>アクタージュのネタバレ一覧はこちら

このページでは文字だけのネタバレとなりますが、絵も一緒に見た方が絶対に楽しいですよね!

無料で週刊少年ジャンプを読むことは現状では難しいですが、単行本なら無料で読むことが可能ですよ。

\アクタージュの単行本が無料!/

31日間無料&600Pがもらえる!

アクタージュ 前回のあらすじ

舞台上で感情があらわにしている夜凪演じる羅刹女。

その演技に負けまいと様々な手を使って制そうとする王賀美。

王賀美はこんなに楽しい舞台は初めてで、自分の過去を思い直していた。

そんな演技を見ていた阿良也は意外にも冷静であった。

なぜならこの後に悟空が牛魔王に変化して羅刹女を口説き落とそうとする大事なシーンがある。

しかし王賀美は何を演じても王賀美でしかないため、観客にも飽きられるはず。

そう分析していた…

アクタージュ【87話】のネタバレ

何を演じていても王賀美陸。

まもなく観客は王賀美の存在感に慣れ始めるであろう…

「見事でした王賀美君」

全力の王賀美

舞台裏では牛魔王の姿に着替えている王が身に声をかける武光と白石。

「ギリギリでの芝居でハラハラさせられましたが」

白石にはバレていたようで王賀美はとっくに本気を出していた。

しかし夜凪の演技は研ぎ澄まされる一方であった。

 

王賀美のいない舞台では、またしても羅刹女の怒りの芝居によって、観客が恐怖で押さえつけられていた。

「稽古の比じゃないな。全くやってくれたよ花子さん。」

「つまりもう稽古通りでは演じてはいけないということです。」

 

花子が恐れていたのは、王賀美が夜凪に飲まれてしまい恐怖のまま舞台が進んでしまう事。

王賀美も分かっていた。自分が弱さを演じればいいという事に。

「だが俺にはプライドがある。俺が俺であることに」

そういうとそのまま舞台へと向かってしまう王賀美。

王賀美のプライドとは…

孫悟空とほとんど変わらぬ演技の王賀美。

モニターで見ている阿良也たちも、予想通りといった感じである。

弱さをみせるどころか傲慢さすら感じる王賀美の演技。

 

そして舞台ではやはり王賀美の存在感よりも夜凪の演じている恐怖のほうが強く、またしても会場の雰囲気は悪くなってきている。

王賀美は終わってしまったのであろうか。

花子もこうなることは予想していた。

 

しかし追い込めば王賀美も変わるのではないかと信じていたようだ。

黒山も王賀美は自滅したと見ていた。

彼らの演技は終わった…サイド甲の評価はそうであった。

役者の賞味期限とは

「なるほどな。やっとわかったよ百城」

阿良也は百城が王賀美のように客に飽きられていくのが怖かったと理解した。

百城は王賀美の演技をみて、やはり変化を受け入れなければあたなすらも皆に忘れられてしまうんだ…

 

こうなることは王賀美も分かっていたはず。

しかし彼は分かっていてもプライドのために変化を受け入れなかったのだろうか。

私たちが応えなければ夜凪の必死が無駄になる。

「お願い…!王賀美さん!!」

 

舞台袖で見ている仲間たちの想いは王賀美に届くのであろうか!!

追い込まれた王賀美はこの窮地に一体何を思うのか!!

次号へ続く!!

>>アクタージュのネタバレ一覧はこちら

スポンサードリンク



アクタージュの最新話や最新刊を無料で読む方法

やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。

アクタージュの最新刊(単行本)は下記の3つサービスで無料で読むことが可能です!

U-NEXT 単行本1巻が今すぐ無料で読める
FOD 単行本3巻が1ヶ月かけて無料で読める
music.jp 単行本1巻が今すぐ無料で読める

おすすめはU-NEXTでポイントの反映が登録と同時で、雑誌の読み放題や見放題動画が多数なので、かなり楽しめますよ!

期間限定で1巻無料などのキャンペーンもあるのでお見逃しなく!

また、週刊少年ジャンプを読みたい方は公式サービスの「ジャンプ+」がおすすめです。こちらは定期購読で900円とお得になっており、毎週月曜午前5時から配信となっております!

\31日間無料&600P付き/

U-NEXTで「アクタージュ」を今すぐ無料で読む!

アクタージュ【87話】考察・感想

なんとか前半は上手くいったようですが、牛魔王を演じる部分でどうなるか。

やはり周りが恐れていた結果になってしまったようです。

王賀美はこのままプライドのために仲間を捨てるのでしょうか?

いやいや。絶対そんなことはありません。

次号で王賀美の真価が見られるはず!!

プライドを捨てて弱さ受け入れてくれることでしょう。

きっとそうなるでしょうけど、待ちきれないですね。

ではでは次号を楽しみに待ちましょう!